転職・求人DODAエンジニア IT/トップ > 転職情報・成功ガイド > ギークアカデミー > 独学でエンジニアになり、ネットワーク、Web、クラウドインフラまで経験、そしてFinTechと出会う 株式会社ZUU 開発本部 Senior Manager 浅野隆文 氏

GEEK ACADEMY 先端を走る技を、ギークに学ぶ

掲載日:2015.9.7
このエントリーをはてなブックマークに追加

独学でエンジニアになり、ネットワーク、Web、クラウドインフラまで経験、そしてFinTechと出会う

PROFILE 株式会社ZUU 開発本部 Senior Manager 浅野 隆文 氏(あさの たかふみ)

1985年生まれ。茨城県出身。中学生時代に人工知能に興味を持ち、Visual C++6.0でchatterbotを開発する。音大を受験するが失敗し、独学でネットワークエンジニアに。専門学校非常勤講師、大手通信会社の金融担当部門ソリューションSEなどを経て、クラウドサービスを提供する株式会社STEADYでCTO職を務める。2015年、株式会社ZUUに入社。

浅野隆文氏は独学でITエンジニアの道に進み、ネットワークエンジニア、Webエンジニア、金融系ソリューションSE、クラウドインフラの企画開発など、ITエンジニアとしての幅広い経験を積んだ。やがてFinTechスタートアップのZUUと出会うことになる。

科学者か音楽家を目指していた

──中学生時代から人工知能に興味を持っていたそうですね。
はい。当時人工知能に関係した科学解説書を読んでエキスパートシステムの仕組みを知り「プログラミングができれば、人工知能が作れる!」と思い、Visual C++6.0を買って、chatterbotを開発していました。
──あえてC++だったんですね。
複数のプログラミング言語がある中で、ほかにも応用が利きそうな言語ということで、C++を選んだ形です。
その時は、音楽家か科学者になりたいと思っていました。小さいころから楽器を習っていたのですが、一時期中断がありまして中学に入ってから作曲の勉強を始めました。進路として音大の作曲科を目指していました。
──音大の作曲科といえば6浪する人がいるような世界だと聞いています。
結局、受験には失敗したので、ネットワークエンジニアになりました。最初はアルバイトからです。独学で勉強しました。
2003年頃、「Yahoo! BB」のADSLサービスが急成長していた時期です。当時の主な仕事はネットワークのラストワンマイル近く、ADSLの足回りの収納、上位ネットワークへの接続の設定などでした。ネットワークエンジニアの需要がすごいことになっていて、一緒に働くエンジニアのスキルレベルもまちまち。まだ若造のバイトだったのですが「この業界なら自分でもいける!」という感覚を持つようになりました。でも、このころは音大受験を続けるか、ITエンジニアとしてやっていくか、気持ちは半々で決めかねていましたね。
2~3年ほどネットワークエンジニアを続けていたのですが、母親が体調を崩し、実家に帰って専門学校の非常勤講師として1年間働きました。教えていたのはC言語とデータベースです。21歳ぐらいの講師が、18歳ぐらいの生徒を教えていた形ですね。
その後、2007年に知人が起こしたWeb制作の会社に入りました。「Flashのプログラムを書ける人がいないから、手伝ってくれない?」といったノリでした。Webの制作や開発をメインにする会社でしたが、受託できるものは何でも受けていました。印象に残っている仕事は、国内外に多数の拠点がある大規模なネットワークの設計の仕事です。実はその規模のネットワーク設計は初めてだったのですが、人間、追い込まれるとできるものだな、と思いましたね。

エンジニアとしての挑戦を続けるための転職

──結果として、叩き上げのエンジニアの道をまっしぐらに進んでいった形ですね。
そうですね。そのうち、もっと大きな仕事に取り組みたいという気持ちが強くなってきて。2008年に大手通信会社に転職して、金融系の顧客を相手にソリューションSEとして働きました。大きな案件に一次請けとして取り組めるのは魅力的でした。ただ、大きい組織の中では、なかなか自分では手を動かせないジレンマも感じていました。
2009年に転職して、ネットワンパートナーズ株式会社(ネットワンシステムズ系のソリューション企業)に入社しました。ネットワークの提案、設計をやりつつ、アプリケーションも書くという、少し特殊な立場でした。
──エンジニアとして、より挑戦的な仕事に取り組みたい意識が強かったのですね。
はい。今までのどの会社より、エンジニアとして面白いと思えるチームで、「この人はすごい」と思える人と一緒に仕事をすることができました。
やがて、ソリューションの提案やアプリケーションの開発から遠い立場になってしまいました。ちょうどWeb2.0という言葉が加熱していた時期でもありましたので、Web開発の仕事をやりたい、サービスを作りたいという気持ちが強くなって、会社を移ることにしました。
Webベンチャーを経て、自社クラウドの企画、運用をしているSTEADYに2012年に転職しました。当初は研究開発担当として入社し、(オープンソースのクラウドインフラ)OpenStackの調査、開発をメインに仕事をしていました。ただ、会社の事情で研究開発ばかりしているわけにもいかなくなり、開発の現場を立て直すために技術部長、後にCTO(最高技術責任者)の役職に就きました。当時は「エンジニアリングの仕事を一緒にやる仲間は、みんな一緒に幸せにできたほうがいい」という思いがありました。
このSTEADYで考えていたことは、DaaS(Desktop as a Service )やSaaS(Software as a Service)の企画、特にデータ解析や機械学習に関するサービスでした。データを解析するデータサイエンティストが足りなくなるという予測が出ていたので、データ解析のための数理モデルのマーケットプレイスを作れないかと考えていました。結局、このサービスは世に出なかったのですが。2014年に、Microsoftが機械学習をクラウドサービスにしたAzure Machine Learningを発表していますが、このサービスが当時構想していたものによく似ていると思って見ていましたね。

ZUUの幹部と面談して、興味を持つ

──今の職場であるZUUとの出会いは、どのような形でしたか。
意外性がないかもしれませんが、転職エージェントからの紹介です(笑)。スタートアップ企業と外資系企業に絞って企業を紹介してもらいました。ZUUの最初の面談で会ったのがCTOの後藤(正樹)とCOOの原田(佑介)でした。実は面談の前はZUUについてあまり知らなかったのですが、この面談で強い興味を持つようになりました。
特にCTOの後藤が、私が目指していた「科学者と音楽家」という人物像そのままでした。東京大学大学院で複雑科学系の研究をしてきて、未踏スーパークリエイターで、同時にプロのオーケストラの指揮者もやっている。こんな“超人”が本当にいるんだ、と。
COOの原田からは、金融分野にある情報の非対称性、知識がない人が痛い目にあう状況を変えたいという思いを聞き、そこに共感できました。
その後、CEOの冨田(和成)とも面談をして、金融の世界をテクノロジーで変えていく強い情熱を感じました。自分自身でも、趣味でアルゴリズムトレーディングをしていたので、クオンツ(数学的テクニックによる投資分析)やHFT(High-frequency trading)といった考え方の知識はありました。そうした金融分野の新しい技術は、残念ながらまだ一般の人たちのところまで来ていません。例えば日本の銀行のシステムは仕組みが古く、9時から15時までしかオンライントランザクションが動かない、といった制約がそのままになっています。FinTech(金融×IT)のテクノロジーの力で、普通の人にもアプローチできるサービスを作らないといけないと思いました。

【後編】FinTechの現場で関数型言語を並列処理に、機械学習の活用も視野に

DODAエージェントサービス 専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。はじめて退職する方のために3分でわかるエージェントサービスのメリットを紹介 エージェントサービスに申し込む(無料) 3分でわかるエージェントサービスのメリット

「ギークアカデミー」バックナンバーはこちら

無料エージェントサービスに申し込む

IT業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが、エンジニアの転職活動を無料でバックアップします。

イベント情報

転職のプロに相談できる DODAエンジニア個別相談会

おすすめ診断コンテンツ

ITエンジニア・クリエイター合格診断

あなたの“本当の年収”や今後の“年収推移”も分かる!年収査定サービス[無料]

インタビュー、コラム

アプリケーションエンジニアのための転職力アップ法

アプリケーションエンジニアのための転職力アップ法

エンジニア特有の転職成功ノウハウや市場動向をご紹介

インフラエンジニアのための転職力アップ法

インフラエンジニアのための転職力アップ法

インフラ領域特有の転職成功ノウハウや市場動向をご紹介

業界専任キャリアアドバイザーの連載コラム Webクリエイターのための転職力アップ法

Webクリエイターのための転職力アップ法

クリエイター転職特有のノウハウ・事例などご紹介!

未来を創る 意志あるエンジニアたち

未来を創る 意志あるエンジニアたち

最前線で活躍するエンジニアのこだわりに迫る

GEEK ACADEMY

GEEK ACADEMY

先端を走る技術を、ギークに学ぶ

メールマガジン無料配信

簡単登録で最新の転職情報、
希望の求人が届く