転職・求人DODAエンジニア IT/トップ > 転職情報・成功ガイド > ギークアカデミー > IoTに必要なのは「モノ」じゃない! 大事なのはビジネスと結びつくアイデアだ 日本アイ・ビー・エム ソフトウェア事業本部 Analytics事業部 第四テクニカル・セールス IoT Technical Lead 鈴木徹 氏

GEEK ACADEMY 先端を走る技を、ギークに学ぶ

掲載日:2015.10.19
このエントリーをはてなブックマークに追加

IoTに必要なのは「モノ」じゃない!大事なのはビジネスと結びつくアイデアだ日本アイ・ビー・エム ソフトウェア事業本部 Analytics事業部 第四テクニカル・セールス IoT Technical Lead 鈴木徹 氏

PROFILE 日本アイ・ビー・エム ソフトウェア事業本部 Analytics事業部 第四テクニカル・セールス IoT Technical Lead 鈴木徹(すずき とおる)

1980年代後半に日本IBMに入社。メインフレームOSのMVS、Java仮想マシン、ミドルウェアWebSphereなどの開発やサポートに従事し、経験を積む。現在、IoT向け軽量プロトコルのMQTTをハンドリングするMessageSightなどを手がけるIoT分野の技術営業として活躍中。趣味は野菜作り。

IoT(モノのインターネット)は「モノ」だけじゃない──そう力説するのは日本IBMの鈴木徹氏である。大事なのはビジネスと結びつくアイデアだ。月に数十件の顧客を訪問してIoTのアイデアを交換している鈴木氏に、「モノ」だけではないIoTの話を聞いた。

IoTはアイデアで勝負、手つかずの分野が大量に残っている

──鈴木さんはOSなどコア技術のエンジニア出身で、今はIoT関連の技術営業ということですが、お仕事の内容を教えてください。
月に20件~30件のお客さまとIoT(Internet of Things、モノのインターネット)についてお話しさせていただいています。さまざまな業種のお客さまと毎日お会いしてアイデアを交換する、とても楽しく刺激的な毎日を送っています。
──IoTと一言でいっても、その範囲はものすごく広がっています。
IoTとは「モノ」がインターネットにつながる、という話なんですが、「モノ」という訳語は残念だなと思っています。「モノ」というとどうしてもデバイスや製造業を連想しますが、IoTはそれ単体だけでなく、その周囲、例えばソーシャルやモバイルなどの領域も含めて価値を作っていける分野なのですから。
──IoTはアイデアしだいで活用できる分野が広がるということですか。
そうです。まず、「モノ」がしゃべり始めたこと──多種多様なデバイスがインターネットと情報のやりとりができるようになったこと、これが本質です。IoTを道具として使い、イノベーションを起こすにはどうすればいいか。そこを考えていきたいと思っています。
例えば自動車メーカーのPSA・プジョーシトロエンでは、さまざまな自動車のデータを常時取れるようにしました。いわゆる「コネクテッド・カー」です。そのデータをオーナーである運転手の合意のもとに損害保険会社へ提供し自動車保険の商品開発に役立てています。データを提供したオーナーの保険料が下がるような保険メニューが実現されています。
ここでポイントは、従来取れなかったデータが取れるようになることで新たなビジネス価値が生まれたことです。クルマが「しゃべる」ようになったことで、そこに新たなビジネス価値を見いだすことができるようになりました。
テクノロジーは私たちITベンダー側で提供できます。あとはアイデアしだいです。例えば、カーレンタルの業界では自動車を返すときに事故でぶつかった跡がないか、人間が目で探します。IoTではそこはリアルタイムでデータ共有しますから、事故を起こせばすぐに分かる。嘘のつきようがない。フェアなビジネスを促進することができます。
ITとは違う業界の人と議論していると、こんなアイデアがどんどん出てきます。大事なことは、現場の人のアイデア、センスを活かすことです。

専用の「モノ」を使わないIoTもある

──IoTの活用分野の例を、もう少し教えてください。
例えばBeaconがあります。これはBLE(Bluetooth Low Energy)のシグナルを送信するだけのシンプルなデバイスです。例えば、ショッピングセンターのカートにBeaconを取り付ければ、お客さまの動線が分かります。そして「靴売り場に10分間滞留していたのに靴を買っていない」ことを検知したら、靴売り場になんらかの改善するべき点があるとの仮説が考えられます。こうしたことがリアルタイムで分かる。
ここで考え方を変えると、Beaconのようなデバイスがなくても、スマートフォンをお客さまが持って歩いてくれるだけで動線が分かります。こんなにいいIoTデバイスはありません。こうした、専用デバイスや「モノ」にこだわらないIoTを、私は「デジタルIoT」を呼んでいます。
──「デジタルIoT」とは、つまり製造業向けやM2M(Machine-to-Machine)分野にはこだわらない、より広いIoTの応用ということですね。
そうです。モノにこだわらず、ビジネスに結びつくアイデアを考えよう、ということです。大事なことは、データから得られる知見を現場で活用することです。
従来のビッグデータ解析では、データをバックエンドに蓄積して解析していました。ところが、データ解析で得られた知見は多くの場合はオフラインのままでした。システムでつながっていなければ、知見が現場に届きません。これはもったいない。
IoTによりデータを現場に活かす方法として、データやイベントの発生をトリガーに使うやり方があります。例えばスマートフォンを持ったお客さまがお店に入ってきたことを検知して、そこで商品のリコメンドをメッセージで送るといった応用が考えられています。

IoTと既存システムを結ぶ「ハブ」を提供する

──IoTの事業アイデアに対して、どのような道具を提供していくのですか?
ひとつは、IoTのハブです。ハブが必要となる理由の一つは、開発スピードです。基幹システムと違って、IoT側は進化のスピードが速く、基幹系と密に結合したシステムではスピードに追いつけません。そこでIoT側と基幹システム側の依存性をなくしたいのです。そのためには基幹系と新規開発するIoT側とを「ハブ」を介して連携するのが良いアイデアです。
ハブが必要となるもう一つの理由は、IoTで発生するデータがあまりにも大量で高頻度ということです。IoTでは、データは川の流れのように連続的に入ってきます。ところが、センサーからやってくるデータの中には、例えば連続して「正常値です」という情報が続くといった、通常時には特に価値を持たない種類の情報もたくさんあります。こうしたデータをすべて一回溜めてからバッチ処理で解析しましょう、といったアプローチではやっていられません。そこでデータの交通整理をするIoTのハブを設けること、それにデータをリアルタイム解析するアプローチを採用することが良いやり方です。私たちは、そのための道具立ても用意しています。
──欲しいのはデータより知見ということですね。
そうです。欲しいのは大量データそのものではなく、データから得られる知見、洞察なのですから。

【後編】必要なのはフラットでアジャイルなチーム、そして勇気

DODAエージェントサービス 専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。はじめて退職する方のために3分でわかるエージェントサービスのメリットを紹介 エージェントサービスに申し込む(無料) 3分でわかるエージェントサービスのメリット

「ギークアカデミー」バックナンバーはこちら

無料エージェントサービスに申し込む

IT業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが、エンジニアの転職活動を無料でバックアップします。

イベント情報

転職のプロに相談できる DODAエンジニア個別相談会

おすすめ診断コンテンツ

ITエンジニア・クリエイター合格診断

あなたの“本当の年収”や今後の“年収推移”も分かる!年収査定サービス[無料]

インタビュー、コラム

アプリケーションエンジニアのための転職力アップ法

アプリケーションエンジニアのための転職力アップ法

エンジニア特有の転職成功ノウハウや市場動向をご紹介

インフラエンジニアのための転職力アップ法

インフラエンジニアのための転職力アップ法

インフラ領域特有の転職成功ノウハウや市場動向をご紹介

業界専任キャリアアドバイザーの連載コラム Webクリエイターのための転職力アップ法

Webクリエイターのための転職力アップ法

クリエイター転職特有のノウハウ・事例などご紹介!

未来を創る 意志あるエンジニアたち

未来を創る 意志あるエンジニアたち

最前線で活躍するエンジニアのこだわりに迫る

GEEK ACADEMY

GEEK ACADEMY

先端を走る技術を、ギークに学ぶ

メールマガジン無料配信

簡単登録で最新の転職情報、
希望の求人が届く