DODAメディカル・医療トップ > メディカル業界【MR/CRA(臨床開発)/医療機器営業】の転職市場動向・転職相関図
専門的な知識やスキルが特に求められるメディカル業界。メディカル業界の職種経験者であれば、その知識やスキルを活かして転職できる職種は、実は複数あるのです。まだ知らない意外な職種へのキャリアアップのチャンスがあるかもしれません。あなたの新たな可能性を見つけてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
職種名をクリックしてください。転職可能性のある職種が示されます。
その後、転職可能性のある職種にマウスを乗せると、その仕事内容が表示されます。
今回は、メディカル業界の転職市場において、転職事例の多い職種を取り上げましたが、DODAエージェントサービスは、ここに記載がない職種の方の転職サポート実績もあります。
図中の矢印は、DODAエージェントサービスの転職サポート実績に基づいた転職の可能性を示しています。実際は、それぞれの職種に必要な知識やスキルなど、企業ごとの採用条件がありますので、職種経験があれば必ず矢印で示す職種に転職できるというわけではありません。
※1.CSO(Contract Sales Organization:医薬品販売業務の受託機関)
製薬会社から委託を受けて、医薬品のプロモーションや販売活動を支援する機関。MRの特定派遣や業務受託の形で、医療機関向けの営業活動を担う。
※2.CRO(Contract Research Organization:医薬品開発業務の受託機関)
製薬会社から委託を受けて、新薬開発の治験関連業務を支援する機関。全体の進行管理や情報収集とデータ化、統計解析などを担う。
※3.SMO(Site Management Organization:治験実施施設の管理機関)
CROが製薬会社の治験業務を支援するのに対して、SMOは治験を実施する医療機関を支援する。主に治験に関する各種事務手続きや、臨床で治験を実施する医師、被験者のサポートを担う。
※4.臨床開発(臨床試験、治験)
製薬会社が開発中の新薬を患者に投与し、効果や副作用に関する調査すること。


このエントリーをはてなブックマークに追加

「今のキャリアが活かせる職種は?」あなたの可能性を転職のプロに相談

DODAに相談する 転職コンサルティング

【合格診断】メディカル業界の大手・優良企業への合格可能性を無料一括診断