スマートフォン版で表示

DODAグローバル

「アジア転職マニュアル」
 海外転職はじめの一歩

「海外で働きたいけど、どこの国で働きたいかは決まっていない」という方など、海外での就業がはじめての方におすすめなのは、東アジア、東南アジアの国々です。アジアの国々と日本は、文化的にも経済的にも古くから密接な関係を築いてきました。近年はASEAN諸国を中心に目覚ましい成長を遂げ、その関係はより深まりつつあります。旅行で訪れたり、アジアから訪日する人たちと接したりしてアジアに興味を持った人も多いのではないでしょうか。アジアで働くのに、特別な資格もキャリアも必要ありません。どうすれば実現できるのかを考えてみませんか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アジア就業の魅力

アジアの国々には日本人が比較的ビザを取得しやすい国が多く、また地理的にも日本から近いため、海外で働きたいと考える人が就業先としての選択肢に挙げることの多いエリアです。ただ、一定期間、海外に出ることによるキャリア上のリスクもないわけではありません。アジア就業の魅力と気をつけるべきポイントや、アジアで就業することによってどのような経験・スキルが得られるのか、アジア就業の経験をどうすればその後のキャリアに活かせるのかを解説します。

アジア求人の特徴

アジアは、言語、民族、文化、経済水準が異なるさまざまな国・地域が存在する、多様性の宝庫のようなエリアです。同じような職種でも、就業する国・地域によってビジネスで求められる言語や、仕事を通じて経験できること、身につくスキルが異なります。アジア各国で日本人を対象とする求人にはどんな業種・職種のものが多いのか、求められる言語と語学レベルの高低を確認して、自分が望むキャリアを実現できるのはどこなのか、大まかに把握しましょう。
アジアでも就業人気の高く、求人も多いインドネシア、シンガポール、タイ、中国、フィリピン、ベトナム、マレーシア、香港の特徴をご案内します。

アジア就業までの流れ

アジア就業を視野に入れた転職活動も、基本的な流れは国内の転職活動と大きくは違いません。まずは自分が実現したいキャリアを描くことから始まります。アジアでの仕事探しは、日本人を対象とする求人情報を持つ転職エージェントを利用するのが一般的です。英文履歴書を用意しなければならないケースがあるほか、内定から渡航までの間に就労ビザを取得する必要があるなど、海外だからこそ必要なステップもありますので、一通りの流れを把握した上で、転職活動に臨みましょう。

アジアでの就業経験があるキャリアアドバイザーがカウンセリングを行います
アジアで働きたい方のための個別相談会に申し込む(無料)
グローバルの転職に興味がある方に、転職のプロがカウンセリング&求人紹介
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ情報・注目記事

  • 【アジア×はたらく】アジアで就業を実現するための転職・求人情報を紹介します
  • 英語力を活かせる仕事【全18職種】
  • STEP1・2・3で学ぶ!英文履歴書の書き方
  • 事前準備や本番戦術も!英語面接の落とし穴

関連サービス

  • 外資系企業などで働きたい バイリンガルのためのエージェントサービス【BRS】