求人マーケットを知る | 社内SEの採用傾向

このエントリーをはてなブックマークに追加

社内SE転職成功Point

社内SEの求人は、採用枠1~2名と少数であることが多い。それに対して社内SEを希望するエンジニアは多く、競争率が高いことを認識しておこう。

  • 応募者多数の場合、先行して応募した人だけで面接枠が埋まり、採用が決定してしまう。関心のある求人を見つけたら、「まずは応募してみる」姿勢が大切。
  • 一企業当たりの社内SEの採用頻度は少ない。非公開求人も多いため、キャリアアドバイザーと定期的にコンタクトをとって、新しい求人が出てないか確認すること。

ITエンジニアの希望職種

転職を希望するITエンジニアの7割以上が社内SEを希望

DODA登録時のアンケートより。ITエンジニアの希望職種を元に算出しています

人気求人の選考傾向

内定競争率の高い社内SEの求人は、応募スピードが重要!

社内SEの採用枠は「1名」がほとんど
内定を勝ち取るのは狭き門であることを知っておこう

社内SEの求人数は増えているものの、希望する会社に転職できるかというと、そう簡単なことではありません。なぜなら、事業会社の社内SE求人に共通して言えることは、1社当たりの採用枠が少なく、競争率が高いからです。ほとんどの求人が「採用枠1~2名」と考えてよいでしょう。それに対して、「社内SEを希望」「または選択肢のひとつ」という方は7割以上に上ります(※上図)。内定を勝ち取るのは、非常に「狭き門」なのです。例えばある大手メーカーのケースでは、社内SEの1名の募集に対し、わずか2週間で500人以上の応募があったほどです。

また、社内SEの募集は、頻度が少ないことも知っておきましょう。多くの企業では、一度社内SEを採用すると、次に新規採用を必要とするまでに比較的長い期間が空きます。事業会社のIT部門は多くが少数精鋭ですし、ある新規事業のために増員が必要となった、または退職による補充といったことは年に何度もあることではありません。特に大企業の採用は定期採用である場合が多く、1年に1回あるかないか。そこに大勢の希望者が殺到するのですから、必然的に競争率が高くなってしまうのです。

転職成功のカギは、「応募スピード」にあり
常に情報に対して網を張って、いち早く求人情報を手に入れよう

激しい競争の中で内定を勝ち取るために重要なのが、「応募スピード」です。先述の大手メーカーの求人では、1名の採用に際して500人以上の応募がありましたが、すべての応募者を面接するのは物理的に不可能です。そのため、一般的に多くの応募が集まる求人の場合、面接枠を一定数に設定し、先行して応募してきた人から順に書類選考を行い、面接枠を埋めていきます。そして、面接枠上限に達したところで、その後の応募者は選考保留に。先述のケースの場合面接枠は6名だったので、500人もの応募者の大半が、応募が遅れてしまったがために、人事担当者に書類すら見てもらえない状態になってしまったのです。そして、面接者6名の中から内定者が決まれば、保留していた方々に不採用の連絡が来ることになります。この事例から分かるように、人気求人は多くの競争相手よりも先行して応募することが成功のカギです。

それでは、社内SEへの転職を考える人は、どのくらいのスピードで応募をしているのでしょうか。DODAが行ったアンケートによると、募集がスタートしてから3日以内に応募した人が約70%。このうち半分以上は募集がスタートした当日の内に応募しています。転職は人生の大きな決断なので応募に迷うかもしれませんが、応募の段階では転職するかどうかを迫られることはありません。そもそも内定が出るかも不確定なのですから、気になる求人があれば、まずは応募してみることをお勧めします。

また、希少な求人に先行して応募するためには、いかに早く求人情報を得るかも重要になりますから、常に情報に対する網を張り巡らせておくようにしましょう。採用枠の少ない社内SEの求人は人材紹介会社のみに公開され、一般には非公開となっているケースも少なくありません。効率的な情報収集のために、人材紹介会社を賢く使いましょう。

社内情報システム(社内SE)の求人はこちら

DODAエージェントサービス

最新の求人情報を知りたい!
エージェントサービスに申し込む(無料)

非公開求人を含めた豊富な求人データベースから、あなたの希望に合った求人をご紹介します。

はじめて転職する方のために3分でわかるエージェントサービスのメリットを紹介

エージェントサービスに申し込む(無料)

社内SEをはじめ、ITやWeb業界の求人をリアルタイムでご紹介。業界情報に通じたキャリアアドバイザーが、あなたの転職をサポートします。

社内SE転職成功ガイド

イベント情報

転職のプロに相談できる 無料エンジニア個別相談会

イベント情報

ITエンジニア・クリエイター 合格診断

あなたの“本当の年収”や今後の“年収推移”も分かる!年収査定サービス[無料]

インタビュー・コラム

メールマガジン無料配信

簡単登録で最新の転職情報、希望の求人が届く