スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

私らしいキャリアや働き方に
ピッタリな企業はどこ?
⼥性活躍できる企業
⼦育て⽀援企業の見つけ方・選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

なでしこ銘柄

なでしこ銘柄は、女性活躍推進に関して優れた取り組みを実施する上場企業を、東京証券取引所と経済産業省が選定する制度です。投資家にとって中長期的に価値向上が期待できる企業をまとめて魅力ある銘柄として紹介することで、投資および各企業の女性活躍推進の取り組みを促進することを目標としています。なでしこ銘柄に選定された上場企業がどんな先進的な取り組みを行っているのか、確認してみましょう。

なでしこ銘柄とは

なでしこ銘柄は、東京証券取引所と経済産業省とが共同で、女性活躍推進の優れた取り組みを実施している上場企業を選定する制度で、2012年度から導入されています。当初は東証1部上場企業のみが対象でしたが、現在では、東証2部・マザーズ・JASDAQ の上場企業および外国株も選定対象に追加されています。

なでしこ銘柄には「なでしこ」と「準なでしこ」の2種類があります。なでしこ銘柄に選定される企業は業種ごとに1~2社と決められており、2018年度からは惜しくも次点となった企業を選定する「準なでしこ」が新たに設けられました。具体的な評価基準等については、投資の実務家や人材活用の専門家による「『なでしこ銘柄』選定基準検討委員会」が検討を行った上で決定しています。

選定にあたってはまず、全上場企業に対して女性活躍度調査のアンケートが実施され、「なでしこ」「準なでしこ」に選定されなかった場合でも、アンケートに回答した企業は「なでしこチャレンジ企業」として公表されます。次に、女性取締役が1人以上いるなどのスクリーニング要件を満たす企業を7つの項目でスコアリングし、財務指標(3年間平均ROE)の加点を行います。

同じ女性活躍推進の指標である「えるぼし」とは、対象が上場企業に限定されていること、選定条件として財務諸表が考慮される点で異なります。なお、2020年度は、「なでしこ銘柄」44社、「準なでしこ」19社が選定されました。

経済産業省 「女性活躍に優れた上場企業を選定「なでしこ銘柄」」

なでしこ銘柄選定企業の求人一覧

なでしこ銘柄の種類と意味

なでしこ銘柄には「なでしこ」と「準なでしこ」の2種類がありますが、ロゴマークの丸は一つ一つが人材を意味し、多様な人材の活躍によって企業が右肩上がりに成長することを、吹き出しは新たな意見が生まれてくることを表し、「新しい価値を生み出し、創造する企業」をイメージしています。

また、なでしこ銘柄のロゴは「新・ダイバーシティ経営企業100選」の姉妹ブランドになっています。
※「新・ダイバーシティ経営企業100選」「100選プライム」選定・表彰は、2020年度をもって終了となりました。

なでしこ

なでしこ

スクリーニング要件:女性取締役が1人以上いること
※業種ごとに1~2社選定される

準なでしこ

準なでしこ

スクリーニング要件:取締役、監査役、執行役員のいずれかの役職に女性が1人以上いること
※業種枠に関係なく選定される

「なでしこ」「準なでしこ」選定までの流れ

  • 「なでしこ銘柄」選定基準検討委員会による選定基準の検討・決定
  • 上場企業に対して女性活躍度調査を実施し、以下の項目を確認
    —行動計画を策定しているか
    —女性活躍データベースで女性管理職比率の開示を実施しているか
  • スクリーニングの実施
  • スコアリングおよび財務指標の加点(以下はスコアリング項目)
    ① 経営戦略への組み込み
    ② 推進体制の構築
    ③ ガバナンスの改革
    ④ 全社的な環境・ルールの整備
    ⑤ 管理職の行動・意識改革
    ⑥ 従業員の行動・意識改革
    ⑦ 労働市場・資本市場への情報開示と対話
  • なでしこ、準なでしこ選定

なお、第5次男女共同参画基本計画において、女性が入社してから管理職・役員になるまでのパイプラインの構築に課題があるとされたことを受け、2021年度のなでしこ銘柄選定では、男女の昇進比率も調査対象になっています(ただし採点の対象外)。
なでしこ銘柄の選定方法の詳細については、経済産業省のホームページをご確認ください。

経済産業省 「女性活躍に優れた上場企業を選定「なでしこ銘柄」」

なでしこ銘柄選定企業の求人一覧

なでしこ銘柄選定の上場企業での先進的な取り組みは働き方にどんな影響がある?

多くの上場企業が女性活躍推進に取り組んでいますが、その中でも取り組みが高く評価されている企業は、「なでしこ」「準なでしこ」として選定・表彰されています。業種ごとに選定されているので、希望する業界でどの企業が女性活躍推進のトップランナーか分かります。もし上場企業で働きたいのであれば、この指標が参考になるでしょう。

スコアリングで偏差値が分かる

なでしこ銘柄の選定はすべての上場企業が対象となっており、女性活躍度調査に回答し、「公表してもよい」と答えた企業は「なでしこ」「準なでしこ」「なでしこチャレンジ企業」のいずれかのカテゴリで取り組み内容が公表されています。また、スコアリング項目の偏差値が数値で公表されていることも特徴です。これを利用して業界平均との比較もできますし、企業を横並びで比較することもできます。

なでしこ銘柄に選定された企業の取り組みは、毎年「なでしこ銘柄レポート」として紹介されています。もちろん、企業のWebサイトで詳細が紹介されている場合も多いので、興味のある会社の取り組みはチェックしてみましょう。

中途採用人数にも注目

調査内容には、女性管理職や女性役員の比率、中途採用者数、キャリアパスに関する取り組みなど多くの項目があります。例えば管理職として活躍したいのなら、管理職・役員の女性比率や、管理職としてキャリアアップできる制度が整っているかを確認するとよいでしょう。

また、中途採用人数も注目すべきポイントになります。育児休暇取得率や有給休暇取得率が高いなど環境面が整っていても、中途採用を積極的に実施していない企業もあるからです。選定されている企業が女性活躍推進のどの項目に注力しているのか、掘り下げて調べてみてください。

ここでは、「なでしこ銘柄選定企業」×「女性の転職人気企業」のトピックスをご紹介します。

トピックス1:女性の中途採用に積極的な企業

上場企業の中には、中途採用を実施していない企業や、実施していても女性の採用実績がない企業もあります。業種によっては、もともと女性従業員が少ない場合もありますが、女性の中途採用実績がある企業は転職先の候補としてチェックしてみてはいかがでしょうか。なでしこ銘柄に選定されている企業のうち、「女性の転職人気企業ランキング2021」で6位の資生堂が103人(2019年度)、14位の花王が38人(2020年12月時点)、23位のカルビーが16人(2021年3月時点)など、多くの企業で女性の中途採用実績があります。

トピックス2:女性管理職・女性役員比率に注目

第4次男女共同参画基本計画では、上場企業の女性役員の割合を「早期に5%、2020年までに10%を目指す」と定めていましたが、2020年の調査では6.2%という低い水準にとどまっています。2020年度になでしこ銘柄に選定された企業の中では、カルビーが25%、資生堂が26.3%など平均をはるかに上回る企業も多く見られました。

カルビーは、2021年3月現在、女性管理職比率が21.8%、女性役員比率が25%と高い水準を保っています。2024年には女性管理職比率30%達成を目標として、女性リーダー育成プログラムの実施や、育休復職後のキャリアアップマインドの醸成にも注力しています。なお同社は、2013年度から8年間連続してなでしこ銘柄に選定されています。

トピックス3:働きやすい環境の整備と意識改革

女性の活躍を推進するために、産休・育休制度の充実や柔軟な働き方の整備などに取り組む企業は多くなってきました。制度を導入するだけではなく、管理職や従業員を含め全社員の意識・行動変容によって、女性が管理職を目指しやすくなり、多様な働き方に対する偏見をなくすことが重要とされています。なでしこ銘柄の7つのスコアリング項目にも、全社的な環境・ルールの整備や、管理職・従業員の行動・意識改革が含まれています。

花王は「全社的な環境・ルールの整備」「従業員の行動・意識改革」で業界平均偏差値に比べて高いスコアを獲得しました。育休からの復職前に、復職後をイメージした準備や意識の向上をはかるセミナー(タツノオトシゴセミナー)を実施したり、男性社員向けに仕事と育児の両立支援制度案内のリーフレットを配布したり、パパ・ママ社員による座談会「F&M(Father & Mother)ミーティング」を開催したりして、女性だけではなく誰もが働きやすい職場を目指して取り組んでいます。

なでしこ銘柄選定企業の求人

なでしこ銘柄選定企業の求人一覧

他の指標を見る

あこがれの仕事と私の志向性は合ってる?“本当の自分”を知る
キャリアタイプ診断を受ける
あなたのパーソナリティに本当にマッチする仕事を転職のプロが一緒に考えます
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加