スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

女性の平均年収ランキング
職種ランキング【最新版】

「女性で給与水準が高い職種は?」「わたしの仕事って年収は高い?低い?」「同じ職種の人の平均年収はどれくらい?」。2020年9月~2021年8月の1年間でdodaエージェントサービスに登録した約45万人の中から、正社員として働く20歳から65歳までの女性をピックアップし、職種別の平均年収ランキングを作成しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
女性の平均年収ランキング 職種ランキング 【最新版】

職種別 女性の平均年収ランキング上位50位

全165職種のランキングで1位だったのは「リスクコンサルタント」の670万円。2020年のランキングでは599万円で3位でしたが、71万円アップし、平均年収が最も高い職種になりました。

昨年は上位3位までをコンサルティング系の職種が占めていましたが、今年は「金融系専門職」に分類される「投資銀行業務」(643万円)、「運用(ファンドマネジャー・ディーラー)」(620万円)が2位、3位にそれぞれランクイン。いずれも昨年から年収を100万円以上アップさせており、年収の上げ幅でみても上位3位以内に入っています。

順位 職種名 平均年収 求人
1 リスクコンサルタント
コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人専門職
670万円 求人を
見る
2 投資銀行業務
金融系専門職
643万円 求人を
見る
3 運用(ファンドマネジャー・ディーラー)
金融系専門職
620万円 求人を
見る
4 戦略・経営コンサルタント
コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人専門職
586万円 求人を
見る
5 業務改革コンサルタント(BPR)
コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人専門職
578万円 求人を
見る
6 投信・投資顧問営業
営業職
577万円 求人を
見る
7 MR
営業職
566万円 求人を
見る
8 プロジェクトマネジメント
電気・電子・機械系エンジニア
561万円 求人を
見る
9 プロジェクトマネジャー
IT・通信系エンジニア
557万円 求人を
見る
10 会計専門職・会計士
コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人専門職
552万円 求人を
見る
11 プリセールス
IT・通信系エンジニア
546万円 求人を
見る
12 法務
企画・管理職
541万円 求人を
見る
13 知的財産・特許
企画・管理職
537万円 求人を
見る
14 内部監査
企画・管理職
532万円 求人を
見る
15 会計コンサルタント・財務アドバイザリー
コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人専門職
518万円 求人を
見る
16 組織・人事コンサルタント
コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人専門職
500万円 求人を
見る
17 内部統制
企画・管理職
500万円 求人を
見る
18 ITコンサルタント
IT・通信系エンジニア
491万円 求人を
見る
19 経営企画・事業企画
企画・管理職
488万円 求人を
見る
20 リサーチ・市場調査
企画・管理職
480万円 求人を
見る
順位 職種名 平均年収 求人
21 非臨床研究
メディカル・化学・食品系エンジニア
478万円 求人を
見る
22 臨床開発・治験
メディカル・化学・食品系エンジニア
474万円 求人を
見る
23 データアナリスト・データサイエンティスト
企画・管理職
469万円 求人を
見る
24 マーチャンダイザー・販売企画・販売管理
企画・管理職
467万円 求人を
見る
25 研究開発
IT・通信系エンジニア
464万円 求人を
見る
26 薬剤師
メディカル・化学・食品系エンジニア
462万円 求人を
見る
27 医療機器メーカー営業
営業職
458万円 求人を
見る
28 管理会計
企画・管理職
458万円 求人を
見る
29 IT戦略・システム企画
IT・通信系エンジニア
457万円 求人を
見る
30 医薬品メーカー営業
営業職
457万円 求人を
見る
31 データサイエンティスト
IT・通信系エンジニア
453万円 求人を
見る
32 先行開発・製品企画
電気・電子・機械系エンジニア
453万円 求人を
見る
33 人事
企画・管理職
449万円 求人を
見る
34 証券営業
営業職
444万円 求人を
見る
35 不動産企画・プロパティマネジメント
建築・土木系エンジニア
443万円 求人を
見る
36 営業企画
企画・管理職
438万円 求人を
見る
37 リース(金融)営業
営業職
437万円 求人を
見る
38 広報・IR
企画・管理職
435万円 求人を
見る
39 バックオフィス・ミドルオフィス
金融系専門職
431万円 求人を
見る
40 販売促進・広告宣伝
企画・管理職
431万円 求人を
見る
41 購買
企画・管理職
430万円 求人を
見る
42 不動産金融営業
営業職
428万円 求人を
見る
43 マーケティング
企画・管理職
425万円 求人を
見る
44 技術開発・工法開発(建築・土木)
建築・土木系エンジニア
423万円 求人を
見る
45 クリエイティブディレクター・アートディレクター
クリエイティブ職
421万円 求人を
見る
46 経理
企画・管理職
421万円 求人を
見る
47 電子部品メーカー営業
営業職
421万円 求人を
見る
48 財務
企画・管理職
420万円 求人を
見る
49 税理士
コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人専門職
416万円 求人を
見る
50 設計(プラント)
建築・土木系エンジニア
414万円 求人を
見る

21位~50位を見る

今の自分の年収って適正なの?
年収査定を受ける(無料)
あこがれの企業に転職できる可能性は?
人気企業の合格診断に申し込む(無料)

職種分類別の女性の平均年収

11の職種分類の中で、昨年より女性の平均年収が上がったのは、増加額の大きい順に「金融系専門職」(358万円→367万円)、「コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人専門職」(509万円→514万円)、「事務・アシスタント職」(317万円→318万円)、「企画・管理職」(437万円→438万円)の4職種でした。

1位から4位の職種分類の顔ぶれは「コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人専門職」「企画・管理職」「IT・通信系エンジニア」「営業職」で、2020年から上位職種の傾向に変化はありませんでした。

「金融系専門職」「事務・アシスタント職」「企画・管理職」は男女合計した全体の平均年収においても昨年比で増加しています。一方、「コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人専門職」は、全体の平均年収では前年比-25万円だったのに対し、女性の平均年収は前年比+5万円となり、全体と女性で年収傾向に大きな差が出た職種となりました。

職種分類 平均年収
女性 全体(男女)
コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人専門職 514万円 575万円
企画・管理職 438万円 529万円
IT・通信系エンジニア 385万円 438万円
営業職 374万円 435万円
金融系専門職 367万円 443万円
電気・電子・機械系エンジニア 364万円 444万円
建築・土木系エンジニア 358万円 415万円
メディカル・化学・食品系エンジニア 353万円 390万円
クリエイティブ職 339万円 372万円
事務・アシスタント職 318万円 334万円
販売・サービス職 295万円 324万円

女性の年収分布

女性全体の平均年収の分布では、最も分布の多い層は300万~400万円未満の層で、全体の36.7%でした。

男女合計した平均年収の分布においても、女性と同じく300万~400万円未満の層の分布が最も多くなっています。一方で、年収400万円未満の割合でいうと、女性が72.4%に対して、男女合計では57.1%。男女での年収差が見られます。

女性が年収アップしていくための要件の一つには、女性の継続したキャリア構築があるでしょう。出産・育児などで一時的にやむなく離職や休職を選ばざるをえないケースもありますが、継続したキャリア構築は、昇給や管理職登用へのチャンスにつながります。ライフイベントを経ても、自身の経験・スキルを活かしながら働き続けられる業界や職種について、日ごろから情報収集を行っておくとよいでしょう。

女性の年収分布図

女性の年収分布図

職種別 女性の平均年収ランキング上位50位の傾向

2021年、女性の平均年収は345万円で昨年から2万円減少

2021年の女性の平均年収は345万円で、昨年の357万円から微減となりました。
全165職種中、女性の平均年収ランキング1位は昨年から順位を2つ上げた「リスクコンサルタント」(670万円)。裁量が広く、実績が年収へ影響しやすいコンサルティング系職種は、例年上位にランクインする傾向にあり、今年もランキング上位10位までの最多職種は「コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人専門職」でした。

年収ランキングトップ50の約3分の1が「企画・管理職」、次いで「営業職」の割合が大きく、顔ぶれに変化あり

全体傾向を見ると、「法務」(541万円)、「知的財産・特許」(537万円)といった「企画・管理職」が上位50職種中、17職種で全体の約3分の1を占め最多となりました。次いで、「営業職」(8職種)が「コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人専門職」(7職種)を抜き、2番目に多い職種となりました。

営業職は、コロナをきっかけに働き方が大きく変わった職種の一つです。対面中心だった営業活動を、ITツールの活用を通じて非対面へ切り替えた企業も多く、従来と同じ時間で顧客接点を増やすことができるようになりました。「時間あたりのパフォーマンスの出しやすさ」と「働きやすさ」の両立がしやすい職種は、女性が長期的にキャリアを積んでいくうえで大切な条件となります。

このように従来からある職種でも、新しい働き方を取り入れている業界や企業に目を向けてみることで、キャリアの選択肢に広がりをもたらし、長期的なキャリア形成や、年収アップのチャンスにもつながっていくでしょう。

今の自分の年収って適正なの?
年収査定を受ける(無料)
転職して年収を上げたい!転職のプロに相談しよう
エージェントサービスに申し込む(無料)

【調査概要】

対象者2020年9月~2021年8月末までの間に、dodaエージェントサービスにご登録いただいた20~65歳のオフィスワーカー職種の男女

雇用形態正社員

有効回答数約45万件

※上記から女性のデータをピックアップして集計
※平均年収:手取りではなく支給額
※順位算出:平均年収(万円)の小数点単位で順位づけ
※データのご利用について:出所が「女性の転職・求人情報 Woman Career by doda」であること、本ページのタイトルを明記し、本ページへのリンクを掲載のうえで、利用してください

このエントリーをはてなブックマークに追加