スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

気になるあの職種の仕事内容や種類は?

金融系専門職とは

運用/投資銀行業務、融資審査/契約保全、決済/計理/カストディ など

金融系専門職とはどんな仕事でしょうか? 金融業界には主に、銀行、証券、保険、カード、リース、運用会社といった業種がありますが、どんな職種の人たちが活躍しているのでしょうか? ここでは、業界特有の金融系専門職の種類や仕事内容を紹介していきます。

金融系専門職の仕事とは?どんな種類がある?

金融業界には主に、銀行、証券、保険、カード、リース、運用会社といった業種があり、近年は法改正や外資系の金融機関の台頭などに伴ってそれぞれの領域が近くなったり重なったりしてきました。これらの業界で活躍する金融系専門職には「運用/投資銀行業務」「融資審査/契約保全」などがあります。

株式や証券を運用する「運用」には、自社の資金を使って株式や債券を運用するディーラー・トレーダー、投資家などから預かった資金を運用するファンドマネジャーなどの職種があります。

クライアント企業の資本調達を支援する「投資銀行業務」は、企業のプロジェクトに対して融資を行うプロジェクトファイナンスや、新たな金融商品の証券化など仕組みを売買するストラクチャードファイナンス、企業の合併・買収を行うM&Aなどを行っています。

「融資審査」は、契約者個人や企業に返済能力があるか審査する仕事です。また「契約保全」には、保険契約が可能か審査する引受査定や、保険金支払いが妥当か審査する支払査定などの業務があります。

ほかにも、売買契約を完了させる「決済」、投資信託の基準価額の計算をする「計理」、有価証券の管理・保管をする「カストディ」などが金融系専門職に当たります。いずれの業務も高い専門性と知識が必要な金融領域のプロフェッショナルな仕事です。

最近では、金融と技術を組み合わせたFinTechの市場規模が拡大を続け、今後も成長すると予測されています。AIを用いて資産運用をアドバイスするロボアドバイザーやクラウドファンディング、手軽に決済・送金できる○○Payなど新たなサービスが次々と生まれているため、これからは金融系専門職においてもIT技術に関する知見が求められようになるでしょう。

▼最新の採用動向は「転職市場予測」や「転職求人倍率レポート」でチェックしましょう。

転職市場予測 金融
転職求人倍率レポート
転職したい職種と、
自分の志向性は合ってる?
キャリアタイプ診断を受ける

金融系専門職の職種 一覧(3職種)

doda職種図鑑では金融系専門職を3つにカテゴライズしています。それぞれの職種の詳しい仕事内容は、次の職種一覧から個別ページでチェックしてみましょう。

ほかの職種を見る

ほかの職種を見る

転職したい職種と、自分の志向性は合ってる?
キャリアタイプ診断を受ける
希望する職種への転職をdodaに相談する
エージェントサービスに申し込む(無料)
やりたい仕事を探そう!金融系専門職の求人
求人情報を検索する

職種図鑑TOPに戻る

\ dodaは求人数10万件以上! /

エージェントによる履歴書作成や
面接対策のサポートも充実!

会員登録する(無料)

ログインはこちら

適職探しのヒントが見つかる!転職タイプ診断
ハイクラス転職サービスdodaX

  • 自己PR診断