スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

気になるあの職種の仕事内容や種類は?

モノづくり系エンジニアとは

組み込みエンジニア、技術営業、生産技術、製品企画、整備士/サービスエンジニア、回路設計 など

モノづくり系エンジニアとはどんな仕事なのでしょうか? 自動車や家電などさまざまな製品を生産するメーカーの工場ではFA(ファクトリーオートメーション)化が進み、モノづくり系エンジニアの技術の必要性が日に日に増しています。ここではそんなモノづくり系エンジニアの種類や仕事内容について紹介します。

モノづくり系エンジニアの仕事とは?

ものづくりとは、広く製造業(メーカー)を意味する言葉で、対象となるのは、自動車、電気機器、精密機器、半導体、プラント、産業機械、輸送機械、ソフトウェア機器など多岐にわたります。モノづくり系エンジニアとは、これらのメーカーで研究開発や設計、生産技術、品質管理・保証、保全・メンテナンスなどを行う技術者の総称です。

ものづくりの工程は、一般的には「設計→生産技術→生産」と流れています。まずは「設計」で仕様を決定し、「生産技術」で量産の検討を行い、「生産」で実際に製品化します。この流れはものづくりの背骨であり、ものづくりの本流といえるでしょう。

デジタル化の加速によって業種や企業規模にかかわらずITインフラへの投資は増えており、ものづくりの中でも「ロボット」「AI」「半導体」「自動化」などの分野が注目されています。

▼最新の採用動向は「転職市場予測」や「転職求人倍率レポート」でチェックしましょう。

転職市場予測 電気・機械
転職求人倍率レポート

モノづくり系エンジニアの種類

モノづくり系エンジニアは、ものづくりの本流に沿って上流工程である設計から、下流工程である生産まで、それぞれの専門家として幅広く関わっています。

doda職種図鑑でモノづくり系エンジニアに分類される職種には、「研究」「設計」など仕様決定に関わるエンジニアや、次に市場に何を投入するかを企画する「製品企画」、仕様が適切かどうかを実験して確認する「評価」「デバッグ」、生産方法を計画する「生産技術」などがあります。そのほか、各工程で品質を確認する「品質管理」「品質保証」、顧客との折衝を行う「技術営業」、顧客への販売・納品後にメンテナンスを行う「整備士」や「サービスエンジニア」など、ものづくりに携わるエンジニアは多岐にわたります。

近年は技術進化のスピードが速く、常に新しい技術を取り入れる必要があるため、対象となる業種や製品によっては担当領域が細分化される傾向が顕著になってきました。例えば1台の自動車の設計であっても、ボディの設計とエンジンの設計では必要なスキルが異なります。エンジニアとしてのキャリア形成や転職を考える際には、細分化された工程のどの部分の経験があるかに自覚的になる必要があるでしょう。

転職したい職種と、
自分の志向性は合ってる?
キャリアタイプ診断を受ける

モノづくり系エンジニアの職種 一覧(10職種)

doda職種図鑑では、モノづくり系エンジニアを10にカテゴライズしています。それぞれの詳細な仕事内容などについては、個別ページをチェックしてみましょう。

ほかの職種を見る

ほかの職種を見る

転職したい職種と、自分の志向性は合ってる?
キャリアタイプ診断を受ける
希望する職種への転職をdodaに相談する
エージェントサービスに申し込む(無料)
やりたい仕事を探そう!モノづくり系エンジニアの求人
求人情報を検索する

職種図鑑TOPに戻る

\ dodaは求人数10万件以上! /

エージェントによる履歴書作成や
面接対策のサポートも充実!

会員登録する(無料)

ログインはこちら

適職探しのヒントが見つかる!転職タイプ診断

  • 転職フェアオンライン