スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

気になるあの職種の仕事内容や種類は?

クリエイティブとは

プロデューサー/ディレクター/プランナー(出版/広告/Web/映像関連)、デザイナー/クリエイター(出版/広告/Web/映像関連)、ゲームクリエイター(Web・モバイル・ソーシャル) など

クリエイティブの職種にはどんなものがあるのでしょうか?インターネットの普及やIT技術の革新でコンテンツのデジタル化が進む中、クリエイティブをとりまく環境や業界は大きく変化しています。ここでは、そんなクリエイティブの職種とその仕事内容についてご紹介します。

クリエイティブの仕事とは?

クリエイティブには、直訳すると「創造的」「創作的」「独創的」という意味があり、さまざまなジャンルで何かを創造する人を一般的にクリエイターと呼びます。

クリエイターが活躍する場は、広告業界、映像業界、Web業界、ファッション業界、ゲーム業界、EC事業など多岐にわたります。IT技術の進歩によりコンテンツ制作の環境は変化が著しく、書籍や音楽・映像、広告などさまざまなモノやサービスのデジタル化が進んできました。電子書籍や動画配信はすでに生活に密着した身近なものとなり、クリエイターに求められるスキルも、デジタル化と無関係ではいられなくなっています。

クリエイティブの種類

クリエイティブの仕事には、プロデューサーやディレクター、プランナーなどの企画・管理系から、デザイナーや編集、ライターなどの制作系まで幅広い職種があり、それぞれの職種は扱うメディアやコンテンツによって細分化されてきました。Web関連では専門スキルがより重視される傾向が強くなっており、UIまたはUXまでカバーできるWebデザイナーや、ユーザー動向を数値分析できるWebディレクターなどの経験者のニーズが高くなっています。

クリエイティブの仕事内容は、働く会社の業態によっても異なります。特にWeb関連職種は、事業会社で働く場合は自社のサービスやコンテンツを制作するため、企業イメージやコンテンツのコンセプトを深く理解したうえで制作します。対象が自社コンテンツに限られるというのも特徴です。

一方、代理店や制作会社で働く場合は、クライアントの要望に沿ってコンテンツを制作するため、さまざまな業種やサービスに対応したコンテンツの制作を手掛けることになります。転職先を選ぶ際には、同じクリエイティブの職種でも、事業会社では自社の商品やサービスにじっくりと取り組める、代理店や制作会社では幅広い業務を経験できるといったように違いがあることを認識しておきましょう。

▼最新の採用動向は「転職市場予測」や「転職求人倍率レポート」でチェックしましょう。

転職市場予測 クリエイティブ
転職求人倍率レポート
転職したい職種と、
自分の志向性は合ってる?
キャリアタイプ診断を受ける

クリエイティブの職種 一覧(5職種)

doda職種図鑑では、クリエイティブの仕事を5つに分類しています。それぞれの職種の詳しい仕事内容については、職種一覧からチェックしてみましょう。

ほかの職種を見る

ほかの職種を見る

転職したい職種と、自分の志向性は合ってる?
キャリアタイプ診断を受ける
希望する職種への転職をdodaに相談する
エージェントサービスに申し込む(無料)
あの職種の求人は?まずは新着の求人情報をチェック!
求人情報を検索する

職種図鑑TOPに戻る

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?