編集/記者/ライター(出版/広告/Web)のイメージ

クリエイティブ

編集/記者/ライター(出版/広告/Web)

雑誌やWebの記事や広告などのコンテンツのキャッチコピー、ボディコピー、本文などを担当します。読者やユーザーの潜在的なニーズを捉え、興味関心をそそるような記事・コンテンツを作ります。これまでは「性別・年齢・職業」といった大まかな属性で読者をターゲティングする方法が主流でしたが、現在では読者の趣味や嗜好、家族構成、生活スタイルが細分化していることを背景に、よりきめ細かなターゲット設定が必要になりました。

また、Webの場合には、記事・コンテンツの制作にとどまらず、読者を増やすためのSEO対策やSNS展開、UIやUXまで踏み込んだ編集が求められているほか、情報を取捨選択してまとめるキュレーションのスキルも期待されています。

編集/記者/ライターの主な仕事内容

編集者の仕事は、主に出版物の企画、予算管理、取材や原稿の編集などです。近年では、紙媒体から電子書籍・Webマガジンなどのデジタルコンテンツへの移行や、Webサイトのコンテンツの増加にともない、Web編集者やWebライターのニーズも高まっています。紙媒体の出版物と違い、Web媒体の場合はユーザーの反応がよりダイレクトに数値になって表れます。そのためWeb編集者には、記事の編集だけでなく、常にアクセス数などのデータを意識して記事を再編集したり、SNSでの拡散方法を工夫したりするスキルも求められます。

記者の仕事内容は、事件やイベントなどについて取材をもとに記事にまとめて発表することで、新聞社に所属する「新聞記者」、出版社に所属する「雑誌記者」、テレビ局に所属する「放送記者」などがあります。新聞記者や雑誌記者は、事件、政治経済、スポーツ、ファッションなどさまざまな分野に担当が分かれており、業務を通じて専門性が養われます。放送記者は、各種情報を視聴者にリアルタイムに伝える仕事で、現場で取材を行って直接視聴者に情報を伝える記者と、取材内容をニュース番組として放送するために編集する記者とに分かれます。

ライターは、雑誌などの紙面やWebサイトなどに掲載する文章を書くことが主な仕事で、出版社やWebメディアの運営会社といったクライアントからの依頼内容に沿って記事を執筆します。打ち合わせや取材、記事の構成企画、中には簡単な画像の編集やデザインまで作成する人もいるなど、複数の工程を担当するケースもあります。

やりたい仕事を探そう!編集/記者/ライターの求人
求人情報を検索する
転職したい職種と、自分の志向性は合ってる?
キャリアタイプ診断を受ける

編集/記者/ライターの63%が1回以上の転職を経験

編集/記者/ライター(出版/広告/Web)の平均年収は405.0万円で、ボーナスは冬が62.2万円、夏が59.5万円という結果でした。年収分布では300万~400万円未満の層が33%と最も多くなっています。

また、編集/記者/ライター(出版/広告/Web)の転職回数は平均1.3回で、63%の人が1回以上の転職を経験していることが分かりました。最多は0回の37%ですが、4回以上の転職経験を持つ人も10%にのぼっています。IT系やクリエイティブ系の職種では転職回数が多くなる傾向にありますが、これらの職種では専門性を活かして幅広い分野で活躍したり、独立してフリーランスで働く人なども多く、ほかの分野の職種に比べると転職など働き方への考え方が柔軟なことが、影響しているのかもしれません。

平均年収

平均年収405.0万円

手取りではない支給額

男女比

編集/記者/ライター(出版/広告/Web)に
転職した人の
転職回数

編集/記者/ライター(出版/広告/Web)に転職した人の転職回数1.3

2019年
冬のボーナス

冬のボーナス62.2万円

2020年
夏のボーナス

夏のボーナス59.5万円

編集/記者/ライター(出版/広告/Web)の
転職希望者の年齢

編集/記者/ライター(出版/広告/Web)の転職希望者の年齢34.2

編集/記者/ライター(出版/広告/Web)の人のなかで、転職を考えている人の平均年齢

編集/記者/ライター(出版/広告/Web)に
転職した人の年齢

編集/記者/ライター(出版/広告/Web)に転職した人の年齢31.6

あなたの年収は適正?その場で結果が分かるカンタン年収診断
3分で完了!年収査定を受ける

同じ編集/記者/ライターの職種で転職している人が多数

転職前と後の職種は、いずれも1位が「編集/記者/ライター(出版/広告/Web)」という結果で、活躍の場は移っても、同じ職種でキャリアを活かせる転職をかなえている人が多いことが分かりました。

また、転職前の職種の2位(8%)と、転職後の職種の3位(10%)には「プロデューサー/ディレクター/プランナー(出版/広告/Web/映像関連)」がランクインしており、プロジェクト全体を管理するポジションから専門性に特化した編集/記者/ライターに転職する人や、反対に、専門職としての経験を活かして全体を管理するポジションへとキャリアチェンジをしている人が一定数いることも見てとれます。

1カ月当たり残業時間

1カ月当たり残業時間22.7時間

年間休日

年間休日120.2

TOEIC(R)テスト

TOEIC(R)テスト730.7

持っている資格

順位 資格名 割合
1 高等学校教諭一種 2%
1 学芸員・学芸員補 2%
3 中学校教諭一種 1%
3 実用英語技能検定2級 1%
3 図書館司書 1%

自動車、自動二輪車免許を除く

転職前の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 編集/記者/ライター(出版/広告/Web) 49%
2 プロデューサー/ディレクター/プランナー(出版/広告/Web/映像関連) 8%
3 販売/接客/売り場担当 2%
3 施工管理 2%
3 広告/メディアの営業 2%

編集/記者/ライター(出版/広告/Web)に転職した人の「転職前」の職種

転職後の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 編集/記者/ライター(出版/広告/Web) 38%
2 リサーチ/市場調査 12%
3 プロデューサー/ディレクター/プランナー(出版/広告/Web/映像関連) 10%
4 広告/メディアの営業 6%
5 商品企画/サービス企画 5%

編集/記者/ライター(出版/広告/Web)から転職した人の「転職先」の職種

転職したい職種と、自分の志向性は合ってる?
キャリアタイプ診断を受ける
希望する職種に転職できる?キャリアアドバイザーに相談しよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
やりたい仕事を探そう!編集/記者/ライターの求人
求人情報を検索する
調査概要

※記事中の割合データは、四捨五入の関係で合計値が100%にならない場合があります。

平均年収、男女比、転職希望者の年齢

調査対象
dodaエージェントサービスに登録した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2019年7月~2020年6月
有効回答数
約740,000人

TOEIC(R)テストの点数、持っている資格

調査対象
dodaエージェントサービスに登録した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2019年7月~2020年6月
有効回答数
約310,000人

転職前の職種、転職後の職種、転職した人の年齢、転職回数

調査対象
dodaエージェントサービスを利用して転職した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2019年7月~2020年6月
有効回答数
約30,000人

冬のボーナス・夏のボーナス、残業時間、年間休日

調査対象
22~59歳のホワイトカラー、正社員のビジネスパーソン
調査方法
ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
(ネットリサーチ会社保有のデータベースを元に実施、
doda会員登録は不問)
調査期間
2020年8月
有効回答数
15,000人
このエントリーをはてなブックマークに追加

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?