IT/通信系エンジニア

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアとはどんな仕事?

ITのインフラの中でサーバーの構築と運営・保守に特化しているのがサーバーエンジニアです。デバイスの多様化やアクセス速度を上げる必要性、セキュリティ強化、情報の大量化という課題に、サーバーの新設とサーバーの入れ替えを通して取り組むことで、ITシステムのインフラを支えています。「構築」としては、サーバーの選定、設計、OSのインストールなどをしています。法人も個人もデータをクラウド上で管理するケースが増えていることを背景に、クラウド構築ができるエンジニアへのニーズが高まっています。「運営・保守」は、障害が起きた時にスピーディーな復旧をするなど、安定してサーバーを利用するための仕事です。活躍の場はITサービスの事業会社やソフトウェアメーカー、コンサルティングファームなどで、顧客先に常駐することが多い職種です。

平均年収

479.5万円

手取りではない支給額

男女比

転職前の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 サーバーエンジニア 34%
2 社内SE 28%
3 ネットワークエンジニア 17%
4 テクニカルサポート/ヘルプデスク 7%
5 アプリケーションエンジニア 3%

サーバーエンジニアに転職した人の「転職前」の職種

転職後の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 サーバーエンジニア 38%
2 社内SE 29%
3 ネットワークエンジニア 8%
4 アプリケーションエンジニア 5%
5 データベース/セキュリティエンジニア 4%

サーバーエンジニアから転職した人の「転職先」の職種

サーバーエンジニアの
転職希望者の年齢

33.5

サーバーエンジニアに
転職した人の年齢

31.9

サーバーエンジニアに
転職した人の
転職回数

1.1

2017年
冬のボーナス

62.1万円

2018年
夏のボーナス

62.5万円

1カ月当たり残業時間

23.8時間

年間休日

121.7

TOEIC(R)テスト

643.3

持っている資格

順位 資格名 割合
1 基本情報技術者試験 18%
2 ITIL資格認定試験
Foundation Certification
9%
3 応用情報技術者 8%
4 LPICレベル1 6%
5 ITパスポート 5%

自動車、自動二輪車免許を除く

サーバーエンジニアの求人特集

サーバーエンジニア
への転職をdodaに相談する
dodaに相談する転職コンサルティング
サーバーエンジニア
と自分の志向性は合ってる?“本当の自分”を知る
キャリアタイプ診断を受ける
サーバーエンジニア
の年収と自分の適正年収との差はどのくらい?
年収査定をやってみる

調査概要

平均年収、男女比、転職希望者の年齢

調査対象
dodaエージェントサービスに登録した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2017年7月~2018年6月
有効回答数
約580,000人

TOEIC(R)テストの点数、持っている資格

調査対象
dodaエージェントサービスに登録した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2017年7月~2018年6月
有効回答数
約410,000人

転職前の職種、転職後の職種、転職した人の年齢、転職回数

調査対象
dodaエージェントサービスを利用して転職した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2017年7月~2018年6月
有効回答数
約29,000人

冬のボーナス・夏のボーナス、残業時間、年間休日

調査対象
22~59歳のホワイトカラー、正社員のビジネスパーソン
調査方法
ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
(ネットリサーチ会社保有のデータベースを元に実施、
doda会員登録は不問)
調査期間
2018年6月
有効回答数
15,000人
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツキャリアフォーラム6月14日開催 ベルサール飯田橋ファースト 「20代の転職フェア」共同開催 doda×エン転職