臨床開発関連のイメージ

医療系専門職

臨床開発関連

臨床開発の仕事には、CRA(Clinical Research Associate:臨床開発モニター)やCRC(Clinical Research Coordinator:治験コーディネーター)などがあり、いずれも実際の患者に投薬して、薬の効果や副作用などのデータを収集・分析します。CRAはモニタリング業務やCRF(Case Report Form:症例報告書)の作成など、治験そのものに関わる仕事で、CRCはインフォームドコンセントや心のケアなど、治験患者に対応します。

CRAやCRCの活躍の場は、製薬会社、医療機器メーカーだけでなく、臨床開発業務を請け負うCRO(Clinical Research Organization:医薬品開発受託機関)にも広がっています。国内の案件だけでなく、国際共同治験が増加していることから、臨床開発の仕事においては英語力が必須のスキルです。

臨床開発関連の主な仕事内容

臨床開発とは、製薬会社や医療機器メーカーが開発した医薬品や医療機器を製造・販売するために、国から承認を受けることを目的に行う仕事です。

医薬品や医療機器が国から承認を受けるためには安全性や有効性についての高い基準をクリアしている必要があり、これらの証明のために「治験」と呼ばれる試験結果のデータ収集を目的とした臨床試験が行われます。臨床開発の仕事は、この治験の企画から実施、モニタリング、承認申請まで多岐にわたります。

臨床開発関連の主な職種にはCRA(臨床開発モニター)とCRC(治験コーディネーター)があります。CRAは、製薬会社などが医療機関と連携して治験を行う際に、病院内で治験が正しく行われているかモニタリングして指導を行ったり、症例に関する報告書とカルテとを照合して確認したりする仕事です。CRCは、製薬会社などと医師、治験協力者の間でスムーズに治験が進むよう調整をすることが主な役割です。

そのほか、治験の計画から予算の管理まで全体の進行管理を行うプロジェクトマネジメントや、治験結果をデータにまとめて分析する職種、承認申請の手続きを行う職種など、臨床開発関連の職種は細かく分かれます。

近年、製薬会社や医療機器メーカーは治験をCRO(医薬品開発受託機関)やSMO(治験施設支援機関)と呼ばれる企業に委託するケースが増えているため、臨床開発関連の職種の勤務先もこれらが多くなっています。

CROは、製薬会社などから治験業務を受託して支援を行う機関で、試験実施計画書の作成やモニタリング、症例の登録やデータ分析などを行います。SMOは、治験を実施する医療機関の支援が主な役割で、CRC(治験コーディネーター)を医療機関に派遣し、治験を行うための各種事務手続きの準備や、医師・治験協力者への教育といったサポートを行います。

やりたい仕事を探そう!臨床開発関連の求人
求人情報を検索する
転職したい職種と、自分の志向性は合ってる?
キャリアタイプ診断を受ける

女性の割合が約6割を占め、医療系専門職の中では最も高い

臨床開発関連の男女比は男性が41%、女性が59%で、医療系専門職の6職種の中では女性の割合が最も高い結果になりました。また、平均年収は520.5万円で、医療系専門職の中で3番目に高く、ボーナスは冬・夏ともに約60万円で最も高くなりました。

平均年収

平均年収520.5万円

手取りではない支給額

男女比

臨床開発関連に
転職した人の
転職回数

臨床開発関連に転職した人の転職回数1.0

2019年
冬のボーナス

冬のボーナス60.1万円

2020年
夏のボーナス

夏のボーナス58.2万円

臨床開発関連の
転職希望者の年齢

臨床開発関連の転職希望者の年齢33.9

臨床開発関連の人のなかで、転職を考えている人の平均年齢

臨床開発関連に
転職した人の年齢

臨床開発関連に転職した人の年齢32.4

あなたの年収は適正?その場で結果が分かるカンタン年収診断
3分で完了!年収査定を受ける

薬剤師や臨床検査技師など、医療系ならではの資格がランクイン

持っている資格のランキングでは、1位に「薬剤師」(11%)、2位に臨床検査関連の資格である「臨床検査技師」(5%)がランクインしたほか、「看護師」(2 %)、「保健師」(2%)と医療系の資格が並びました。

1位の薬剤師は、医薬品全般に関する豊富な知識を持つ薬の専門家で、薬剤師国家試験に合格すると厚生労働大臣から与えられる資格です。臨床開発関連の職種は医薬品を扱うことから、薬剤師の資格を保有していると活躍の場が広がることも多く、転職の場面でも強みになるでしょう。

1カ月当たり残業時間

1カ月当たり残業時間22.2時間

年間休日

年間休日110.5

TOEIC(R)テスト

TOEIC(R)テスト703.3

持っている資格

順位 資格名 割合
1 薬剤師 11%
2 臨床検査技師 5%
3 看護師 2%
3 高等学校教諭一種 2%
3 保健師 2%

自動車、自動二輪車免許を除く

転職前の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 臨床開発関連 65%
2 研究/開発(素材/化学/食品系) 3%
2 研究(医療系) 3%
4 一般事務アシスタント 2%
4 品質管理/品質保証(医療系) 2%

臨床開発関連に転職した人の「転職前」の職種

転職後の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 臨床開発関連 62%
2 品質管理/品質保証(医療系) 8%
3 薬事 3%
3 研究(医療系) 3%
3 学術/メディカルサイエンスリエゾン 3%

臨床開発関連から転職した人の「転職先」の職種

転職したい職種と、自分の志向性は合ってる?
キャリアタイプ診断を受ける
希望する職種に転職できる?キャリアアドバイザーに相談しよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
やりたい仕事を探そう!臨床開発関連の求人
求人情報を検索する
調査概要

※記事中の割合データは、四捨五入の関係で合計値が100%にならない場合があります。

平均年収、男女比、転職希望者の年齢

調査対象
dodaエージェントサービスに登録した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2019年7月~2020年6月
有効回答数
約740,000人

TOEIC(R)テストの点数、持っている資格

調査対象
dodaエージェントサービスに登録した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2019年7月~2020年6月
有効回答数
約310,000人

転職前の職種、転職後の職種、転職した人の年齢、転職回数

調査対象
dodaエージェントサービスを利用して転職した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2019年7月~2020年6月
有効回答数
約30,000人

冬のボーナス・夏のボーナス、残業時間、年間休日

調査対象
22~59歳のホワイトカラー、正社員のビジネスパーソン
調査方法
ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
(ネットリサーチ会社保有のデータベースを元に実施、
doda会員登録は不問)
調査期間
2020年8月
有効回答数
15,000人
このエントリーをはてなブックマークに追加

転職タイプ診断