スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

【全100職種】あの職種とはどんな仕事?doda職種図鑑
IT/通信系エンジニア

ITコンサルタント(アプリ)とはどんな職種?仕事内容/年収/転職事情を解説

総合コンサルティングファームやITに特化したコンサルティングファーム、SIerなどで、ITシステムの導入、開発、リニューアルに関するコンサルティングをします。中でもエンドユーザーとの接点となるアプリケーションが担当領域です。

クライアントの抱える事業課題を解決して利益をもたらすためには、どんなシステムが必要かをヒアリングして構想し、要件やスケジュール、コストを提案します。システムを構築するために必要なインフラや環境の提案も含まれます。システム開発にあたっては、インフラコンサルタントとの連携が不可欠となっています。

ITコンサルタント(アプリ)の仕事データ

収入

年収

625.4万円

「IT/通信系エンジニア」職種の平均年収は444.5万円

年間ボーナス

136.6万円

残業・休日

月間残業時間

26.1時間

年間休日

115.6

ITコンサルタント(アプリ)の仕事内容とは

「ITコンサルタント」の中でも、主にアプリケーション領域のコンサルティングを専門とした職種です。

ITおよびシステムに関する豊富な専門知識を活かして、クライアントから業務範囲やフロー、経営戦略などをヒアリングし、課題を分析して、問題解決に向けた新システムの導入や設計などの提案を行います。提案採用後はプロジェクトの運営にも関わって全体の進捗管理までを担当することもあるため、業務内容は多岐にわたります。

プロジェクトにおける立ち位置やフェーズにもよりますが、業務プロセス設計、プロセスをシステムに落とし込む業務システム設計、さらには開発したアプリケーションの動作テストなどの検証作業まで行う場合もあります。

提案するサービスには、財務や人事などの基幹業務を一元管理するERPパッケージや、顧客との関係構築・満足度向上のためのCRMシステムなどがあります。

ITコンサルタントは、クライアントの課題分析から解決のための提案、プロジェクト管理などを広く担うため、経営層からエンドユーザーまで幅広い層に対する高いコミュニケーション力とコンサルタントとしての論理的思考力が求められます。日々進化するIT技術に関心を持ち、常に最新の知識を取り入れる情報収集力も必要です。また、ハードな働き方にも耐えられる体力やプレッシャーに強いなどのメンタル面のタフさも重要になるでしょう。

ITコンサルタント(アプリ)の年収詳細

平均年収

平均年収

625.4万円

「IT/通信系エンジニア」職種の平均年収は444.5万円

「ITコンサルタント(アプリ)」の平均年収は625.4万円で、「IT/通信系エンジニア」12職種中「プリセールス」に次いで2番目です。クライアントの経営課題を解決するという大きなミッションに対し、IT戦略の提案から、ときにはプロジェクト管理まで、幅広い業務内容に加えて、専門的な知識やスキルが求められることから高水準となっています。

年収分布

  • この職種の平均
  • 「IT/通信系エンジニア」職種の平均

最も多い年収帯は500万円台の20%で、次いで400万円台が17%、600万円台が14%となっています。1,000万円以上は11%となっていますが、10%以上になるのは職種図鑑全体でも11職種しかありません。

年間ボーナス

年間ボーナス

136.6万円

夏のボーナス…68.4万円

冬のボーナス…68.2万円

「ITコンサルタント(アプリ)」の年間ボーナスは136.6万円で、「IT/通信系エンジニア」12職種中3番目です。

ITコンサルタント(アプリ)に転職した人はどんな人が多い?

転職年齢

転職年齢

30.6

「IT/通信系エンジニア」職種の平均年齢は31.5歳

  • この職種の平均
  • 「IT/通信系エンジニア」職種の平均

「ITコンサルタント(アプリ)」に転職した人の平均年齢は30.6歳です。年齢の内訳を見ると最も多い年齢層は25~29歳で49%となっています。

前は何の仕事をしていた?

順位

職種

割合

転職前の職種は「アプリケーションエンジニア」が33.5%で最多となっていますが、「IT/通信系エンジニア」職種以外に転職したケースも見られます。

何回目の転職だった?

「ITコンサルタント(アプリ)」に転職したのがはじめてだった人が67%で最多となりました。

どんな資格を持っている?

順位

資格

割合

  • 1

    基本情報技術者試験

    3.6%

  • 2

    日商簿記検定2級

    2.7%

  • 3

    ITパスポート

    1.9%

  • 4

    応用情報技術者

    1.7%

  • 5

    情報処理技術者試験第二種

    1.2%

「ITコンサルタント(アプリ)」になるために必須の資格はありませんが、ITコンサルタント(アプリ)のうち最も多くの人が保有している資格は「基本情報技術者試験」、2番目が「日商簿記検定2級」でした。経営課題の解決に向けたIT戦略を立案するためには、財務情報に関する知識が必要になることも一因として考えられます。

TOEIC(R)スコアの平均は?

TOEIC

757.0

「ITコンサルタント(アプリ)」におけるTOEIC(R)受験者の平均点は757.0点で、「IT/通信系エンジニア」12職種中トップです。

ITコンサルタント(アプリ)からの転職

次に就いたのはどんな仕事?

順位

職種

割合

  • 1

    アプリケーションエンジニア

    34.8%

  • 2

    社内SE

    24.7%

  • 3

    ITコンサルタント(アプリ)

    11.2%

  • 4

    Webエンジニア

    6.7%

  • 5

    コンサルタント

    4.5%

「ITコンサルタント(アプリ)」の次に就いた職種は「アプリケーションエンジニア」が34.8%で最多です。2位以下も同じ「IT/通信系エンジニア」職種が多く、培ったスキルや経験を活かして業界や企業を移る転職をする人が多いことが分かります。

転職したい職種と、自分の志向性は合ってる?
キャリアタイプ診断を受ける
希望する職種に転職できる?キャリアアドバイザーに相談しよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
やりたい仕事を探そう!ITコンサルタント(アプリ)の求人
求人情報を検索する

ほかの職種図鑑を見る

職種一覧

営業の職種(16職種)

企画/管理の職種(14職種)

事務/アシスタントの職種(11職種)

IT/通信系エンジニアの職種(12職種)

モノづくり系エンジニアの職種(10職種)

建築/土木系エンジニアの職種(6職種)

素材/化学/食品系エンジニアの職種(4職種)

医療系専門職(6職種)

金融系専門職(3職種)

コンサルタント/不動産専門職(2職種)

コンサルタント/不動産専門職2職種のデータです

販売/サービスの職種(11職種)

クリエイティブの職種(5職種)

調査概要 ※記事中の割合データは、四捨五入の関係で合計値が100%にならない場合があります。

■平均年収、男女比、転職希望者の年齢

調査対象
dodaサービスに登録した
ビジネスパーソン
調査期間
2020年7月~2021年6月
有効回答数
約700,000人

■TOEIC(R)テストの点数、持っている資格

調査対象
dodaサービスを利用して転職した
ビジネスパーソン
調査期間
2019年7月~2020年6月
有効回答数
約310,000人

■転職後の職種、転職した人の年齢、転職回数

調査対象
dodaエージェントサービスを利用して転職した
ビジネスパーソン
調査期間
2020年7月~2021年6月
有効回答数
約26,000人

■冬のボーナス・夏のボーナス、残業時間、年間休日

調査対象
20~59歳、正社員のビジネスパーソン
調査方法
ネットリサーチ会社を利用した
インターネット調査
(ネットリサーチ会社保有のデータベースを
元に実施、doda会員登録は不問)
調査期間
2021年8月
有効回答数
15,000人
このエントリーをはてなブックマークに追加

\ dodaは求人数10万件以上! /

エージェントによる履歴書作成や
面接対策のサポートも充実!

会員登録する(無料)

ログインはこちら

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?
ハイクラス転職サービスdodaX

  • doda転職オンライン予備校