プリセールスのイメージ

IT/通信系エンジニア

プリセールス

ITエンジニアのキャリアパスの一つです。ITシステム開発経験の豊富なエンジニアが、そのキャリアをバックボーンとして営業部門で活躍します。クライアントを担当する社内の営業担当者に同行して、自社が提案するシステムやパッケージ製品についての説明をします。

商材であるシステムそのものだけでなく、開発工程や導入プロセスについても、システム開発の経験を活かして論理的かつ明快に説明をする必要があります。クライアントの疑問や要求に対してエンジニアの知見を裏付けとして回答し、最適な施策を提案することで、商談を成功に導くのが役割です。

プリセールスの主な仕事内容

「プリセールスエンジニア」とも呼ばれるプリセールスの仕事内容は、ITエンジニアとしての知識や知見を活かして営業担当をサポートすることです。

ITシステムの導入を検討しているクライアントに対し、自社の営業担当者とともにクライアントの細かなニーズをヒアリングし、自社製品やサービスでの対応可否の判断および解決策、導入までに必要な工数や日程などを提案します。

主に提案全体の調整をする営業担当者に対して、プリセールスはクライアントから技術的な課題やニーズを引き出して技術面から商談をサポートし、クライアントの意思決定を支援することが主な役割で、双方の橋渡し役ともいえます。企業によっては成約までで終わりではなく、システム導入時の設定や使用方法のレクチャー、問い合わせ対応などの技術的なサポートまで担う場合もあります。

また、プリセールスとITコンサルタントも混同されがちです。どちらも提案を行うという点では共通していますが、プリセールスが営業担当者のサポートをするのに対して、ITコンサルタントは自身の知識やノウハウそのものを商品としてクライアントの課題を解決するという点で異なります。

プリセールスには、ソフトウェアやインフラ、最新のIT技術全般に関する専門知識のほか、クライアントに対して自社製品やサービスを効果的にアピールするためのプレゼンテーションスキルや課題解決力も求められます。ITエンジニアとしてのキャリアがあれば、その経験や知識を活かしてクライアントにより適切な提案ができる可能性が高まりますから、プリセールスとしての評価を積み上げやすいでしょう。

また、営業の場に同席するためコミュニケーションスキルが必須になることはもちろん、英語のスキルがあれば、最新のIT技術についての英語サイトや文献を翻訳してインプットしたり、提案に取り入れられたりしますから、ほかのプリセールスから頭一つ抜け出すには重要な要素となります。

やりたい仕事を探そう!プリセールスの求人
求人情報を検索する
転職したい職種と、自分の志向性は合ってる?
キャリアタイプ診断を受ける

プリセールスの年収はIT/通信系エンジニアの職種の中でトップ

プリセールスの平均年収は626.7万円で、IT/通信系エンジニアの12職種の中で最も高くなりました。年収分布では400万~500万円未満が18%と最も多いですが、1,000万円以上の層も12%にのぼり、職種図鑑の全100職種の中では9番目の高さとなりました。

平均年収

平均年収626.7万円

手取りではない支給額

男女比

プリセールスに
転職した人の
転職回数

プリセールスに転職した人の転職回数0.7

プリセールスの
転職希望者の年齢

プリセールスの転職希望者の年齢36.3

プリセールスの人のなかで、転職を考えている人の平均年齢

プリセールスに
転職した人の年齢

プリセールスに転職した人の年齢32.2

あなたの年収は適正?その場で結果が分かるカンタン年収診断
3分で完了!年収査定を受ける

エンジニア系職種のほか、営業からプリセールスに転職する人も

転職前の職種を見ると、「アプリケーションエンジニア」(18%)や「社内SE」(10%)などエンジニア系の職種が上位に挙がりましたが、営業のスキルが活かせるということもあり、「IT/通信/インターネットの営業」も10%で2位になりました。

TOEIC(R)テスト

TOEIC(R)テスト639.6

持っている資格

順位 資格名 割合
1 ITパスポート 4%
1 基本情報技術者試験 4%
3 応用情報技術者 2%
3 マイクロソフト認定資格(MCP) 2%
3 PMP(Project Management Professional) 2%

自動車、自動二輪車免許を除く

転職前の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 アプリケーションエンジニア 18%
2 IT/通信/インターネットの営業 10%
2 社内SE 10%
4 サーバーエンジニア 7%
5 ネットワークエンジニア 6%

プリセールスに転職した人の「転職前」の職種

転職後の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 アプリケーションエンジニア 17%
2 プリセールス 9%
2 社内SE 9%
2 ITコンサルタント(アプリ) 9%
2 データベース/セキュリティエンジニア 9%

プリセールスから転職した人の「転職先」の職種

転職したい職種と、自分の志向性は合ってる?
キャリアタイプ診断を受ける
希望する職種に転職できる?キャリアアドバイザーに相談しよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
やりたい仕事を探そう!プリセールスの求人
求人情報を検索する
調査概要

※記事中の割合データは、四捨五入の関係で合計値が100%にならない場合があります。

平均年収、男女比、転職希望者の年齢

調査対象
dodaエージェントサービスに登録した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2019年7月~2020年6月
有効回答数
約740,000人

TOEIC(R)テストの点数、持っている資格

調査対象
dodaエージェントサービスに登録した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2019年7月~2020年6月
有効回答数
約310,000人

転職前の職種、転職後の職種、転職した人の年齢、転職回数

調査対象
dodaエージェントサービスを利用して転職した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2019年7月~2020年6月
有効回答数
約30,000人

冬のボーナス・夏のボーナス、残業時間、年間休日

調査対象
22~59歳のホワイトカラー、正社員のビジネスパーソン
調査方法
ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
(ネットリサーチ会社保有のデータベースを元に実施、
doda会員登録は不問)
調査期間
2020年8月
有効回答数
15,000人
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校