営業

金融業界の法人営業

金融業界の法人営業とはどんな仕事?

金融業界の法人営業として代表的なのは、銀行と証券会社の営業。どちらも企業や団体に対して資金調達を提案し、事業成長を支援する仕事です。銀行の法人営業が扱うのは現金で、証券会社は株式や社債を扱います。いずれも、顧客は経営者や役員、財務部門の責任者など、専門知識のある相手がほとんどなので、高度な金融知識や高いコミュニケーション能力が必要です。少子化や低金利などによる国内市場の縮小を背景に、海外展開によるマーケット拡大や、ITを用いた利便性を追求する「FinTech(フィンテック)」などを進める企業が増加。金融のスペシャリストとも言える法人営業の役割はますます重要になっていくでしょう。

平均年収

513.2万円

手取りではない支給額

男女比

転職前の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 金融業界の法人営業 25%
2 金融業界の個人営業 21%
3 金融業界の代理店営業 6%
4 食品/消費財メーカーの営業 3%
4 人材サービスの営業 3%

金融業界の法人営業に転職した人の「転職前」の職種

転職後の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 金融業界の法人営業 24%
2 コンサルタント 7%
2 金融業界の個人営業 7%
4 経理/財務/税務/会計 5%
5 電機メーカーの営業 4%

金融業界の法人営業から転職した人の「転職先」の職種

金融業界の法人営業の
転職希望者の年齢

32.2

金融業界の法人営業に
転職した人の年齢

30.1

金融業界の法人営業に
転職した人の
転職回数

0.5

2016年
冬のボーナス

82.6万円

2017年
夏のボーナス

87.1万円

1カ月当たり残業時間

27.4時間

年間休日

126.7

TOEIC(R)テスト

700.0

持っている資格

順位 資格名 割合
1 証券外務員一種 12%
2 ファイナンシャルプランニング技能士2級 7%
2 日商簿記検定3級 7%
2 ファイナンシャル・プランナー2級FP 7%
2 日商簿記検定2級 7%

自動車、自動二輪車免許を除く

金融業界の法人営業の求人特集

金融業界の法人営業
への転職をDODAに相談する
DODAに相談する転職コンサルティング
金融業界の法人営業
と自分の志向性は合ってる?“本当の自分”を知る
キャリアタイプ診断を受ける
金融業界の法人営業
の年収と自分の適正年収との差はどのくらい?
年収査定をやってみる

調査概要

平均年収、男女比、転職希望者の年齢、
TOEIC(R)テストの点数、持っている資格

調査対象
DODAエージェントサービスに登録した22~59歳のビジネスパーソン
調査期間
2016年7月~2017年6月
有効回答数
約590,000人

転職前の職種、転職後の職種、転職した人の年齢、転職回数

調査対象
DODAエージェントサービスを利用して転職した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2016年7月~2017年6月
有効回答数
約26,000人

冬のボーナス・夏のボーナス、残業時間、年間休日

調査対象
22~59歳のホワイトカラー、正社員のビジネスパーソン
調査方法
ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
(ネットリサーチ会社保有のデータベースを元に実施、
DODA会員登録は不問)
調査期間
2017年7月
有効回答数
15,000人
このエントリーをはてなブックマークに追加
無題ドキュメント