営業

食品/消費財メーカーの営業

食品/消費財メーカーの営業とはどんな仕事?

食品や日用雑貨など人々の生活に身近な商品を、問屋や卸、小売業などの法人相手に販売する営業です。自社商品を店舗で魅力的に見せるためのPR方法を小売店に提案したり、店頭で販売支援をすることもあります。自分にとっても身近な商品を扱うため、営業には、自社製品の特長を伝える際や営業戦略を立てる場面で、消費者としての感覚を活かすことができます。食品や化粧品など女性ユーザーが多い、もしくは購入時の意思決定に女性が関わるケースが多い商材やサービスを扱う企業は、営業部門にこそ女性が必要と考えていることから、女性の採用が活発になっています。

平均年収

422.7万円

手取りではない支給額

男女比

転職前の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 食品/消費財メーカーの営業 32%
2 建設/不動産の営業 6%
3 電機メーカーの営業 5%
4 販売/接客/売り場担当 4%
4 小売/外食の営業 4%

食品/消費財メーカーの営業に転職した人の「転職前」の職種

転職後の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 食品/消費財メーカーの営業 18%
2 電機メーカーの営業 8%
3 建設/不動産の営業 5%
3 広告/メディアの営業 5%
3 IT/通信/インターネットの営業 5%

食品/消費財メーカーの営業から転職した人の「転職先」の職種

食品/消費財メーカーの営業の
転職希望者の年齢

35.1

食品/消費財メーカーの営業に
転職した人の年齢

31.2

食品/消費財メーカーの営業に
転職した人の
転職回数

0.8

2016年
冬のボーナス

75.1万円

2017年
夏のボーナス

75.3万円

1カ月当たり残業時間

27.0時間

年間休日

126.6

TOEIC(R)テスト

673.3

持っている資格

順位 資格名 割合
1 日商簿記検定2級 2%
1 日商簿記検定3級 2%
1 フォークリフト運転者 2%
4 販売士検定2級 1%
4 食品衛生責任者 1%

自動車、自動二輪車免許を除く

食品/消費財メーカーの営業の求人特集

食品/消費財メーカーの営業のオススメコンテンツ

食品/消費財メーカーの営業
への転職をdodaに相談する
dodaに相談する転職コンサルティング
食品/消費財メーカーの営業
と自分の志向性は合ってる?“本当の自分”を知る
キャリアタイプ診断を受ける
食品/消費財メーカーの営業
の年収と自分の適正年収との差はどのくらい?
年収査定をやってみる

調査概要

平均年収、男女比、転職希望者の年齢、
TOEIC(R)テストの点数、持っている資格

調査対象
dodaエージェントサービスに登録した22~59歳のビジネスパーソン
調査期間
2016年7月~2017年6月
有効回答数
約590,000人

転職前の職種、転職後の職種、転職した人の年齢、転職回数

調査対象
dodaエージェントサービスを利用して転職した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2016年7月~2017年6月
有効回答数
約26,000人

冬のボーナス・夏のボーナス、残業時間、年間休日

調査対象
22~59歳のホワイトカラー、正社員のビジネスパーソン
調査方法
ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
(ネットリサーチ会社保有のデータベースを元に実施、
doda会員登録は不問)
調査期間
2017年7月
有効回答数
15,000人
このエントリーをはてなブックマークに追加

転職タイプ診断