アプリケーションエンジニアのイメージ

IT/通信系エンジニア

アプリケーションエンジニア

大規模なITシステムに含まれるアプリケーションを作るエンジニアです。分野は幅広く、ITソフトのパッケージ製品や企業内の業務システムを開発することもあれば、銀行ATMや鉄道の自動改札機などの社会的なインフラに関わることもあります。

ITシステムの開発は規模が大きく、サーバーやネットワーク構築、運用フロー設計などに役割分担がされています。その中で、システム内のアプリケーションを担当しているのがこの職種です。SEやプログラマから、プロジェクトを束ねるプロジェクトマネジャー、プロジェクトリーダーまで、プロジェクトにおけるポジションを割り振られます。企業規模や業種を問わずIT投資は盛んなため、長期的にニーズが衰えることはないでしょう。

アプリケーションエンジニアの主な仕事内容

アプリケーションエンジニアは、ITシステムの中で使用するアプリケーションのシステム設計からプログラミング、動作テストなどを主に担いますが、「アプリケーション」といっても複数の種類があります。

1つ目は、業務系アプリケーションです。企業向けに業務効率化や経営課題の改善のためのアプリケーションを開発します。顧客管理システムや人事・経営に関する基幹システム、さらには先述のATMや自動改札機のように公共性の高い大規模プロジェクトを担当することもあります。

2つ目は、Webアプリケーションです。PCやスマートフォンにインストールせずWebブラウザ上で使用できるアプリケーションを開発します。

3つ目は、スマートフォン向けのアプリケーションです。多くの人になじみのある分野で、これからもさらに需要が高まっていくでしょう。

なお、アプリケーションとは、PCやスマートフォン上などで特定の目的のために使用されるOS以外のフトウェアのことを指し、「アプリ」と略されることが多くなっています。

アプリケーションエンジニアには、開発に必要なプログラミング言語のほか、ソフトウェアやハードウェア、ネットワークなどシステム開発全体を見通せるだけの幅広い知識とスキルが求められます。さらにプロジェクトを監督する立場にあれば、メンバーを統括するマネジメントスキルやコミュニケーションスキルも重要になるでしょう。

やりたい仕事を探そう!アプリケーションエンジニアの求人
求人情報を検索する
転職したい職種と、自分の志向性は合ってる?
キャリアタイプ診断を受ける

アプリケーションエンジニアの平均年収は440.4万円。600万円以上の割合は17%

アプリケーションエンジニアの平均年収は440.4万円で、ボーナスは冬が59.0万円、夏が58.8万円という結果でした。年収分布を見ると300万~600万円未満に集中しており、600万円以上の層の割合は17%となっています。

アプリケーションエンジニアに転職した人の平均年齢は30.8歳で、アプリケーションエンジニアとして働いている人たちのうち、転職を考えている人の平均年齢は32.2歳でした。

平均年収

平均年収440.4万円

手取りではない支給額

男女比

アプリケーションエンジニアに
転職した人の
転職回数

アプリケーションエンジニアに転職した人の転職回数0.7

2019年
冬のボーナス

冬のボーナス59.0万円

2020年
夏のボーナス

夏のボーナス58.8万円

アプリケーションエンジニアの
転職希望者の年齢

アプリケーションエンジニアの転職希望者の年齢32.2

アプリケーションエンジニアの人のなかで、転職を考えている人の平均年齢

アプリケーションエンジニアに
転職した人の年齢

アプリケーションエンジニアに転職した人の年齢30.8

あなたの年収は適正?その場で結果が分かるカンタン年収診断
3分で完了!年収査定を受ける

アプリケーションエンジニアには簿記の資格保持者も

アプリケーションエンジニアの保有資格では、情報処理関連のものが上位3位を占めました。これらの資格の顔ぶれは、転職前の職種で割合が多いWebエンジニアと同様になっています。

また、エンジニア系の職種とは一見すると関連がなさそうにも見える経理に関する資格「日商簿記検定3級」(2%)、「日商簿記検定2級」(2%)がランクインしたことも特徴的です。この理由としては、会計システムと連携するアプリケーション開発のプロジェクトでは、クライアントとの打ち合わせ時に会計用語が出てきたり、システム設計時に会計の流れを考慮する必要があることが挙げられます。

1カ月当たり残業時間

1カ月当たり残業時間22.0時間

年間休日

年間休日117.4

TOEIC(R)テスト

TOEIC(R)テスト646.9

持っている資格

順位 資格名 割合
1 基本情報技術者試験 12%
2 応用情報技術者 5%
3 ITパスポート 3%
4 日商簿記検定3級 2%
4 日商簿記検定2級 2%

自動車、自動二輪車免許を除く

転職前の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 アプリケーションエンジニア 49%
2 Webエンジニア 13%
3 社内SE 8%
4 販売/接客/売り場担当 2%
5 品質管理(IT/通信) 1%

アプリケーションエンジニアに転職した人の「転職前」の職種

転職後の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 アプリケーションエンジニア 19%
2 社内SE 8%
3 ITコンサルタント(アプリ) 2%
4 Webエンジニア 1%
4 品質管理(IT/通信) 1%

アプリケーションエンジニアから転職した人の「転職先」の職種

転職したい職種と、自分の志向性は合ってる?
キャリアタイプ診断を受ける
希望する職種に転職できる?キャリアアドバイザーに相談しよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
やりたい仕事を探そう!アプリケーションエンジニアの求人
求人情報を検索する
調査概要

※記事中の割合データは、四捨五入の関係で合計値が100%にならない場合があります。

平均年収、男女比、転職希望者の年齢

調査対象
dodaエージェントサービスに登録した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2019年7月~2020年6月
有効回答数
約740,000人

TOEIC(R)テストの点数、持っている資格

調査対象
dodaエージェントサービスに登録した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2019年7月~2020年6月
有効回答数
約310,000人

転職前の職種、転職後の職種、転職した人の年齢、転職回数

調査対象
dodaエージェントサービスを利用して転職した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2019年7月~2020年6月
有効回答数
約30,000人

冬のボーナス・夏のボーナス、残業時間、年間休日

調査対象
22~59歳のホワイトカラー、正社員のビジネスパーソン
調査方法
ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
(ネットリサーチ会社保有のデータベースを元に実施、
doda会員登録は不問)
調査期間
2020年8月
有効回答数
15,000人
このエントリーをはてなブックマークに追加

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?