IT/通信系エンジニア

アプリケーションエンジニア

アプリケーションエンジニアとはどんな仕事?

大規模なITシステムに含まれるアプリケーションを作るエンジニアです。分野は幅広く、ITソフトのパッケージ製品や企業内の業務システムを開発することもあれば、銀行ATMや鉄道の自動改札機などの社会的なインフラに関わることもあります。開発プロジェクトは大規模で、サーバやネットワーク構築、運用フロー設計などに役割分担がされています。その中で、システム内のアプリケーションを担当しているのがこの職種です。SEやプログラマから、プロジェクトを束ねるプロジェクトマネジャー、プロジェクトリーダーまで、プロジェクトにおけるポジションを割り振られます。企業規模や業種を問わずIT投資は盛んなため、長期的にニーズが衰えることはないでしょう。

平均年収

450.5万円

手取りではない支給額

男女比

転職前の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 アプリケーションエンジニア 52%
2 Webエンジニア 14%
3 社内SE 8%
4 テクニカルサポート/ヘルプデスク 2%
4 組み込みソフトウェア開発 2%

アプリケーションエンジニアに転職した人の「転職前」の職種

転職後の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 アプリケーションエンジニア 23%
2 社内SE 10%
3 Webエンジニア 4%
4 ITコンサルタント(アプリ) 3%
5 コンサルタント 1%

アプリケーションエンジニアから転職した人の「転職先」の職種

アプリケーションエンジニアの
転職希望者の年齢

32.4

アプリケーションエンジニアに
転職した人の年齢

31.1

アプリケーションエンジニアに
転職した人の
転職回数

0.8

2018年
冬のボーナス

68.9万円

2019年
夏のボーナス

70.8万円

1カ月当たり残業時間

29.2時間

年間休日

123.8

TOEIC(R)テスト

649.3

持っている資格

順位 資格名 割合
1 基本情報技術者試験 12%
2 応用情報技術者 5%
3 ITパスポート 2%
3 日商簿記検定3級 2%
5 日商簿記検定2級 1%

自動車、自動二輪車免許を除く

アプリケーションエンジニアの求人特集

アプリケーションエンジニアのオススメコンテンツ

アプリケーションエンジニア
への転職をdodaに相談する
dodaに相談する転職コンサルティング
アプリケーションエンジニア
と自分の志向性は合ってる?“本当の自分”を知る
キャリアタイプ診断を受ける
アプリケーションエンジニア
の年収と自分の適正年収との差はどのくらい?
年収査定をやってみる

調査概要

平均年収、男女比、転職希望者の年齢

調査対象
dodaエージェントサービスに登録した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2018年7月~2019年6月
有効回答数
約630,000人

TOEIC(R)テストの点数、持っている資格

調査対象
dodaエージェントサービスに登録した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2018年7月~2019年6月
有効回答数
約400,000人

転職前の職種、転職後の職種、転職した人の年齢、転職回数

調査対象
dodaエージェントサービスを利用して転職した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2018年7月~2019年6月
有効回答数
約33,000人

冬のボーナス・夏のボーナス、残業時間、年間休日

調査対象
22~59歳のホワイトカラー、正社員のビジネスパーソン
調査方法
ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
(ネットリサーチ会社保有のデータベースを元に実施、
doda会員登録は不問)
調査期間
2019年6月
有効回答数
15,000人
このエントリーをはてなブックマークに追加

転職タイプ診断