医療系専門職

研究(医療系)

研究(医療系)とはどんな仕事?

医薬品や医療技術を研究する仕事です。医療系の研究職の活躍の場は、製薬会社だけでなく、CRO(Contract Research Organization:医薬品開発受託機関)にも広がってきています。新薬の開発については、有力なシーズを持つ外資系企業とのM&Aが活発で、海外チームと協業しながらの研究が増加。疾患では生活習慣病やオンコロジー(がん治療)などは、引き続き研究ニーズが高い領域です。さらに、他国に例を見ないペースで高齢化が進んでいる日本においては、医療に求められることが「治療から予防」に変わってきていることや、内視鏡による手術など患者に負担をかけない低侵襲の治療、またアルツハイマーなどのニーズがあります。

平均年収

516.1万円

手取りではない支給額

男女比

転職前の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 研究(医療系) 58%
2 研究・開発(化学・食品系) 13%
3 品質管理/品質保証(化学・食品系) 4%
3 臨床開発関連 4%
5 機械設計/金型設計/光学設計 2%

研究(医療系)に転職した人の「転職前」の職種

転職後の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 研究(医療系) 40%
2 分析/評価、品質管理/品質保証(医療系) 18%
3 臨床開発関連 12%
4 研究・開発(化学・食品系) 6%
4 学術・メディカルサイエンスリエゾン 6%

研究(医療系)から転職した人の「転職先」の職種

研究(医療系)の
転職希望者の年齢

35.7

研究(医療系)に
転職した人の年齢

31.5

研究(医療系)に
転職した人の
転職回数

1

2015年
冬のボーナス

50.2万円

2016年
夏のボーナス

47.5万円

1カ月当たり残業時間

20.3時間

年間休日

125.7

TOEIC(R)テスト

743.3

持っている資格

順位 資格名 割合
1 薬剤師 8%
2 危険物取扱者-甲種 4%
3 危険物取扱者-乙種 第4類 3%
4 有機溶剤作業主任者 2%
4 獣医師 2%

自動車、自動二輪車免許を除く

研究(医療系)の求人特集

研究(医療系)
への転職をDODAに相談する
DODAに相談する転職コンサルティング
研究(医療系)
と自分の志向性は合ってる?“本当の自分”を知る
キャリアタイプ診断を受ける
研究(医療系)
の年収と自分の適正年収との差はどのくらい?
年収査定をやってみる

調査概要

平均年収、男女比、転職希望者の年齢、
TOEIC(R)テストの点数、持っている資格

調査対象
DODAエージェントサービスに登録した22~59歳のビジネスパーソン
調査期間
2015年7月~2016年6月
有効回答数
約420,000人

転職前の職種、転職後の職種、転職した人の年齢、転職回数

調査対象
DODAエージェントサービスを利用して転職した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2015年7月~2016年6月
有効回答数
約18,000人

冬のボーナス・夏のボーナス、残業時間、年間休日

調査対象
22~59歳のホワイトカラー、正社員のビジネスパーソン
調査方法
ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
(ネットリサーチ会社保有のデータベースを元に実施、
DODA会員登録は不問)
調査期間
2016年6月
有効回答数
15,000人
このエントリーをはてなブックマークに追加

新着コンテンツNEW!