旅行関連の営業のイメージ

営業

旅行関連の営業

インバウンドブームによる訪日外国人の増加や、東京オリンピック、消費者の購買意欲が「モノ」から「コト」に移りつつあるなど、旅行業界にはプラスの要因がいくつもあります。旅行関連の営業には「対法人」と「対個人」があります。「対法人」については、景気回復を受けて、社員旅行や大型シンポジウムなどに再び力を入れる企業が増加。「対個人」は、景気が落ち込んだ時期は「安・近・短」がキーワードでしたが、最近は、北陸新幹線ブームによる高価格帯の国内旅行や、長期休暇を利用した海外旅行のリピートなどが目立っています。

また販売チャネルについては、従来からの旅行代理店だけではなく、Webの比較サイトが台頭。価格帯やプラン内容など、チャネルによって売れる商品や顧客ニーズが異なるため、それぞれの特性を把握した提案が必要です。

やりたい仕事を探そう!旅行関連の営業の求人
求人情報を検索する
転職したい職種と、自分の志向性は合ってる?
キャリアタイプ診断を受ける

平均年収

平均年収393.0万円

手取りではない支給額

男女比

旅行関連の営業の
転職希望者の年齢

旅行関連の営業の転職希望者の年齢31.7

2019年
冬のボーナス

2019年の冬のボーナス50.7万円

2020年
夏のボーナス

2020年の夏のボーナス45.0万円

あなたの年収は適正?その場で結果が分かるカンタン年収診断
3分で完了!年収査定を受ける

1カ月当たり残業時間

1カ月当たり残業時間19.8時間

年間休日

年間休日110.4

TOEIC(R)テスト

TOEIC(R)テスト693.4

持っている資格

順位 資格名 割合
1 旅行業務取扱管理者総合 6%
2 旅程管理主任者 5%
3 旅行業務取扱管理者国内 2%
3 秘書技能検定2級 2%
5 日本損害保険協会 損害保険募集人試験 1%

自動車、自動二輪車免許を除く

転職後の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 小売/外食の営業 44%
2 人材サービスの営業 7%
3 電機メーカーの営業 6%
3 IT/通信/インターネットの営業 6%
5 広告/メディアの営業 5%

旅行関連の営業から転職した人の「転職先」の職種

転職したい職種と、自分の志向性は合ってる?
キャリアタイプ診断を受ける
希望する職種に転職できる?キャリアアドバイザーに相談しよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
やりたい仕事を探そう!旅行関連の営業の求人
求人情報を検索する
調査概要

※記事中の割合データは、四捨五入の関係で合計値が100%にならない場合があります。

平均年収、男女比、転職希望者の年齢

調査対象
dodaエージェントサービスに登録した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2019年7月~2020年6月
有効回答数
約740,000人

TOEIC(R)テストの点数、持っている資格

調査対象
dodaエージェントサービスに登録した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2019年7月~2020年6月
有効回答数
約310,000人

転職前の職種、転職後の職種、転職した人の年齢、転職回数

調査対象
dodaエージェントサービスを利用して転職した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2019年7月~2020年6月
有効回答数
約30,000人

冬のボーナス・夏のボーナス、残業時間、年間休日

調査対象
22~59歳のホワイトカラー、正社員のビジネスパーソン
調査方法
ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
(ネットリサーチ会社保有のデータベースを元に実施、
doda会員登録は不問)
調査期間
2020年8月
有効回答数
15,000人
このエントリーをはてなブックマークに追加

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?