企画/管理

内部監査

内部監査とはどんな仕事?

内部監査は、社内の他部署から独立した立場で、経営や業務に不正や誤りがないかをチェックします。具体的には、経理部門を対象にした「会計監査」や、取締役の職務執行に不正がなく、法令・定款などを遵守して行われているかどうかを調べる「適法性監査」をしています。また、現在ではITが経営戦略上、重要なツールになったことから、IT監査の重要性も高まっています。内部監査担当者には、経理/会計や業務システムの仕組みはもちろんのこと、各部門の業務内容についての深い理解が求められます。

平均年収

672.1万円

手取りではない支給額

男女比

転職前の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 内部監査 23%
2 コンサルタント 10%
2 経営企画/事業企画 10%
2 金融業界の個人営業 10%
5 決済/計理/カストディ 3%

内部監査に転職した人の「転職前」の職種

転職後の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 内部監査 33%
2 生産技術 10%
3 法務/知的財産/特許 5%
3 食品/消費財メーカーの営業 5%
3 商品企画/サービス企画 5%

内部監査から転職した人の「転職先」の職種

内部監査の
転職希望者の年齢

46.1

内部監査に
転職した人の年齢

36.8

内部監査に
転職した人の
転職回数

1.4

2016年
冬のボーナス

81.1万円

2017年
夏のボーナス

79.3万円

1カ月当たり残業時間

29.0時間

年間休日

124.4

TOEIC(R)テスト

738.9

持っている資格

順位 資格名 割合
1 日商簿記検定2級 8%
2 CIA(公認内部監査人) 5%
3 宅地建物取引士 4%
4 ファイナンシャル・プランナーAFP 3%
4 内部管理責任者 3%

自動車、自動二輪車免許を除く

内部監査の求人特集

内部監査のオススメコンテンツ

内部監査
への転職をDODAに相談する
DODAに相談する転職コンサルティング
内部監査
と自分の志向性は合ってる?“本当の自分”を知る
キャリアタイプ診断を受ける
内部監査
の年収と自分の適正年収との差はどのくらい?
年収査定をやってみる

調査概要

平均年収、男女比、転職希望者の年齢、
TOEIC(R)テストの点数、持っている資格

調査対象
DODAエージェントサービスに登録した22~59歳のビジネスパーソン
調査期間
2016年7月~2017年6月
有効回答数
約590,000人

転職前の職種、転職後の職種、転職した人の年齢、転職回数

調査対象
DODAエージェントサービスを利用して転職した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2016年7月~2017年6月
有効回答数
約26,000人

冬のボーナス・夏のボーナス、残業時間、年間休日

調査対象
22~59歳のホワイトカラー、正社員のビジネスパーソン
調査方法
ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
(ネットリサーチ会社保有のデータベースを元に実施、
DODA会員登録は不問)
調査期間
2017年7月
有効回答数
15,000人
このエントリーをはてなブックマークに追加
無題ドキュメント