スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

【全100職種】あの職種とはどんな仕事?doda職種図鑑
クリエイティブ

ゲームクリエイター(Web・モバイル・ソーシャル)とはどんな職種?仕事内容/年収/転職事情を解説

一つのゲームを完成させるためには多くの人が関わっており、中でもゲームの制作・開発を担う人たちは「ゲームクリエイター」と呼ばれます。ゲームクリエイターは、企画に携わるプロデューサーやゲームプランナーをはじめ、開発に携わるシナリオライター、ゲームデザイナー、サウンドクリエイターなど、さまざまなエキスパートに分かれています。

家庭用ゲーム機でプレイするコンシューマーゲームから、現在の主流はモバイルゲームやソーシャルゲームへと変わり、さらにはクラウドゲームも注目されるなど市場は拡大を続けています。5GやVRを活用したゲームにも期待が高まっており、また、対戦型ゲームをスポーツ競技とするeスポーツなど新たな動きも活発です。ゲームクリエイターには、このような世の中の流行やニーズの移り変わりを敏感にキャッチし、新たな技術を学び続ける姿勢が求められます。

ゲームクリエイター(Web・モバイル・ソーシャル)の仕事データ

収入

年収

380.6万円

「クリエイティブ」系職種の平均年収は391.8万円

年間ボーナス

97.1万円

残業・休日

月間残業時間

25.8時間

年間休日

123.2

ゲームクリエイター(Web・モバイル・ソーシャル)の仕事内容とは

「ゲームクリエイター」は大きく企画系と開発系の職種に分類され、ゲーム制作の現場では、多くの人がそれぞれの役割を果たしてプロジェクトを進めていきます。企画系の職種には、プロデューサーやディレクター、ゲームプランナーがあります。

「プロデューサー」はゲーム制作全体の総責任者として人員・予算管理を行い、「ディレクター」は現場の責任者として、実際に制作に携わる「ゲームグラフィックデザイナー」や「プログラマ」などのスタッフへ指示を出し、制作工程を管理します。「ゲームプランナー」は、クライアントやプロデューサーからの依頼を受けて、ゲームをどんな内容にするか、ジャンルや対象ユーザーなどを踏まえて企画します。

企画が通れば、ゲーム制作は開発の段階に進みます。「ゲームプランナー」はその企画をベースに細かい仕様書やスケジュールを作成し、開発系の各分野の専門職がそれぞれ制作を開始します。

デザインは「ゲームグラフィックデザイナー」が担当し、グラフィックのすべてに関わります。ゲーム全体のクオリティが左右される重要な役割で、工程も多いため、それぞれの得意分野で分業することが一般的です。背景やキャラクターなどをデザインする「CGデザイナー」、ホームメニューやゲーム画面の設計・デザインを担当する「UIデザイナー」などに細分化され、最近では特に3Dに対応できる技術者のニーズが高まっています。

また、ストーリーや登場人物のセリフは「シナリオライター」が作り、効果音やゲームの中で流れる音楽は「サウンドクリエイター」が作ります。「プログラマ」は、実際にゲームの中でキャラクターを動かしたり音楽を鳴らしたりと、ゲームを仕様書どおりに動かせるようにプログラミングを行います。

近年、市場規模を拡大しているソーシャルゲームでは、ローンチ後にもアップデートを行うための開発や運用・運営の工程が発生します。コンシューマーゲームとは異なり、ユーザーの反応をリアルタイムに反映することができるため、継続的に改善に取り組むことが求められています。

ゲームクリエイター(Web・モバイル・ソーシャル)の年収詳細

平均年収

平均年収

380.6万円

「クリエイティブ」系職種の平均年収は391.8万円

「ゲームクリエイター(Web・モバイル・ソーシャル)」の平均年収は380.6万円で、「クリエイティブ」系5職種中「プロデューサー/ディレクター/プランナー(出版/広告/Web/映像関連)」「編集/記者/ライター(出版/広告/Web)」に次いで3番目です。

年収分布

  • この職種の平均
  • 「クリエイティブ」系職種の平均

最も多い年収帯は300万円台の32%で、次いで300万円未満が30%、400万円台が19%となっています。

年間ボーナス

年間ボーナス

97.1万円

夏のボーナス…49.9万円

冬のボーナス…47.2万円

「ゲームクリエイター(Web・モバイル・ソーシャル)」の年間ボーナスは97.1万円で、「クリエイティブ」系5職種中トップとなっています。

ゲームクリエイター(Web・モバイル・ソーシャル)に転職した人はどんな人が多い?

転職年齢

転職年齢

31.2

「クリエイティブ」系職種の平均年齢は31.9歳

  • この職種の平均
  • 「クリエイティブ」系職種の平均

「ゲームクリエイター(Web・モバイル・ソーシャル)」に転職した人の平均年齢は31.2歳です。「クリエイティブ」系5職種中最も年齢が低くなっています。年齢の内訳を見ると最も多い年齢層は25~29歳で41%となっています。

前は何の仕事をしていた?

順位

職種

割合

転職前の職種も同じ「ゲームクリエイター(Web・モバイル・ソーシャル)」が63.3%で最多ですが、「クリエイティブ」系職種以外に転職したケースも見られます。

何回目の転職だった?

「ゲームクリエイター(Web・モバイル・ソーシャル)」に転職したのがはじめてだった人が41%で最多となりました。5回目以上の転職だった人の割合がほかの職種より多めの14%となりました。

どんな資格を持っている?

順位

資格

割合

  • 1

    基本情報技術者試験

    1.0%

  • 2

    ITパスポート

    0.9%

  • 3

    色彩検定3級

    0.8%

  • 3

    日本語能力試験1級

    0.8%

  • 5

    実用英語技能検定2級

    0.6%

「ゲームクリエイター(Web・モバイル・ソーシャル)」になるために必須の資格はありませんが、仕事に直接役立つと考えられる「基本情報技術者試験」や、スキルアップ、キャリアアップに必要な資格を取得している傾向が見られました。

TOEIC(R)スコアの平均は?

TOEIC

695.7

「ゲームクリエイター(Web・モバイル・ソーシャル)」におけるTOEIC(R)受験者の平均点は695.7点で、「クリエイティブ」系5職種中3番目です。

ゲームクリエイター(Web・モバイル・ソーシャル)からの転職

次に就いたのはどんな仕事?

順位

職種

割合

「ゲームクリエイター(Web・モバイル・ソーシャル)」の次に就いた職種も同じ「ゲームクリエイター(Web・モバイル・ソーシャル)」が65.8%で最多で、「クリエイティブ」系職種以外に転職するケースも見られます。

転職したい職種と、自分の志向性は合ってる?
キャリアタイプ診断を受ける
希望する職種に転職できる?キャリアアドバイザーに相談しよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
ゲームクリエイター(Web・モバイル・ソーシャル)の求人
求人情報を検索する

ほかの職種図鑑を見る

職種一覧

営業の職種(16職種)

企画/管理の職種(14職種)

事務/アシスタントの職種(11職種)

IT/通信系エンジニアの職種(12職種)

モノづくり系エンジニアの職種(10職種)

建築/土木系エンジニアの職種(6職種)

素材/化学/食品系エンジニアの職種(4職種)

医療系専門職(6職種)

金融系専門職(3職種)

コンサルタント/不動産専門職(2職種)

コンサルタント/不動産専門職2職種のデータです

販売/サービスの職種(11職種)

クリエイティブの職種(5職種)

調査概要 ※記事中の割合データは、四捨五入の関係で合計値が100%にならない場合があります。

■平均年収、男女比、転職希望者の年齢

調査対象
dodaサービスに登録した
ビジネスパーソン
調査期間
2020年7月~2021年6月
有効回答数
約700,000人

■TOEIC(R)テストの点数、持っている資格

調査対象
dodaサービスを利用して転職した
ビジネスパーソン
調査期間
2019年7月~2020年6月
有効回答数
約310,000人

■転職後の職種、転職した人の年齢、転職回数

調査対象
dodaエージェントサービスを利用して転職した
ビジネスパーソン
調査期間
2020年7月~2021年6月
有効回答数
約26,000人

■冬のボーナス・夏のボーナス、残業時間、年間休日

調査対象
20~59歳、正社員のビジネスパーソン
調査方法
ネットリサーチ会社を利用した
インターネット調査
(ネットリサーチ会社保有のデータベースを
元に実施、doda会員登録は不問)
調査期間
2021年8月
有効回答数
15,000人
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda年収査定サービス
ハイクラス転職サービスdodaX

  • ボーナス平均支給額調査【最新版】