コンサルタント/不動産専門職

不動産専門職

不動産専門職とはどんな仕事?

不動産所有者の代わりに、不動産の資産価値を維持・向上させる専門職です。不動産運用についての高度なスキルや経験が必要になります。FM(ファシリティマネジメント)は、個々の不動産の利便性を高めることが主な任務です。メンテナンスをしたり、維持コストを抑えるために設備を効率化しています。PM(プロパティマネジメント)は、不動産それぞれの資産価値を上げるのが仕事です。メンテナンス、修理・修繕に加え、賃貸住宅の入居者募集や商業施設のテナント誘致も行います。AM(アセットマネジメント)は、不動産以外の資産も含めたトータルな運用業務をします。都市再開発が盛んなことや都心のオフィスビル増加に伴い、活躍の場は広がっています。

平均年収

496.9万円

手取りではない支給額

男女比

転職前の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 不動産専門職 28%
2 建設/不動産営業 22%
3 設計・デザイン/積算/測量 4%
4 施工管理 3%
5 経営企画/事業企画 2%

不動産専門職に転職した人の「転職前」の職種

転職後の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 不動産専門職 42%
2 建設/不動産営業 17%
3 設備保全・保守・設備メンテナンス 4%
4 店舗・施設管理/店舗開発 3%
5 専門商社営業 2%

不動産専門職から転職した人の「転職先」の職種

不動産専門職の
転職希望者の年齢

40.1

不動産専門職に
転職した人の年齢

35.8

不動産専門職に
転職した人の
転職回数

1.4

2015年
冬のボーナス

45.6万円

2016年
夏のボーナス

47.2万円

1カ月当たり残業時間

20.5時間

年間休日

121.2

TOEIC(R)テスト

706.4

持っている資格

順位 資格名 割合
1 宅地建物取引士 33%
2 管理業務主任者 13%
3 ITパスポート 6%
4 マンション管理士 3%
4 日商簿記検定-2級 3%

自動車、自動二輪車免許を除く

不動産専門職の求人特集

不動産専門職のオススメコンテンツ

不動産専門職
への転職をDODAに相談する
DODAに相談する転職コンサルティング
不動産専門職
と自分の志向性は合ってる?“本当の自分”を知る
キャリアタイプ診断を受ける
不動産専門職
の年収と自分の適正年収との差はどのくらい?
年収査定をやってみる

ほかの職種図鑑を見る

コンサルタント/不動産専門職

調査概要

平均年収、男女比、転職希望者の年齢、
TOEIC(R)テストの点数、持っている資格

調査対象
DODAエージェントサービスに登録した22~59歳のビジネスパーソン
調査期間
2015年7月~2016年6月
有効回答数
約420,000人

転職前の職種、転職後の職種、転職した人の年齢、転職回数

調査対象
DODAエージェントサービスを利用して転職した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2015年7月~2016年6月
有効回答数
約18,000人

冬のボーナス・夏のボーナス、残業時間、年間休日

調査対象
22~59歳のホワイトカラー、正社員のビジネスパーソン
調査方法
ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
(ネットリサーチ会社保有のデータベースを元に実施、
DODA会員登録は不問)
調査期間
2016年6月
有効回答数
15,000人
このエントリーをはてなブックマークに追加

新着コンテンツNEW!