人事のイメージ

企画/管理

人事

人事の仕事は、人材の採用、配置、教育、評価設計、給与や社会保険の労務業務など、企業の人材にまつわる幅広い領域にわたります。テレワークやフレックスタイム制度の導入による働き方の多様化や、終身雇用制度の崩壊による育成計画・評価制度の見直しが進む中で、人事の役割はより高度化・複雑化しています。そのため、採用や教育は人材サービス会社、評価制度や人事制度はコンサルティングファーム、給与や福利厚生はアウトソーシングなど、社外の専門サービスを活用する企業も増加しています。

働く人たちの就労スタイルが多様化するとともに、転職の増加やワーク・ライフ・バランスの重視など、働くことに対する価値観が変化しており、人事には部門や雇用形態を問わず、社員が最大限に能力を活かせるような仕組みと環境を整えることが求められます。

人事の主な仕事内容

企業には経営する上で欠かせない4つの「経営資源」があり、人的資源である「ヒト」、設備や備品といった物理的資源である「モノ」、企業体力となる「カネ」、顧客情報や技術・ノウハウといった「情報」がこれに当たります。人事は、このうちの「ヒト」に関する業務を担う仕事で、この大切な資源を具体的な企業運営に落とし込んでいきます。

部署間の人員配置や採用計画の策定といった人事企画や、採用業務、人材育成はよく知られる人事の仕事ですが、福利厚生の充実や労働時間の管理、メンタルヘルス対策などの労働環境の整備や、社員の士気を高めて業績の向上につなげるための評価制度の設計も人事の役割です。企業によって、これらの仕事を一人がすべて担う場合もあれば、それぞれの業務に専任者がいる場合もあります。

時代とともに働き方が変化し、人事にもより高度な役割が求められるようになりました。その背景にあるのが人材市場の流動化です。終身雇用制度が崩れつつある中、長期育成を前提とした新卒一括採用だけでなく、経験とスキルが豊富な人材の中途採用が注目されています。継続的に優秀な人材を確保して離職を防ぐため、友人・知人に人材を紹介してもらう「リファラル採用」や、退職した人を再雇用する「アルムナイ制度」といったリクルート方法を導入する企業も、近年増加しています。

人事は企業の顔として、人と関わる機会が多い仕事です。入社希望者とのやり取りや、社員からの相談・人事異動に関する問題にもそつなく対応することが望まれるので、コミュニケーション能力は必須といえるでしょう。同時に、人事は企業の経営に直結する重要な役割を担いますから、論理的な思考能力も求められます。機密情報を多く取り扱うため、情報漏洩を決して起こさない、高い危機管理能力も必要です。

やりたい仕事を探そう!人事の求人
求人情報を検索する
転職したい職種と、自分の志向性は合ってる?
キャリアタイプ診断を受ける

人事の男女比は半々。企画/管理の職種の中では女性の比率が高め

人事の男女比は男性51%、女性49%とほぼ半々で、企画/管理の14職種の中では「広報/PR/IR」「広告宣伝」「商品企画/サービス企画」に次いで4番目に女性の比率が高い結果となりました。

平均年収

平均年収505.8万円

手取りではない支給額

男女比

人事に
転職した人の
転職回数

人事に転職した人の転職回数1.2

2019年
冬のボーナス

冬のボーナス90.6万円

2020年
夏のボーナス

夏のボーナス82.3万円

人事の
転職希望者の年齢

人事の転職希望者の年齢36.2

人事の人のなかで、転職を考えている人の平均年齢

人事に
転職した人の年齢

人事に転職した人の年齢32.8

あなたの年収は適正?その場で結果が分かるカンタン年収診断
3分で完了!年収査定を受ける

企業や業界はかわっても、同じ人事の職種に転職している人の割合が高い

転職前と後の職種を見てみると、転職前の45%、転職後の67%が人事という結果で、同じ職種で転職している人の割合が高いことが分かりました。採用、教育、組織、労務など人事の専門性に特化して経験を重ねることが、転職にも活かされているケースが多いようです。

また、持っている資格は、「衛生管理者1種」が5%で1位、「衛生管理者2種」が4%で2位となりました。衛生管理者は、従業員の健康や安全を管理するための労働安全衛生法に基づく国家資格で、人事労務管理の一環で取得する人が一定数いるようです。

1カ月当たり残業時間

1カ月当たり残業時間23.7時間

年間休日

年間休日126.6

TOEIC(R)テスト

TOEIC(R)テスト694.2

持っている資格

順位 資格名 割合
1 衛生管理者1種 5%
2 日商簿記検定3級 4%
2 衛生管理者2種 4%
4 日商簿記検定2級 3%
4 秘書技能検定2級 3%

自動車、自動二輪車免許を除く

転職前の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 人事 45%
2 人材サービスの営業 8%
3 人事事務アシスタント 7%
4 総務 5%
5 総務/法務/知財/広報事務アシスタント 3%

人事に転職した人の「転職前」の職種

転職後の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 人事 67%
2 総務 8%
3 コンサルタント 3%
4 経理/財務/税務/会計 2%
4 人事事務アシスタント 2%

人事から転職した人の「転職先」の職種

転職したい職種と、自分の志向性は合ってる?
キャリアタイプ診断を受ける
希望する職種に転職できる?キャリアアドバイザーに相談しよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
やりたい仕事を探そう!人事の求人
求人情報を検索する
調査概要

※記事中の割合データは、四捨五入の関係で合計値が100%にならない場合があります。

平均年収、男女比、転職希望者の年齢

調査対象
dodaエージェントサービスに登録した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2019年7月~2020年6月
有効回答数
約740,000人

TOEIC(R)テストの点数、持っている資格

調査対象
dodaエージェントサービスに登録した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2019年7月~2020年6月
有効回答数
約310,000人

転職前の職種、転職後の職種、転職した人の年齢、転職回数

調査対象
dodaエージェントサービスを利用して転職した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2019年7月~2020年6月
有効回答数
約30,000人

冬のボーナス・夏のボーナス、残業時間、年間休日

調査対象
22~59歳のホワイトカラー、正社員のビジネスパーソン
調査方法
ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
(ネットリサーチ会社保有のデータベースを元に実施、
doda会員登録は不問)
調査期間
2020年8月
有効回答数
15,000人
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校