販売/サービス

教育/スクール

教育/スクールとはどんな仕事?

教育/スクールの仕事は、主に塾などでスクール長や講師、インストラクターとして生徒に指導をすることです。現在では社会人教育の幅が広がっており、子どもだけではなく大人が生徒となるスクールもあります。また、ITを使った教育も登場しており、場所と時間を問わずに自由に学べるのが特徴です。加えて、子ども向けのプログラミング教室などITを使う社会で求められる知識を伸ばすことへのニーズも高まっています。違う職種から教える仕事に就く人も増えており、新しい教育サービスの芽は数多あります。講師には、教える分野についての専門性はもちろんのこと、それを生徒に分かりやすく伝える力が求められます。

平均年収

339.2万円

手取りではない支給額

男女比

転職前の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 教育/スクール 21%
2 販売/接客/売り場担当 9%
3 店長 8%
4 金融業界の個人営業 6%
5 旅行/宿泊/ホテル/冠婚葬祭関連職 4%

教育/スクールに転職した人の「転職前」の職種

転職後の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 教育/スクール 16%
2 人材サービスの営業 12%
3 建設/不動産の営業 5%
4 営業事務アシスタント 4%
5 IT/通信/インターネットの営業 3%

教育/スクールから転職した人の「転職先」の職種

教育/スクールの
転職希望者の年齢

32.0

教育/スクールに
転職した人の年齢

30.2

教育/スクールに
転職した人の
転職回数

1.0

2017年
冬のボーナス

32.1万円

2018年
夏のボーナス

31.3万円

1カ月当たり残業時間

22.4時間

年間休日

108.7

TOEIC(R)テスト

734.2

持っている資格

順位 資格名 割合
1 高等学校教諭一種 4%
1 中学校教諭一種 4%
3 実用英語技能検定2級 2%
3 保育士 2%
5 日商簿記検定3級 1%

自動車、自動二輪車免許を除く

教育/スクールの求人特集

教育/スクールのオススメコンテンツ

教育/スクール
への転職をdodaに相談する
dodaに相談する転職コンサルティング
教育/スクール
と自分の志向性は合ってる?“本当の自分”を知る
キャリアタイプ診断を受ける
教育/スクール
の年収と自分の適正年収との差はどのくらい?
年収査定をやってみる

調査概要

平均年収、男女比、転職希望者の年齢

調査対象
dodaエージェントサービスに登録した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2017年7月~2018年6月
有効回答数
約580,000人

TOEIC(R)テストの点数、持っている資格

調査対象
dodaエージェントサービスに登録した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2017年7月~2018年6月
有効回答数
約410,000人

転職前の職種、転職後の職種、転職した人の年齢、転職回数

調査対象
dodaエージェントサービスを利用して転職した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2017年7月~2018年6月
有効回答数
約29,000人

冬のボーナス・夏のボーナス、残業時間、年間休日

調査対象
22~59歳のホワイトカラー、正社員のビジネスパーソン
調査方法
ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
(ネットリサーチ会社保有のデータベースを元に実施、
doda会員登録は不問)
調査期間
2018年6月
有効回答数
15,000人
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツキャリアフォーラム6月14日開催 ベルサール飯田橋ファースト 「20代の転職フェア」共同開催 doda×エン転職