販売/サービス

店長

店長とはどんな仕事?

外食やコンビニエンスストア、アパレルなどのチェーン店で、店舗の責任者として販売計画を立て、商品の仕入れから人員の配置と人材育成、売上の管理までを担っている仕事です。直営店の店舗かフランチャイズ店舗かによっても経営方針や裁量は異なります。店舗の立地条件や周辺環境、そこに住んでいる世帯の特徴などを考慮し、店舗ごとに最適な品ぞろえやキャンペーンを考えて売上を最大化します。店舗スタッフのヒューマンマネジメントも必須です。これらの「ヒト・モノ・カネ」を一手に任されているのが店長。販売・サービス業界では若いうちから店長になるケースも多く、キャリアの早い時期から経営視点を身につけることができます。

平均年収

381.1万円

手取りではない支給額

男女比

転職前の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 販売/接客/売り場担当 30%
2 調理/ホールスタッフ/フロアスタッフ 13%
3 店舗・施設管理/店舗開発 6%
4 小売/外食営業 5%
5 旅行・宿泊・ホテル/冠婚葬祭関連職 3%

店長に転職した人の「転職前」の職種

転職後の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 店舗・施設管理/店舗開発 11%
1 人材サービス営業 11%
1 建設/不動産営業 11%
1 IT/通信/インターネット営業 11%
5 店長 9%

店長から転職した人の「転職先」の職種

店長の
転職希望者の年齢

35.3

店長に
転職した人の年齢

30.2

店長に
転職した人の
転職回数

1

2015年
冬のボーナス

41.4万円

2016年
夏のボーナス

39.3万円

1カ月当たり残業時間

23.6時間

年間休日

113.1

TOEIC(R)テスト

621.9

持っている資格

順位 資格名 割合
1 食品衛生責任者 5%
2 防火管理者-甲種 3%
3 甲種防火管理講習修了証 2%
3 調理師 2%
3 登録販売者 2%

自動車、自動二輪車免許を除く

店長の求人特集

店長のオススメコンテンツ

店長
への転職をDODAに相談する
DODAに相談する転職コンサルティング
店長
と自分の志向性は合ってる?“本当の自分”を知る
キャリアタイプ診断を受ける
店長
の年収と自分の適正年収との差はどのくらい?
年収査定をやってみる

調査概要

平均年収、男女比、転職希望者の年齢、
TOEIC(R)テストの点数、持っている資格

調査対象
DODAエージェントサービスに登録した22~59歳のビジネスパーソン
調査期間
2015年7月~2016年6月
有効回答数
約420,000人

転職前の職種、転職後の職種、転職した人の年齢、転職回数

調査対象
DODAエージェントサービスを利用して転職した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2015年7月~2016年6月
有効回答数
約18,000人

冬のボーナス・夏のボーナス、残業時間、年間休日

調査対象
22~59歳のホワイトカラー、正社員のビジネスパーソン
調査方法
ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
(ネットリサーチ会社保有のデータベースを元に実施、
DODA会員登録は不問)
調査期間
2016年6月
有効回答数
15,000人
このエントリーをはてなブックマークに追加

新着コンテンツNEW!