IT/通信系エンジニア

社内SE

社内SEとはどんな仕事?

ITエンジニアにとって人気の職種であり、業績好調の企業がIT投資に積極的になったことを背景にニーズが高まっています。社内の経営課題や事業課題、業務上の課題を、システムの導入・改修によって解決する仕事です。解決すべき課題を見極め、目的・ニーズ・予算を設定し、外注か内製かを判断します。外注するとなった場合には、ITコンサルティングファームやSIer、ソフトウェア制作会社に依頼。外注先がプロジェクトに着手してからは、スケジュールや仕様に問題がないかの確認と進行管理をするのが仕事です。内製する場合には、社内で担当者やチームを決め、システムの開発や運用をするほか、プロジェクトマネジャー/プロジェクトリーダーとして、プロジェクトの指揮をとることもあります。

平均年収

482.3万円

手取りではない支給額

男女比

転職前の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 社内SE 28%
1 アプリケーションエンジニア 28%
3 サーバーエンジニア 10%
4 テクニカルサポート/ヘルプデスク 5%
5 ネットワークエンジニア 4%

社内SEに転職した人の「転職前」の職種

転職後の職種(上位5つ)

順位 職種 割合
1 社内SE 41%
2 アプリケーションエンジニア 14%
3 サーバーエンジニア 9%
4 ネットワークエンジニア 7%
5 ITコンサルタント(アプリ) 5%

社内SEから転職した人の「転職先」の職種

社内SEの
転職希望者の年齢

37.0

社内SEに
転職した人の年齢

33.5

社内SEに
転職した人の
転職回数

1.0

2016年
冬のボーナス

66.4万円

2017年
夏のボーナス

64.9万円

1カ月当たり残業時間

25.7時間

年間休日

132.6

TOEIC(R)テスト

650.4

持っている資格

順位 資格名 割合
1 基本情報技術者試験 12%
2 ITIL資格認定試験Foundation Certification 6%
3 ITパスポート 5%
4 応用情報技術者 4%
4 初級システム アドミニストレータ試験 4%

自動車、自動二輪車免許を除く

社内SEの求人特集

社内SE
への転職をDODAに相談する
DODAに相談する転職コンサルティング
社内SE
と自分の志向性は合ってる?“本当の自分”を知る
キャリアタイプ診断を受ける
社内SE
の年収と自分の適正年収との差はどのくらい?
年収査定をやってみる

調査概要

平均年収、男女比、転職希望者の年齢、
TOEIC(R)テストの点数、持っている資格

調査対象
DODAエージェントサービスに登録した22~59歳のビジネスパーソン
調査期間
2016年7月~2017年6月
有効回答数
約590,000人

転職前の職種、転職後の職種、転職した人の年齢、転職回数

調査対象
DODAエージェントサービスを利用して転職した22~59歳の
ビジネスパーソン
調査期間
2016年7月~2017年6月
有効回答数
約26,000人

冬のボーナス・夏のボーナス、残業時間、年間休日

調査対象
22~59歳のホワイトカラー、正社員のビジネスパーソン
調査方法
ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
(ネットリサーチ会社保有のデータベースを元に実施、
DODA会員登録は不問)
調査期間
2017年7月
有効回答数
15,000人
このエントリーをはてなブックマークに追加