スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Vol.5会社情報(IR・財務)の読み方入門講座

売上高とは?営業利益と経常利益はどう違う?

この記事では、売上高や連結、営業利益や経常利益の意味について解説しています。売上高などは「損益計算書」に書かれていますが、このページでは損益計算書の説明は割愛しています。まず言葉の意味を理解して、第6回の「損益計算書とは? 特に見るべきポイントは?」で損益計算書の仕組みも理解することをおすすめします。

売上高・売上総利益ってなに?

売上高とは

企業の主な商品やサービスを販売・提供することによって得られる売り上げの合計額です。例えば、単価200円の商品が1つ売れると、売上高は200円です。売上高は、販売のためにかかった原価や費用を考えずに「いくら売れたか」を単純に示します。

売上総利益は粗利のこと

商品などを売るためには、仕入れのコストや、宣伝広告などのお金がかかります。利益は、売上高から仕入れ値を差し引いて、「いくらもうかったか」を示します。そこで、売れた商品の仕入れや製造にかかった費用である「売上原価」を売上高から差し引いて算出されるものが「売上総利益」です。売上総利益は「粗利益」や「粗利」とも呼ばれ、このような呼び方を聞いたことがある人も多いでしょう。

売上総利益(粗利)=売上高―売上高原価

売上総利益率とは

売上総利益率とは、「売上高に占める商品力によって稼いだ利益」の割合のことです。 これが高ければ、収益性の高い魅力ある商品を多くもっていることを意味します。

売上総利益率=売上総利益÷売上高

売上総利益とは?

営業利益とは? 経常利益とはどう違うの?

営業利益とは

営業利益は、本業のもうけのことで、売上総利益から販管費(=販売費および一般管理費)を差し引いて算出されます。

売上高から仕入れ値を引いた売上総利益(粗利)だけでは、本業そのものがもうかっているのかを判断することはできません。商品を仕入れるだけでは、商品は売れないからです。商品を販売して、利益を出すためには、原価以外に販売のための費用が必要です。例えば、従業員の給与・広告宣伝費・運送費・地代家賃などがこれにあたります。これらの費用を含めて、利益がいくらになったかを計算することで、本業のもうけである「営業利益」を計算することができます。

営業利益とは?

経常利益とは

経常利益は、「損益の実態評価」として非常に重要な数字です。

経常利益は、本業で獲得した営業利益に、本業以外で得た収益「営業外収益」を加算し、費用「営業外費用」を引いたものです。

例えば、製造業が本業の会社が、本業以外で金融商品の運用を行っている場合、株の売買により利益を生めば会社の利益になります。海外と貿易をしている企業であれば、為替による利益や損失がでます。これらは営業外収益・費用となります。株や為替の取引は、継続的に行われる活動ですので、「経常利益」が会社の実力が最も反映される利益だといわれています。

経常利益とは?

売上高や営業利益、経常利益から会社の何が分かるの?

売上高の金額でその企業が「どのくらい稼ぐ力」があるのかが分かります。そして、営業利益では、稼ぎのうち「どのくらい本業でもうける力」があるのかが分かります。さらに、経常利益では本業以外も含めて「企業全体でどのくらいもうける力」があるのかが分かります。

まとめ

「売上高」「営業利益」「経常利益」など、今回学んだ用語は「損益計算書」に記載される項目です。損益計算書は会社の家計簿、と言ってもよいでしょう。どのくらい稼いでいて、生活費にどれくらい必要で、いくら残っているのか。といった考え方に似ています。

損益計算書の記事もあわせて読むことで、転職を希望する会社が属する業界の特徴を知ることができます。また、競合に比べてどのような点で強みがあるのかが分かるようになれば、企業研究もより深まるでしょう。

執筆者:馬渕 磨理子
フィスコ 企業リサーチレポーター
京都大学公共政策大学院修了。日本テクニカルアナリスト。
医療法人でトレーダーとして資産運用に携わり、現在はフィスコで活動。同時に日本クラウドキャピタルでもマーケティングに従事。プレジデントやSPA!など多数執筆。
Twitter https://twitter.com/marikomabuchi
プレジデントオンラインの記事は累計6000万PV超え
転職の疑問・悩みを直接キャリアアドバイザーに相談したいなら
エージェントサービスに申し込む(無料)
疑問・悩みが解決したら、気になるこだわり条件から求人を探そう!
求人情報を検索する
このエントリーをはてなブックマークに追加