スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

女性のモヤモヤを解消する100問100答

#071

2020.9.28

Q.仕事が長続きしない…
これ以上転職を繰り返さないためにはどうしたらいい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

私がダメなのかな?
どこへ行っても仕事が長続きしない
もうこれ以上転職を繰り返したくないのに…

どうしても仕事が長続きせず、転職を繰り返していませんか? 同じ職場に勤め続けることができなくて、「忍耐力がない」「何をやってもダメだ」と自分自身を責めてしまう人もいるかもしれません。

そこでdodaキャリアアドバイザーの時田絵里奈が、可能な限り現在の職場で長く働き続けるための方法を伝授。また、今度こそ辞めずに最後の転職にするための仕事選びのポイントもアドバイスします。

仕事が長続きしない代表的な原因と対処法

まず、大切なのは、長続きしない原因を正確に把握すること。原因を明確にすることで解決策も見えてきます。あなたは次のどれに当てはまりますか? 早速チェックしてみましょう。

仕事が長続きしない原因① 「コミュニケーション下手」

時田によると、コミュニケーションを取るのが苦手で、職場内でうまく人間関係を築くことができないと、何事も自分一人で抱え込んでしまいがいちになるそう。

dodaキャリアアドバイザー
時田絵里奈(以下、時田)

誰にも相談しないで仕事をすると、思い込みで進めてしまい、致命的なタイミングでミスが発生するなど、何かとトラブルのもと。

そのような積み重ねにより、職場の人たちとうまく意思疎通できず、ミスやトラブルが続いてしまい、転職を繰り返してしまう人は少なくないようです。

時田

協調性を重んじるあまり周りに合わせ過ぎて疲弊してしまうパターンや、譲れない部分が多くて周囲と折り合いがつかないパターン、“教えてもらう待ち”で自分から質問できず分からないことを放置してしまうパターンも同様。そのどれもがコミュニケーション下手がきっかけで起こりやすくなるでしょう。

とはいえ、具体的にどうすればいいか分からない人も多いはず。そんな人は何からはじめればいいでしょうか。

対処法

時田

コミュニケーション下手な人は、人と話せば解決することも、誰にも共有せず抱え込むので、思い込みが強い傾向にあります。そのような思考のクセは一人ではなかなか直せません。

まずは、自分をさらけ出せるような信頼できる人に話してみることからはじめてみませんか? 仕事上の理解者(コーチ)がいると、自分の思考のクセに気づくことができます。同調してくれる友人とは違い、損得なく良いことも悪いことも指摘してもらうことで、自分のコミュニケーションロスに気がつくはずです。

そのような人がいない場合は、キャリアアドバイザーに相談してみるのもいいと思います。できるだけ、職種や業界に詳しい人に話すとよいでしょう。いずれにしても、自分の理解者を見つけるには、「今仕事上で●●に困っていて…率直にアドバイスが欲しいのですが、どう思いますか?」など、自己開示が必要です。

仕事が長続きしない原因②「仕事に対するモチベーションが下がっている」

仕事にやりがいや楽しさを見いだせず、退屈だと感じていませんか? あるいは、業務内容や条件面などで理想が高く、現状に満足できなくて、やる気をなくしていませんか?

仕事に対するモチベーションが下がっていると、現職にいるだけでもひと苦労。そのうち辞めたい気持ちがふつふつと湧き出てしまうものです。

対処法

時田

どんな仕事もルーティンだと思っているとつまらなく感じてしまうもの。今自分が手がけている業務が、その先何につながっているか、誰のために役立っているか、目的を理解することからはじめてみましょう。

また、理想と現実のギャップを感じてモチベーションが下がっている場合ですが、まずは上司に働きかけてみることが大切です。自分で不満に思っているだけだと現状は何も変わりません。相談してみたり、企画書を持って行ったり、思いを伝えるために動きましょう。

その際、相対評価で自分をアピールすることが重要です。ただ自分がやりたいこと、不満に思うことを伝えるだけではなく、過去の実績など、あなたに任せたいと思ってもらえるような客観的なデータも見せながら上司に交渉しましょう。

働きかけてみても、何も変わらないこともあるかもしれません。それでも、フィードバックをもらえるので、次の打ち手の参考になるはずです。フィードバックをもらわない限りは“転職すべき”か“今の会社で頑張るか”の判断がつきません。

相談してみても、会社の慣習や規定でどうにもならない場合もあり、そのときは転職を検討してみてもいいかもしれませんね。

仕事が長続きしない原因③「キャパオーバーしている」

まじめで責任感がある人ほど、一人で仕事を抱え込みすぎてしまい、気づいたら爆発寸前なんてことも。精神的に限界を迎えて辞めざるを得ない状況まで、自分で自分を追い込んでしまいます。

対処法

時田

これは“一人でなんとかすべき”“先輩はこうあるべき”などの“べき論”にとらわれている状態。厳しいことを言うようですが、自分一人でもなんとかなるはず(なんとかする)と、自分を高く評価しすぎているのではないでしょうか。

仕事は一人で回しているわけではなく、チームプレーです。頼ることも立派な仕事のスキル。報連相を怠らず、上手に頼ってみることも覚えましょう。

最後の転職にしたい。仕事選びで大切なポイントは?

ここまで説明したように、仕事が長続きしない理由はさまざまですが、原因が自分自身にあるのではなく、職場の人間関係や社風など、自分の努力では変えられない外的要因の場合、転職も視野に入ると思います。

「次の転職を最後にしたい」「次こそ長く働きたい」と思うなら、自分にとって長く活躍できる条件や環境を知り、それに合った仕事を見分ける必要があります。仕事選びのポイントを2つご紹介しますので、転職を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

長続きさせたい!仕事選びのポイント①「目的を明確にすること」

時田

仕事に対してどう思っているか、仕事を通して何を得たいのか、自分がどうなりたいのか。自分にとっての仕事の目的を明確にしたとき、どういう仕事を選べばいいのかが見えてきます。そうすれば自分に合った仕事を見つけて長く続けることができるでしょう。

ただ、特に仕事でどうなりたいが“ない”人も多いのが現実。その場合は何が嫌で転職を繰り返しているのか分析し、これだけは避けたいという観点で仕事を選んでみてもいいと思います。

長続きさせたい!仕事選びのポイント② 「プライベートも確保できる仕事を選ぶ」

時田

どんなにやりがいのある仕事でも、プライベートを犠牲にして働いていたら、いずれ限界が来るもの。

適切に休みが取れて、余暇を楽しめる仕事を選ぶことで、ワーク・ライフ・バランスが整い、仕事も長く頑張り続けることができるでしょう。

募集要項にはしっかり休みが取れるような記述があっても、実態は休日出勤や残業だらけ…ということを防ぐには、面接時に確認することが一番確実。プライベートを確保したい理由と仕事への意欲をセットにして聞くとスムーズです」。

もし、仕事選びのポイントに迷ったり、不安を感じたりする場合は、キャリアアドバイザーを頼るのも一つです。一人で悩まず、まずは相談してみましょう。

まとめ

仕事が長続きせずにモヤモヤしている人は…

転職を検討する前に、原因を探り、自分に合った対処法を試してみる

今の職場でどうにもならない場合は転職の検討も。長く活躍できる仕事選びのポイントを押さえよう

というアドバイスがありました。

仕事が長続きしないことで悩んでいる人は、その原因を探り、今の職場で改善するための対処法を試してみることからはじめてみましょう。それでも続けることが難しいなら、この記事を参考に今度こそ長く働ける転職先を探してみてはいかがでしょうか。

Profile

識者プロフィール

時田絵里奈/dodaキャリアアドバイザー
IT業界の職種を中心に幅広く転職サポートをし、これまで2,000人以上のキャリアカウンセリングの実績を持つ。2016年に長男を出産。働き方を変えたい、ワーク・ライフ・バランスを改善したい女性の転職サポートに強みを持つ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

新着のモヤモヤ

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

会員登録する(無料)エージェントサービス・スカウト登録もこちら

会員登録済みの方はこちら

生き方・キャリア
に悩む女性のためのモヤモヤ解消プロジェクト Woman Carrer × ディグラム・ラボ
あなたらしいキャリアを診断してみませんか? キャリアタイプ診断
女性に人気の企業からあなたの転職の可能性を診断します 合格診断
年収査定 3分で分かる、あなたの適正年収

<PR>

ワタシの“働く”を楽しくする ファンタブル funtable 未経験から事務にチャレンジ

キャリアを活かして時短で働く FlexibleCAREER