転職・求人DODAエンジニア/トップ > Weekly Report > モノづくりエンジニア求人の「未経験歓迎」求人とは? | DODAエンジニア Weekly Report

DODAエンジニア Weekly Report

モノづくりエンジニア求人の「未経験歓迎」求人とは?

2009.09.21

求人の応募資格に「未経験」と記載されていることがありますが、その意図には何があるのでしょうか。モノづくりエンジニア求人の場合、大まかに分けると、下記のようなケースが挙げられます。

  • 業界未経験を意味する場合
    背景としては、ニッチ業界や新規事業での採用のために業界経験者が少ないことが挙げられます。親和性のある経験を新たな業界で活かしたいと考えている方にとっては注目すべきポイントと言えるでしょう。
  • 職種未経験を意味する場合
    背景としては、ニッチ職種のため職種経験者が少ないことや、強化部門の増員に伴い異職種経験者にまで門戸を広げるものが挙げられます。たとえば、設計職経験を活かして技術営業に転職する場合は後者にあたるでしょう。
  • ポテンシャル採用を意味する場合
    昨年までの好況期にはよく見られましたが、「理系大学、高専卒業の方」「モノづくりに携わりたいという意欲の強い方」といった求人がこのケースに該当します。背景としては、人員強化にあたり教育・研修体制を充実し、受け入れ体制を整備する企業が多かったことが挙げられます。2009年に入ってからは厳選採用の色が濃くなっているため、このような求人は少なくなっているのが現状です。

いずれにせよ、経験者があなたのライバルとなるため、職務内容においては類似性のある経験をアピールすることが重要になりますし、何よりも、志望動機が企業に伝わらないと内定を獲得することができません。「未経験歓迎」求人の数が限られており、チャンスを活かすためにも、応募の際はしっかりと企業研究を進めることがポイントと言えるでしょう。

エージェントサービスに登録する 3分でわかるエージェントサービスのメリット

無料エージェントサービスに申し込む

IT業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが、エンジニアの転職活動を無料でバックアップします。

イベント情報

転職のプロに相談できる DODAエンジニア個別相談会

おすすめ診断コンテンツ

ITエンジニア・クリエイター合格診断

あなたの“本当の年収”や今後の“年収推移”も分かる!年収査定サービス[無料]

インタビュー、コラム

アプリケーションエンジニアのための転職力アップ法

アプリケーションエンジニアのための転職力アップ法

エンジニア特有の転職成功ノウハウや市場動向をご紹介

インフラエンジニアのための転職力アップ法

インフラエンジニアのための転職力アップ法

インフラ領域特有の転職成功ノウハウや市場動向をご紹介

業界専任キャリアアドバイザーの連載コラム Webクリエイターのための転職力アップ法

Webクリエイターのための転職力アップ法

クリエイター転職特有のノウハウ・事例などご紹介!

未来を創る 意志あるエンジニアたち

未来を創る 意志あるエンジニアたち

最前線で活躍するエンジニアのこだわりに迫る

GEEK ACADEMY

GEEK ACADEMY

先端を走る技術を、ギークに学ぶ

メールマガジン無料配信

簡単登録で最新の転職情報、
希望の求人が届く