スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

女性のモヤモヤを解消する100問100答

#037

2019.12.23

Q. 帰省すると必ず結婚のことを聞かれる。
上手に受け流すにはどうしたらいい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも聞かれる“結婚”のこと。
妹にはもう子どもまでいるし…
親族の集まりが正直しんどい。

このモヤモヤにアドバイスしてくれた
スペシャリストはこちらの3人!

DJあおい

人気アルファツイッタラー、女性の生き方・恋愛アドバイザー

紫原明子

エッセイスト

時田絵里奈

dodaキャリアアドバイザー

Q.帰省すると必ず結婚のことを聞かれる。上手に受け流すにはどうしたらいい?

避けられない年末年始の親戚づきあい。「いい人はいるの?」「結婚のことも考えてる?」。耳にタコができるくらい毎回言われるこのセリフ。残念ながら該当する人はおらず、そっとしておいてほしいのに…。スペシャリスト3人が出した答えは…!?

DJあおい

今から100年以上も前の明治時代、結婚制度が大きく変わり“結婚は夫の家を存続させるためのもの”になりました。それにより女性の経済的な自立が奪われ、男は外で働き女は家を守るという夫婦の規範が確立されたわけです。女性は結婚をしなければ死活問題になってしまうわけですから、ほとんどの人が結婚をする“皆婚時代”になりました。

そして現代。時代が変わったのにもかかわらず、残念ながらその価値観だけは根強く残っています。わけも分からず「結婚をしなければ不幸になってしまう」と強迫観念に駆られて、わけも分からず独身というだけで劣等感を植え付けられてしまう。

明治時代なら結婚を焦る必要があったのかもしれませんが、今はもう結婚は選べる時代。結婚をしない女性が増えているのは、いわば平和の象徴みたいなものなんですよ。そう言ってやりなさい。

紫原明子

そういうときはぜひ敏腕記者になった気持ちで逆質問攻めにしましょう。こんな感じです。

「お父さん/お母さんはそもそもどうして結婚しようと思ったの?」
「結婚する前とあとで何か変わった?」
「結婚してよかったことは?」
「結婚したことであきらめたことってある?」
ここまで聞いても相手がまだこちらに興味を持っているようならもっと突っ込んで聞いていきましょう。

「子どものころの将来の夢は何だったの?」
「昔好きだった人はどんな人だった?」
「大人にあこがれてた?」
で、ひとしきり相手にしゃべらせたら「人に歴史ありだね!」と言って席を立ちましょう。

大事なことは、こちらに向いている矢印を別方向に仕向けることです。大半の人は自分に興味を持たれるとうれしくてつい話してしまうものなので、この作用を利用して自分から目をそらさせましょう。

時田絵里奈

話題がそれしかないということもあります。 親戚も何を話したらいいのか分からなくてとりあえず聞いているところはあると思いますよ。だから悪気もないんです。

「将来も今考え中なんだけど、でもこういうことにもはまっていて~」と答えてみてはいかがでしょうか。

自分がその話題から別の話題へ切り替えようとしないと、根掘り葉掘り聞かれることにつながってしまうと思います。でも、ほとんどは心配して聞いてくれているだけで、何かあったら助けてあげたいと思っているだけなんです。

自分が今どんなことをしているのか、自分から話してみてください。

まとめ

結婚について聞かれることでモヤモヤしている人は…

結婚するしないは選べる時代。昔の価値観にとらわれないこと(DJあおい)

質問攻めにして話題をそらそう(紫原明子)

話題がそれしかないということも。自分から会話の舵を取ろう(時田絵里奈)

というアドバイスがありました。

聞かれるのが嫌なら聞かれる前に違う話をする。そもそもなぜ相手が聞いてくるのかも考えてみると、案外嫌な気持ちにはなりにくいかもしれませんね。

Profile

識者プロフィール

DJあおい
アルファツイッタラー/独自の恋愛観と核心をついた鋭いアドバイスで、Twitterフォロワー37万人の人気を誇る謎の主婦。女性誌やサイトで連載多数。『キャリアなどに興味はない。それなりに稼げて、ストレスフリーなら、それがいいのだ!』(ワニブックス)、『女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋』(KADOKAWA)

紫原明子/エッセイスト
エッセイスト。2児を育てるシングルマザー。個人ブログ『手の中で膨らむ』が話題となり執筆活動を本格化。クロワッサン オンライン、東洋経済オンライン、AMなどに寄稿、連載。著書に『家族無計画』(朝日出版社)、『りこんのこども』(マガジンハウス)がある。

時田絵里奈/dodaキャリアアドバイザー
IT業界の職種を中心に幅広く転職サポート、これまで2,000人以上のキャリアカウンセリングの実績を持つ。2016年に長男を出産。働き方を変えたい、ワーク・ライフ・バランスを改善したい女性の転職サポートに強みを持つ。

Twitterアカウント(@dodaWomanCareer)ができました!フォローして、更新情報を受け取ろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

新着のモヤモヤ

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

会員登録する(無料)エージェントサービス・スカウト登録もこちら

会員登録済みの方はこちら

生き方・キャリア
に悩む女性のためのモヤモヤ解消プロジェクト Woman Carrer × ディグラム・ラボ
あなたらしいキャリアを診断してみませんか? キャリアタイプ診断
女性に人気の企業からあなたの転職の可能性を診断します 合格診断
年収査定 3分で分かる、あなたの適正年収

<PR>

ワタシの“働く”を楽しくする ファンタブル funtable 未経験から事務にチャレンジ

キャリアを活かして時短で働く FlexibleCAREER