転職・求人DODAエンジニア/トップ > Weekly Report > 新エネルギーはどうなる?転職動向への影響を探る | DODAエンジニア Weekly Report

DODAエンジニア Weekly Report

新エネルギーはどうなる?転職動向への影響を探る

2009.10.26

国連気候変動首脳会合(気候変動サミット)で「日本は温暖化ガスの排出量を2020年までに、1990年比で25%削減することを目指す」と宣言されるだけでなく、日本の省エネ技術や資金を提供する「鳩山イニシアチブ」構想が提唱されるなどと、政策と環境ビジネスとの関わりから目が離せない状況となってきました。これらの政策が具現化される中で、製造業には新しいマーケットの創造や産業構造の転換など、大きな影響をもたらすことは間違いありません。例えば、先進諸国では、スマートグリッド(次世代送電網)による双方向型の電力供給システムの導入などが挙げられます。自宅で蓄電した電気を電力会社に供給しながら省エネを図る技術が開発されるなどと、積極的に次世代エネルギービジネスに投資される動きが見られます。今後、日本においてさまざまな産業に投資が進められていくでしょう。発電プラント関連企業においては太陽光や風力といった新エネルギーへの投資比率が高まり、また、電池メーカーにおいては大容量化・小型化の実現のためのさらなる技術革新ニーズが高まっていくことが予測されます。

現状の転職マーケットにおいては、業界全体として「手探り状態」であるため、経験が合致する「同業種・同職種経験者」への採用ニーズのみですが、その動向からは目が離せません。同業種・同職種経験者の数が限られているという理由だけではなく、さまざまな分野に新エネルギーが利用されるにあたっては、精密機器や家電などの多様な製品に応じた開発・設計が必要となり、幅広い製品での経験が求められるようになることが予測されます。

新エネルギーに関わるビジネスへの転職を考えるに際し、現状の経験・スキルで即座に活かすことのできる業界・職種で求人を探して判断するだけではなく、今後どのように経験・スキルを積んでいき、市場価値を高めていくのかという、先を見据えた判断も必要となってきます。選択肢の幅を狭めないためにも、転職を考えたタイミングから、実際に求人に目を通すなり、転職のプロに相談してみるなりして、転職の好機を探ることがポイントとなるでしょう。

エージェントサービスに登録する 3分でわかるエージェントサービスのメリット

無料エージェントサービスに申し込む

IT業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが、エンジニアの転職活動を無料でバックアップします。

イベント情報

転職のプロに相談できる DODAエンジニア個別相談会

おすすめ診断コンテンツ

ITエンジニア・クリエイター合格診断

あなたの“本当の年収”や今後の“年収推移”も分かる!年収査定サービス[無料]

インタビュー、コラム

アプリケーションエンジニアのための転職力アップ法

アプリケーションエンジニアのための転職力アップ法

エンジニア特有の転職成功ノウハウや市場動向をご紹介

インフラエンジニアのための転職力アップ法

インフラエンジニアのための転職力アップ法

インフラ領域特有の転職成功ノウハウや市場動向をご紹介

業界専任キャリアアドバイザーの連載コラム Webクリエイターのための転職力アップ法

Webクリエイターのための転職力アップ法

クリエイター転職特有のノウハウ・事例などご紹介!

未来を創る 意志あるエンジニアたち

未来を創る 意志あるエンジニアたち

最前線で活躍するエンジニアのこだわりに迫る

GEEK ACADEMY

GEEK ACADEMY

先端を走る技術を、ギークに学ぶ

メールマガジン無料配信

簡単登録で最新の転職情報、
希望の求人が届く