シンガポールで働く!現地キャリアアドバイザーのエリアレポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

アジア経済の中心拠点としてグローバル企業が多数進出
高い給与水準や英語力を活かせる環境が魅力

パーソルキャリアアジア  安斎 昌朗/久松 弘佳

シンガポールには、多くのグローバル企業が進出しており、アジアにおけるビジネスの中心地として、アジア地域のリージョナルヘッドクオーター(統括拠点)を置く企業が多いです。またアジア圏の中では給与水準が高く、英語力を活かして活躍できる機会も豊富なため、日本から就業を希望する人が多い国の一つでもあります。

シンガポール政府が、フェア・コンシダレーションと呼ばれる、シンガポール人の雇用を優先する制度を導入し始めたことから、現在では就労ビザの発給要件が厳しくなってきています。そのため、外国人がシンガポールで就業するハードルは高くなっていますが、実際に就業できた際のメリットは多数あります。まず、リージョナルヘッドクオーター(統括拠点)での勤務となった場合は、シンガポールに限らず世界中の国とのやり取りが発生するため、その調整役として世界を股に掛けた責任ある業務を担えます。また、シンガポールにはさまざまな国籍の方が集まっており、日本とは異なる多様な文化に触れることが可能です。取引相手や、仕事を共にする同僚は、ビジネスにおいて強く自己主張する人が多いため、交渉力を高めることができます。

シンガポールで就業した人は、さらなるキャリアアップを目指して、2~3年で転職するケースが多いです。シンガポールで英語を使い、実務を経験してきた人は、高い英語力に加えて、さまざまな文化を受け入れる力や交渉力を身につけているため、アジアの国の中での評価を上げることができます。

就業情報

待遇・就業に必要な条件

給与の目安
※日本円は1シンガポールドル80円で換算
営業:月収3,600〜6,000シンガポールドル(月収288,000~480,000円)
事務:月収3,000~5,000シンガポールドル(月収240,000~400,000円)
カスタマーサービス:月収3,000~4,500シンガポールドル(月収240,000~360,000円)
就労ビザ

就労ビザを取得するためには、一定以上の学歴もしくは特殊スキルを持ち、就業先での月給が下記の金額以上であることが必要です。
※S Passの取得要件は、専門学校、短期大学もしくはそれらと同等か、それ以上の学歴を持ち、月給が下記の金額以上であることが必用です。

1:就労ビザの主な種類
・Employment Pass: 基本月給3,600シンガポールドル以上(基本月給288,000以上)
・S Pass:基本月給2,200シンガポールドル以上(基本月給176,000円~)

2:就労ビザの有効期間は通常2年

※現地事情により変更になる場合があります。最新情報は大使館などでご確認ください。
必要な語学スキル 日本語および英語(ビジネスレベル)

日系企業の進出状況

代表的な業種 メーカー、商社、金融、物流、ITなど。
職場環境 中華系、インド系、マレー系、欧米系など、さまざまなバックグランウンドを持つ人々が働いています。ビジネスの公用語は英語。共働きが一般的なため、結婚・出産後も仕事を続ける女性が多いです。

生活環境

家賃相場
(1カ月)
※日本円は1シンガポールドル80円で換算
日本のようなワンルームマンションタイプの物件がないため、ルームシェアが一般的です。
HDB(公団):600~1,000シンガポールドル(48,000~80,000円)
コンドミニアム:800シンガポールドル~(64,000円~)
※公団はシンガポール国民の約9割が生活している団地です。団地といっても日本のマンションと変わらない住環境です。
※ほとんどの場合は家具付(ガスコンロ、冷蔵庫、洗濯機、ベッド、クローゼット、ソファー、電子レンジなど)
生活費相場
(1カ月)
※家賃含まず
※日本円は1シンガポールドル80円で換算

平均合計:約1,000シンガポールドル(約80,000円)

(内訳)
通信費:100シンガポールドル(8,000円)
光熱費:50シンガポールドル(4,000円)
交通費:100シンガポールドル(8,000円)※タクシーを使う場合
食費・交際費:700シンガポールドル (56,000円)
※昼食代の相場:5~10シンガポールドル(400~800円)/回
雑費:50シンガポールドル(4,000円)
シンガポールで
暮らす日本人
36,963人
2015年10月1日時点 出典:海外在留邦人数調査統計/外務省

他のエリアにも興味がある方はこちら

関連情報

dodaエージェントサービス 専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。はじめて退職する方のために3分でわかるエージェントサービスのメリットを紹介 エージェントサービスに申し込む(無料) 3分でわかるエージェントサービスのメリット
このエントリーをはてなブックマークに追加