エグゼクティブ転職トップ > エグゼクティブ成功ガイド > NRI × IES 特別対談 エグゼクティブの育て方・迎え方:第5回

NRI(野村総合研究所) × IES(インテリジェンス エグゼクティブ サーチ) 特別対談 次世代型エグゼクティブの創出 -エグゼクティブの育て方・迎え方- 第5回 迎え方:エグゼクティブ・サーチの実際

永井 恒男 株式会社野村総合研究所 IDELEA(イデリア)チーム 事業推進責任者

Profile

-プロフィール
1997年、野村総合研究所に入社。2005年社内ベンチャー制度を活用し、エグゼクティブコーチングと戦略コンサルティングを融合した新規事業IDELEA(イデリア)を立ち上げる。現在は現在は経営トップの意識変革から始める全社変革コンサルティングを展開。
www.id.nri.co.jp

森 博也 株式会社インテリジェンス インテリジェンスエグゼクティブサーチ 事業責任者

Profile

-プロフィール
1996年に公認会計士第2次試験合格。同年より監査法人にて3年半勤務。M&Aアドバイザリーを経て2002年にインテリジェンス入社。以降、製造派遣の立ち上げや社長室長を歴任し、2011年4月よりエグゼクティブ領域の責任者として従事。

エグゼクティブとは何か。企業にとって、最適なエグゼクティブの育て方、迎え方とは何か。
そんな企業成長における永遠のテーマについて、エグゼクティブを育てるプロと採用するプロが徹底的に語り合う、全10回の特別対談企画です。

第5回 迎え方:エグゼクティブ・サーチの実際

  • 1
  • 2
  • 3

エグゼクティブ・サーチは、一般の人材採用と何が違うのか?

永井

第1回の対談でエグゼクティブの定義について話した後、第2回から第4回にかけてエグゼクティブ・コーチングの実際と効果について理解を深めてきました。そして今回からは、エグゼクティブ・サーチ、つまり「エグゼクティブ人材の採用」について、森さんにいろいろと教えていただければと思います。どうぞよろしくお願いします。

ようやく私の出番ですね(笑)。こちらこそよろしくお願いします。

永井

では、まず「エグゼクティブ・サーチは一般の人材層の採用と何が違うのか?」という初歩的なところから教えていただけますか。

まず、人材ビジネスには大きく3つの種類があります。サイト型、エージェント型、サーチ型に分けられていて、IESは(3)のサーチ型に当たります。

(1) サイト型: 求職者がサイトを閲覧・条件検索して求人企業に直接応募
(2) エージェント型:コンサルタントが求職者に対して希望や適性に合った求人情報を紹介
(3) サーチ型: コンサルタントが求人企業に対して要件に合った人材を紹介

永井

3つのなかでも、特にエージェント型とサーチ型が似ているように思えます。どちらもコンサルタントが介在していますが、違いは何ですか。

ごく簡単に言うと、サービスのスタートが求職者(個人)か求人企業かによります。
エージェント型は、転職を考えている個人の方にお会いするところからスタートします。目の前のこの方が今までのキャリアを活かして成長し業績貢献するにはどんな企業に入社すればよいか、という視点でのサービスになります。若くてキャリアが短い方、メンバー層の方に向けてのサービスという側面が強いですね。これに対してサーチ型は、クライアント企業から求人案件が寄せられるところがスタートです。求人の背景や理由、期待値、要件を詳しくお聞きして、ニーズに合う人材に私たちがお声掛けします。「事業を成長させたい、組織に変化を起こしたい」という課題をお持ちのクライアントが多いので、必然的にエグゼクティブ層がターゲットになります。

永井

なるほど、そうなんですね。では、エージェント型とサーチ型とで、利用する企業に何か違いがありますか。

エージェント型は大手企業が多くなります。求職者の多くはまず一旦は知名度の高い大企業を志望する傾向が強いからです。一方、サーチ型は中小から中堅規模の企業が多いです。事業課題・経営課題の解決を担うエグゼクティブ人材が必要だが企業規模からいって社内のリソースでは足りない、もしくは、知名度が高くないのでキャンディデート(応募者)が集まらない。そこで私たちのようなサーチ型で採用するのが有効になります。

永井

「コンサルタントが介在する人材サービス」といっても違いがあるのですね。

企業規模が小さくても技術力・商品力がある優れた企業は本当にたくさんあるんです。中核を担うエグゼクティブ人材を採用して事業拡大のスピードを加速すれば、そうした企業はどんどん成長するでしょう。私たちIESはサーチ型の人材サービスですが、単に人材マッチングをしているつもりはありません。少々大きな話になりますが、人材を通じて日本の競争力を上げる、世界の中でのプレゼンスを上げるというつもりです。

永井

人材が産業の成長のカギを握るというのは企業も国も理解していますからね。

はい、ありがたいことにIESへのニーズも増えています。人材の補充ではなく、成長のキーマンを迎えたいという企業からのニーズです。中小規模の企業、ニッチ業界、転職者の先入観で敬遠される業界など、私たちが介在するからこそ転職者・企業の双方が可能性を見出して満足できるケースが多くなっています。一方、企業はエグゼクティブ採用を頻繁に行うわけではないので経験則がなく、試行錯誤もあります。

  • 1
  • 2
  • 3
専任のキャリアアドバイザーが、エグゼクティブの皆さまに新たなステージをご提案します。
ご登録いただいた方に、スカウト関連など、最新の情報をご連絡します。

エージェントサービスに登録(無料)

コンテンツ一覧

エグゼクティブ成功ガイド

エグゼクティブの転職事例

一覧

  • 進化を続けるエグゼクティブの転職事例

1,000万円転職事例

一覧

  • 1,100万円への転職成功事例
  • 1,200万円への転職成功事例
  • 1,000万円+成功報酬への転職成功事例

エグゼクティブ転職マニュアル

一覧

  • エグゼクティブのさまざまな志向に応えるDODAのエージェントサービス
  • 年収2000万円でも転職できるエグゼクティブ 300万円でも転職できないエグゼクティブ
  • 転職に必要な3つの側面での「フィット」
  • ヘッドハンターとの出会い方・付き合い方
  • エグゼクティブ流"志"転職 4つのポイント

テーマ特集

一覧

  • 2013年、注目を集めたキャリア・ビジネス系バズブログ12選
  • 「社長への転職」という生き方
  • エグゼクティブが語る 私を育てたマネジメント術
  • エグゼクティブ必見! 今、見ておくべきキャリア論
  • 検証コラム エグゼクティブDATABOX
  • エグゼクティブ診断