エグゼクティブ転職トップ > エグゼクティブ成功ガイド > NRI × IES 特別対談 エグゼクティブの育て方・迎え方:第6回

NRI(野村総合研究所) × IES(インテリジェンス エグゼクティブ サーチ) 特別対談 次世代型エグゼクティブの創出 -エグゼクティブの育て方・迎え方- 第6回 迎え方:エグゼクティブ・サーチの効果

永井 恒男 株式会社野村総合研究所 IDELEA(イデリア)チーム 事業推進責任者

Profile

-プロフィール
1997年、野村総合研究所に入社。2005年社内ベンチャー制度を活用し、エグゼクティブコーチングと戦略コンサルティングを融合した新規事業IDELEA(イデリア)を立ち上げる。現在は現在は経営トップの意識変革から始める全社変革コンサルティングを展開。
www.id.nri.co.jp

森 博也 株式会社インテリジェンス インテリジェンスエグゼクティブサーチ 事業責任者

Profile

-プロフィール
1996年に公認会計士第2次試験合格。同年より監査法人にて3年半勤務。M&Aアドバイザリーを経て2002年にインテリジェンス入社。以降、製造派遣の立ち上げや社長室長を歴任し、2011年4月よりエグゼクティブ領域の責任者として従事。

エグゼクティブとは何か。企業にとって、最適なエグゼクティブの育て方、迎え方とは何か。
そんな企業成長における永遠のテーマについて、エグゼクティブを育てるプロと採用するプロが徹底的に語り合う、全10回の特別対談企画です。

インテリジェンス エグゼクティブサーチ(IES)のサービスを通して、転職したエグゼクティブ

  • 五十嵐 順一さん

    52歳。消費財メーカーのIT責任者。大手IT企業2社、コンシューマ向けサービス業界の1社を経て、
    IESを通じて2013年に現在の会社に入社。

  • 中村 登さん

    43歳。素材メーカーの財務・税務のプロジェクトリーダー。
    公的機関、コンサルティングファームを経て、2013年にIESを通じて現在の会社に入社。

第6回 迎え方:エグゼクティブ・サーチの効果

  • 1
  • 2
  • 3

異業界に転職したエグゼクティブにとっての「仕事とは」は何だったか?

今回は、実際にインテリジェンス エグゼクティブサーチ(IES)を利用して転職された方をゲストに招いて、エグゼクティブ・サーチの効果についてお話ししていきたいと思います。お越しいただいたのは、現在、消費財メーカーのIT責任者の五十嵐さんと、素材メーカーで財務・税務のプロジェクトリーダーを担当されている中村さんです。どうぞよろしくお願いします。

五十嵐

こちらこそどうぞよろしくお願いします。

中村

できる限り、いい話ができればと思います。よろしくお願いします。

それではまず、お二人のこれまでの経歴を簡単に教えていただけますか。

五十嵐

新卒で大手IT企業に入社し、最初の転職をするまでの20年間そこで働きました。システムのエンジニアからスタートして、マーケティング、広告宣伝、グローバルセールス支援、営業バックオフィスのプロジェクトマネジャーなど、同じ会社の中でありながら転職したかのように、さまざまな部門を担当してきました。とはいえ、「エンジニアのバックボーンがある」ことが常にキャリアのアドバンテージでしたね。前職のサービス業界の会社ではITの立ち遅れという事業課題に取り組み、成果を出してプロジェクトの一段落をもって退職したところ、IESからお声掛けがあったのです。

中村

私は公的機関とコンサルティングファームで働いていました。公的機関では担当する業界や領域、ときには勤務する国も一定のサイクルで変更になるので、専門性のあるキャリアが築けなくなると思い転職し、2社目で担当した財務・税制が今の私のキャリアのコアになっています。コンサルティングをするだけでなく事業会社で、日本の強みである「ものづくり」にこだわってって今のメーカーに転職しました。

五十嵐さんはIT業界、サービス業界からメーカーへ。中村さんはコンサルティングファームからメーカーへ。お二人とも異業種への転職ですね。転職は「自分にとって仕事とは」の内省が欠かせません。お二人にとっての「仕事とは」は何だったのでしょうか。

五十嵐

自己実現できるかどうかですね。私にとっての自己実現は、自分のコアであるITをいかにビジネスに結び付けて付加価値を生むかです。ITは、ともすると「業務が速くなった」とかIT化すること自体が目的になりがちですが、ITによって経営者が事業の気付きを得るのが本来だと思っています。

面談でもそのあたりの話は出ましたか?

五十嵐

はい、トップに近いポジションの方とお会いしまして、「ITで我が社を変えたい。しかし、うちのITのレベルはまだまだ低い。力を貸してほしい」と請われました。私が常々考えていた「経営のディシジョンに活かすためのIT」とピタリと合致して、面談というよりは「この先のビジネスはこうあるべき」という話で4時間も語り合ってしまいました。

永井

中村さんにとっての「仕事とは」は、どのようなものですか。

中村

私にとっては働く場、自分の居場所がカンファタブルであるかが非常に重要だと考えていました。人にはキャリアを通じての強み・弱みがあります。私のキャリアの強みは財務や税制です。キャリアの築き方として「弱みを引き上げてすべての分野で平均点を取る」のか「自分の強みをより伸ばしつつ、いくつかの分野で平均点を取るまで底上げを行う努力は忘れない」かで言うと、私は後者だと思っています。ですから、まずは、自分の属している会社とそこで一緒に働く人をよく知ることで、社員同士のつながりがあってお互いを認め合える環境の中で、自分の「強み」で会社に貢献しつつ、「未だ弱いと思うところ」を底上げするのが最も効果的に自分の力を発揮するために大事だと思っています。

  • 1
  • 2
  • 3
専任のキャリアアドバイザーが、エグゼクティブの皆さまに新たなステージをご提案します。
ご登録いただいた方に、スカウト関連など、最新の情報をご連絡します。

エージェントサービスに登録(無料)

コンテンツ一覧

エグゼクティブ成功ガイド

エグゼクティブの転職事例

一覧

  • 進化を続けるエグゼクティブの転職事例

1,000万円転職事例

一覧

  • 1,100万円への転職成功事例
  • 1,200万円への転職成功事例
  • 1,000万円+成功報酬への転職成功事例

エグゼクティブ転職マニュアル

一覧

  • エグゼクティブのさまざまな志向に応えるDODAのエージェントサービス
  • 年収2000万円でも転職できるエグゼクティブ 300万円でも転職できないエグゼクティブ
  • 転職に必要な3つの側面での「フィット」
  • ヘッドハンターとの出会い方・付き合い方
  • エグゼクティブ流"志"転職 4つのポイント

テーマ特集

一覧

  • 2013年、注目を集めたキャリア・ビジネス系バズブログ12選
  • 「社長への転職」という生き方
  • エグゼクティブが語る 私を育てたマネジメント術
  • エグゼクティブ必見! 今、見ておくべきキャリア論
  • 検証コラム エグゼクティブDATABOX
  • エグゼクティブ診断