スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える DODA

転職活動の準備

連載転職マーケットの”今”を知る! 2016年1月11日発表

転職求人倍率レポート(2015年12月)

このエントリーをはてなブックマークに追加

全体:求人倍率は、前月比+0.04ptの1.21倍。4月入社の求人が増え、新規求人数は2015年で最多

◆概要◆

・2015年12月の求人倍率は、前月比+0.04ptの1.21倍。
・求人数は前月比103.8%、転職希望者数は前月比100.0%。
・求人数は13カ月連続で調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新。
・業種別では、「IT/通信」「金融」「メディカル」「メーカー」「商社/流通」「小売/外食」 「サービス」の7業種で求人
  数が増加。
・求人数が特に伸びたのは、「小売/外食」(108.6%)、「メーカー」(104.9%)。
・職種別では、「営業系」「企画・事務系」「技術系(IT/通信)」「技術系(電気/電子/機械)」「技術系(メディカ
  ル)」「技術系(化学/食品)」「技術系(建築/土木)」「専門職」「クリエイティブ系」「販売/サービス系」の10職種
  で求人数が増加。
・求人数が特に伸びたのは、「技術系(建築/土木)」(107.7%)「営業系」(105.8%)。

12月の転職マーケット:

2015年12月は、2016年4月入社に向けて採用活動を始めた企業が多く、求人数は増加しました。12月の新規求人数(当月に募集を開始した求人)は前月比118.1%で、2015年で最多でした。転職希望者数は例年12月に減少する傾向にありますが、2015年は11月の水準を維持しました。それでも、求人数の増加幅が転職希望者数を上回ったため、求人倍率は上昇し、転職希望者にとって優位な状況となりました。

〈業種別〉
「小売/外食」は、前月に続き8業種の中で最も求人数が増加しました。大手のコンビニエンスストア、ディスカウントストア、ホームセンターなどが、経営幹部候補やスーパーバイザーといったマネジメント関連のポジションで採用を活発化させています。「メーカー」では、電機メーカーが、自動車関連や医療などの新しい分野への事業投資を積極化させているため、求人数が増加しています。

〈職種別〉
「技術系(建築/土木)」では、東京オリンピック関連の工事需要やリフォーム需要が伸びているため、施工管理、設計・デザインの求人数が増加しました。「営業系」では、医療機器営業やMRといった医療系の営業職の求人数が増加しています。業界経験を問わない求人も増えており、医療系の営業職を目指す方には好機となっています。

1月以降の転職マーケット:

1月以降も求人数は増加し続ける見込みです。来年度の組織に必要となる人員を4月までに確保したいと考える企業が多いため、転職市場は1〜2月が最大のヤマ場となるでしょう。転職希望者は、例年1月から本格的に転職活動を始める人が増え、人気の高い求人には特に応募が殺到します。早めに応募をした人に内定が出て、募集がすぐに終了することもありますので、新規求人をこまめにチェックすることが大切です。4月から新天地を希望する人は、すぐにでも転職活動を始めることをおすすめします。

年/月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1.29 1.21 1.30 1.29 1.29 1.18 1.20 1.23 1.12 1.15 1.11 1.12
2009年 1.02 0.90 0.73 0.68 0.69 0.70 0.68 0.74 0.73 0.74 0.77 0.86
2010年 0.80 0.84 0.83 0.92 0.96 0.98 1.01 1.02 1.08 1.12 1.13 1.28
2011年 1.20 1.28 1.30 1.20 1.12 1.12 1.11 1.18 1.25 1.24 1.29 1.36
2012年 1.28 1.23 1.23 1.31 1.29 1.32 1.34 1.39 1.39 1.35 1.46 1.56
2013年 1.38 1.40 1.37 1.31 1.28 1.22 1.24 1.30 1.28 1.28 1.27 1.30
2014年 1.22 1.20 1.21 1.19 1.20 1.17 1.15 1.16 1.17 1.20 1.18 1.29
2015年 1.18 1.18 1.24 1.26 1.21 1.19 1.19 1.26 1.21 1.18 1.17 1.21
転職求人倍率・求人数・転職希望者数【グラフ】

業種別:「IT/通信」が、前月比+0.16ptの2.67倍。ITコンサルティングファーム、SIerで求人数が増加

求人倍率が最も高かったのは「IT/通信」で、前月比+0.16ptの2.67倍。求人倍率が最も上昇したのも「IT/通信」でした。求人数は前月比103.4%、転職希望者数は前月比97.3%。 従来から採用が活発なITコンサルティングファーム、SIerで新たに求人数が増えたため、求人数が増加しました。一方で、転職希望者数は例年と同様に減少したため、求人倍率が上昇しました。

職種 2015年12月求人倍率 前月差
全体 1.21 0.04
IT/通信 2.67 0.16
メディア 1.00 ▲ 0.03
金融 0.75 0.00
メディカル 1.49 ▲ 0.01
メーカー 0.75 0.04
商社/流通 0.34 0.00
小売/外食 0.49 0.04
サービス 1.52 0.04
その他 0.88 0.05
業種別の転職求人倍率【グラフ】

職種別:「技術系(IT/通信)」が、+0.21ptの3.19倍。事業会社の社内SEで求人数が増加

求人倍率が最も高かったのは「技術系(IT/通信)」で、+0.21ptの3.19倍。求人倍率が最も上昇したのも「技術系(IT/通信)」でした。求人数は前月比104.7%、転職希望者数は97.8%。従来から求人数が多かったITコンサルタント、システムエンジニアに加え、事業会社の社内SEの求人も増えました。一方で、転職希望者数は例年と同様に減少したため、求人倍率が上昇しました。

職種 2015年12月求人倍率 前月差
全体 1.21 0.04
営業系 1.06 0.05
企画・事務系 0.77 0.02
技術系(IT/通信) 3.19 0.21
技術系(電気/機械) 2.02 0.00
技術系(メディカル) 1.88 ▲ 0.07
技術系(化学/食品) 0.45 0.01
技術系(建築/土木) 2.26 0.11
専門職 1.84 0.06
クリエイティブ系 1.24 0.01
販売/サービス系 0.70 0.02
事務・アシスタント系 0.12 0.00
職種別の転職求人倍率【グラフ】
いま応募すべき求人を、転職のプロが提案します
エージェントサービスに申し込む(無料)
最新の求人情報を見てみよう
新着の求人一覧を見る
あなたにはどんな職場が合っている?自分のキャリアタイプを知ろう
キャリアタイプ診断を受ける
このエントリーをはてなブックマークに追加