スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

月次転職マーケットの”今”を知る! 2013年7月8日発表

転職求人倍率レポート(2013年6月)

このエントリーをはてなブックマークに追加

全体:2013年6月の求人倍率は1.22倍。求人数、転職者数ともに、2008年以降で最多を記録

2013年6月の求人倍率は、前月比-0.06ptの1.22倍。求人数は前月比102%、転職希望者数は前月比107%と、転職者の増加率が求人数のそれを上回ったため、求人倍率が低下しました。また、転職希望者数は前年比132%、求人数も前年比122%の増加で、2008年1月の調査開始以来、最多を記録。過去5年半を振り返ってみても、最も転職マーケットが活発になっていることが見受けられます。

2008年1月〜2013年6月の求人数の推移を見てみると、リーマンショック後の2008年12月頃から、毎月平均10%ずつ減少していき、2009年8月には2008年1月の約4割まで低下。その後は、ゆるやかに増加の一途をたどり、2013年5月に2008年1月以降で最高値を記録し、2013年6月はさらにそれを上回る求人数となっています。4年の歳月をかけてようやくリーマンショック以前の状態に戻ったと言えます。

また、転職希望者数の推移を見てみると、2008年1月から2009年3月までは、ほぼ横ばいとなっています。リーマンショック以降、キャリアアップややりがいを求めるポジティブな転職者が減る一方、倒産やリストラの影響で一時的に転職マーケットへ人材が流出したことが背景にあります。その波が落ち着いた2009年4月以降から転職希望者数も減少し、2010年12月にはピークだった2008年2月の6割まで減少。その後は徐々に回復するものの、2012年12月までの2年間は、増減を繰り返している状態でした。ところが、2013年1月から急激に転職希望者が増加し、2013年6月に2008年1月以降で最多を記録。アベノミクスによる景気好転の動きを受け、今まで活動を控えていた転職希望者が動き出したことが背景にあるのでしょう。

年/月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1.29 1.21 1.30 1.29 1.29 1.18 1.20 1.23 1.12 1.15 1.11 1.12
2009年 1.02 0.90 0.73 0.68 0.69 0.70 0.68 0.74 0.73 0.74 0.77 0.86
2010年 0.80 0.84 0.83 0.92 0.96 0.98 1.01 1.02 1.08 1.12 1.13 1.28
2011年 1.20 1.28 1.30 1.20 1.12 1.12 1.11 1.18 1.25 1.24 1.29 1.36
2012年 1.28 1.23 1.23 1.31 1.29 1.32 1.34 1.39 1.39 1.35 1.46 1.56
2013年 1.38 1.40 1.37 1.31 1.28 1.22
転職求人倍率・求人数・転職希望者数【グラフ】

業種別:前年比では金融、建築/不動産、前月比ではメディカル、小売/外食の求人が大幅増

業種別では、「メディカル」の求人倍率が最も高く2.25倍。次いで、「IT/通信」(1.99倍)、「サービス」(1.55倍)が続きます。前月より上昇しているのはメディカル(+0.13倍)、小売/外食(+0.02倍)の2業種です。

求人数を見てみると、前月と比較して特に増加したのは、MR(医薬情報担当者)のポジションで未経験者を数十名〜100名単位で採用し始めた「メディカル」。さらに、購買意欲の高まりを受けて「小売/外食」「建設/不動産」や、エンジニアの人材ニーズが高まるメーカーに対して「アウトソーシング」などの求人が増えています。

業種 2013年6月求人倍率 前月差
全体 1.22 ▲ 0.06
IT/通信 1.99 ▲ 0.14
メディア 0.82 ▲ 0.07
金融 0.77 ▲ 0.06
メディカル 2.25 0.13
メーカー 0.96 ▲ 0.08
商社/流通 0.27 ▲ 0.03
小売/外食 0.69 0.02
サービス 1.55 ▲ 0.05
その他 0.60 ▲ 0.02
業種別の転職求人倍率【グラフ】

職種別:金融系専門職、技術系(建築/土木)、営業系の求人が大幅増

職種別では、「技術系(IT・通信)」の求人倍率が最も高く2.21倍。次いで、「技術系(建築/土木)」(2.09倍)、「技術系(メディカル)」(1.86倍)が続きます。前月より上昇しているのは、「技術系(建築/土木)」(+0.11倍)のみとなっています。

求人数を見てみると、前月と比較して特に増加したのは、「営業系」と「技術系(建築/土木)」。「営業系」は、特にMR(医薬情報担当者)や不動産営業などの求人が伸びています。また、「技術系(建築/土木)」は、ハウスメーカーの施工管理職のニーズが大幅に増加していることが分かりました。

職種 2013年6月求人倍率 前月差
全体 1.22 ▲ 0.06
営業系 1.10 ▲ 0.01
企画・事務系 0.67 ▲ 0.07
技術系(IT・通信) 2.21 ▲ 0.09
技術系(電気/機械) 1.82 ▲ 0.14
技術系(メディカル) 1.86 ▲ 0.07
技術系(化学/食品) 0.77 ▲ 0.04
技術系(建築/土木) 2.09 0.11
専門職 1.63 ▲ 0.15
クリエイティブ系 1.44 ▲ 0.12
販売/サービス系 0.59 ▲ 0.03
事務・アシスタント系 0.72 ▲ 0.08
職種別の転職求人倍率【グラフ】
いま旬の求人を、転職のプロが提案します
エージェントサービスに申し込む(無料)
最新の求人情報を見てみよう
新着の求人一覧を見る
あなたにはどんな職場が合っている?自分のキャリアタイプを知ろう
キャリアタイプ診断を受ける

データを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの可能性と出会えるキャリアタイプ診断