スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

月次転職マーケットの”今”を知る! 2014年10月20日発表

転職求人倍率レポート(2014年9月)

このエントリーをはてなブックマークに追加

全体:2014年9月の求人倍率は、前月比+0.01ptの1.17倍。転職希望者の売り手市場傾向強まる

2014年9月の求人倍率は、前月比+0.01ptの1.17倍となりました。求人数は前月比100.9%、転職希望者数は同100.0%となり、求人数がわずかに増加したため、求人倍率は上昇しました。

求人数においては9月、調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新しました。新規求人数(当月新しく募集が開始された求人)は、前月比98.2%と減少。繰越求人数(前月から募集が継続している求人)が増加したため、求人の総数は増加となりました。

一方、転職希望者数は前月から横ばいでした。新規転職希望者数(当月に新しく転職活動を始めた人)は6月をピークに減少しており、9月は6月比1割減となりました。

転職市場は、転職希望者に優位な売り手市場の傾向が強まっています。しかし、この状況は、必ずしも長く続くとは限りません。実際に9月には、経営計画の見直しから、中途採用の一部取りやめに踏み切った企業がありました。「いつかは転職」と考えている方は、「あのとき転職をしておけばよかった」とならないよう、転職イベントへの参加や、気になった求人への応募など、実際に行動を起こすことで、転職すべきかどうかの判断材料を増やすのが良いでしょう。

年/月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1.29 1.21 1.30 1.29 1.29 1.18 1.20 1.23 1.12 1.15 1.11 1.12
2009年 1.02 0.90 0.73 0.68 0.69 0.70 0.68 0.74 0.73 0.74 0.77 0.86
2010年 0.80 0.84 0.83 0.92 0.96 0.98 1.01 1.02 1.08 1.12 1.13 1.28
2011年 1.20 1.28 1.30 1.20 1.12 1.12 1.11 1.18 1.25 1.24 1.29 1.36
2012年 1.28 1.23 1.23 1.31 1.29 1.32 1.34 1.39 1.39 1.35 1.46 1.56
2013年 1.38 1.40 1.37 1.31 1.28 1.22 1.24 1.30 1.28 1.28 1.27 1.30
2014年 1.22 1.20 1.21 1.19 1.20 1.17 1.15 1.16 1.17
転職求人倍率・求人数・転職希望者数【グラフ】

業種別:「IT/通信」が+0.08ptの2.44倍。IT投資に伴う求人増加続く

業種別で倍率が上昇したのは「IT/通信」で+0.08ptの2.44倍となりました。求人数が増加し前月比102.2%となった一方、転職希望者数は2カ月連続で前月を下回り、同98.6%となりました。IT投資に伴う求人の追加は止まらず、コンサルティングファーム/シンクタンク、システムインテグレータで特に目立ちました。この需用は周辺業界にも広がっており、監査法人でシステム監査・システムリスクコンサルタントや、技術者派遣を強みとする会社でシステムエンジニアの追加募集が始まっています。

倍率が-0.07ptと大きく下降した「メディア」は、求人数が前月比95.0%、転職希望者数は同102.5%となりました。背景には、上期内での採用を目標に求人を行っていた企業で採用期間が終了し求人が減少したことと、在京キー局の企画、宣伝を含む複数職種の中途採用があり、転職希望者数が急増したことがあります。

職種 2014年9月求人倍率 前月差
全体 1.17 0.01
IT/通信 2.44 0.08
メディア 0.89 ▲ 0.07
金融 0.79 0.01
メディカル 1.41 0.00
メーカー 0.78 0.01
商社/流通 0.38 0.02
小売/外食 0.55 0.02
サービス 1.39 ▲ 0.01
その他 0.50 0.01
業種別の転職求人倍率【グラフ】

職種別:「技術系(電気/機械)」が+0.07ptの1.87倍。自動車関連で求人需要高まる

職種別の求人倍率が最も上昇したのは「技術系(電気/機械)」で、+0.11ptの1.87倍でした。求人数は前月比103.5%、転職希望者数は同97.4%となり、転職希望者数は2カ月連続で減少しています。自動車関連の求人が中心で、これまでの自動車に付加価値を加えられる技術を持つエンジニアが求められています。

「技術系(IT/通信)」は、+0.11pt上昇し2.73倍。今年の最高値を更新しました。求人数は前月比102.9%、転職希望者数は同100.2%でした。

一方、「営業系」は-0.05ptの0.94倍。前月から低下が続き、求人数が前月比94.0%、転職希望者数は同99.0%となりました。求人数の減少は、数十名の採用を予定していた求人で、採用充足に伴い求人終了したケースが重なったことが背景にあります。

職種 2014年9月求人倍率 前月差
全体 1.17 0.01
営業系 0.94 ▲ 0.05
企画・事務系 0.83 0.02
技術系(IT/通信) 2.73 0.07
技術系(電気/機械) 1.87 0.11
技術系(メディカル) 1.14 0.01
技術系(化学/食品) 0.48 0.01
技術系(建築/土木) 2.08 0.04
専門職 2.02 ▲ 0.04
クリエイティブ系 1.39 ▲ 0.03
販売/サービス系 0.55 0.01
事務・アシスタント系 0.35 0.01
職種別の転職求人倍率【グラフ】
いま旬の求人を、転職のプロが提案します
エージェントサービスに申し込む(無料)
最新の求人情報を見てみよう
新着の求人一覧を見る
あなたにはどんな職場が合っている?自分のキャリアタイプを知ろう
キャリアタイプ診断を受ける

データを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職タイプ診断