スマートフォン版で表示

何に悩んだ?どこに困った?わたしの転職エピソード

Vol.1

公開日:2018/10/2

新卒2年目で2回も転職。こんな自分を選んでくれる会社なんて本当にあるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

Vol.1 新卒2年目で2回も転職。こんな自分を選んでくれる会社なんて本当にあるの?

ドリフト/24歳/男性/転職2回目

新卒の1社目は、望んでいた営業職に就けず、3カ月で退社。すぐに転職できたものの、本当にやりたい仕事を求めて、2社目を11カ月で退社することになったドリフトさん。今回が3社目となるため、「社会人2年目でこんなに何度も転職をして、会社に信用されるのか?」と大きな不安を抱えていたそうです。現在は、やりたい仕事を見つけ、「自動車メーカーで完成車に携わってみたい」という目標もできました。

技術者派遣 営業
自動車部品メーカー 営業

ドリフトさん

営業志望だったのに、1社目、2社目も希望部署に行けず、悶々と過ごしていた日々

——1社目を約3カ月で退職。入社時から何か問題が?

出版広告の営業の仕事に就きたくて、新卒で入社したんですが、全く別の配属になってしまって、3カ月で退職してすぐに転職しました。自分の見込みが甘くて、勢いで(笑)。2社目は、建設業界専門の人材派遣の営業でした。営業とはいえ未経験だったので、まずは建設現場の管理をやっていました。今までの2社は、業界も職種も違っていて一貫性がなく見えますが、どちらも営業志望で選んだ会社なんです。けれど配属先が違ったり、入社してまず現場に行かされたり、結果的に営業職が経験できなかったんです。それが転職のきっかけですね。

取り戻せない時間に焦りや後悔が…。そんなとき、見えてきたものがあったんです!

——2度目の転職に不安はありませんでしたか?

それはもう不安しかなかったですね。社会人になって2年にもならないのに2社勤務で、短い勤務期間。ハンデ要素ばかりで、普通に考えたら不利ですよね。「この人は一体何ができるんだろう」と思われる気がしたし、「勤めた期間が短すぎて就職したことにならないのでは?」とか、「ぼくはどこからも求められないんじゃないかな?」とか考えて不安になりました。面接で話せるような実績がないことは、自分でも十分に感じていましたから。

——若いうちの転職は有利と言われていますが?

とてもそんなふうには思えなかったですね。もともと新卒のときから営業志望だったとはいうものの、経験があるわけじゃないし。「営業志望だったのにどうして違う職種をやってきてるんだ?」と言われたらうまく説明できる自信もなかったんです。頑張って説明してもかえって言い訳に聞こえるんじゃないかと思ったし…。そもそも新卒就活のときに、もっとよく考えて就職すればよかったとか、過去の自分を責めるようなことまで考えるようになってしまいました。時間は取り戻せないから仕方がないのに。

——そんな悩みからどうやって気持ちを切り替えたんですか?

2社目では現場で作業車を運転することが多かったんですが、マニュアル車の練習のためにクルマの展示場コーナーで試乗したら、運転がすごく楽しくて。そのとき、自分はクルマが好きだったことを思い出したんです。「クルマなら興味が持てる!」と思って、「今度こそ、好きなことで営業に!」と気持ちを切り替えられました。それまでは漠然と「営業をやりたい」と思ってたのが、「好きなクルマに関わりたい」と目的がはっきりしたので、面接でも少しずつ自信が持てたというか、過去はもう悔やんでもしかたない、でもこれからはコレをやりたい!と言えるようになった気がします。

勉強しなきゃいけないことはたくさん、でも「お前、楽しそうだな」って言われてます

——大好きなクルマの部品の営業に携われるようになって、今の心境は?

覚えなきゃいけないことはいっぱいあるんですけど、クルマが好きなので苦にならないですね。今は、先輩に同行して、商談での話し方や振る舞いを勉強させてもらってます。もちろんまだまだですけど、クルマの話題だったら自分のほうが詳しくて、「よく知ってるな」と話がはずむこともあります。前職は短い経験でしたけど、建設現場の「急なトラブル対応」とかは活かせるのかもしれないですね。現場で起こるすべては、営業が矢面に立って引き受けないといけないですから。深夜の現場で、それはバッチリ鍛えられてます(笑)。

——転職されてご自身は変わりましたか?

そうですね。学生時代の頃の屈託ないキャラに自分が戻ってる気がするんです。今の会社では、分からないことがあったらすぐに聞ける先輩がそばにいて、たわいない雑談もできる。前職ではなかったことで、すごくありがたいことですね。先輩にも「楽しそうに仕事しているな」って言われてます。

編集後記

短期間で何度も転職していたり、その職種がまちまちだったりすると、次の転職がうまくいくか不安になって過去の自分を責めてしまう人もたくさんいます。ですが、変えられない過去のことで悩みすぎるのはほどほどにして、ドリフトさんのように切り替えることが大事です。自分が何に熱い思いを持てるのか、そこに少しでも活かせる経験がなかったかを探してみると、前向きに転職活動に取り組めますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

あなたの強みや向いてる社風は?自分のことをもっと知ってみよう
キャリアタイプ診断
「次の会社を最後の転職にする!」と思っているあなたへ
求人特集を見る
「転職活動しようかな」と思ったらまずは会員登録しておこう
会員登録する(無料)

平均年収ランキング最新版