転職・求人doda(デューダ)トップ > なるほど!転職ガイド > 平均年収 > 平均年収ランキング2007 > 薬剤師|技術(メディカル)(平均年収2007)
平均年収(最新版)はこちら
doda職種別平均年収

平均年収ランキング2007 薬剤師の平均年収|技術(メディカル)

※2007年9月doda登録者データより算出 ※[max]は集計対象データの中の最高金額です。

この職種もチェックしよう

薬剤師の不足による採用は依然積極的 臨床開発や技術職へのキャリアパスも

薬学部の新設、6年制への移行、医薬分業、さらにはドラッグストアの店舗拡大など、薬剤師を取り巻く環境は大きく変化しています。薬剤師の採用ニーズも、各病院、ドラッグストアにおいて高まっています。特にドラッグストアの薬剤師採用は積極的で、薬剤師不足に悩まされる地方では、都市部よりも年収が高いケースもあります。
ドラッグストア勤務の薬剤師の場合、一般企業などと比べると職場での人間関係が限られた範囲になるので、協調性や周囲への心づかいが必要となります。このため、コミュニケーション力の高い方が求められているようです。また、薬剤師業務と同時に、売場管理や商品の発注、アルバイト・パートで働く従業員のマネジメントなど、幅広い業務に関わることができ、自己成長につながるのも魅力です。
調剤薬局勤務の薬剤師の場合、安定的な年収が見込める反面、劇的に年収が上がるということもないのが現状です。年収アップを図るためには、医薬の専門知識を活かして、同じメディカル業界で臨床開発や技術職への転職も可能です。

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?