スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

月次転職マーケットの”今”を知る! 2012年12月10日発表

転職求人倍率レポート(2012年11月)

このエントリーをはてなブックマークに追加

全体:11月の求人倍率は、前月比+0.11ptの1.46倍。2008年1月以来の最高値をマーク

2012年11月の転職求人倍率は、前月比+0.11ポイントの1.46倍。リーマンショック以前の2008年1月以降で、最高値をマークしています。求人数は前月比+1%とほぼ横ばいの一方、転職希望者数は前月比−7%と大きく減少していることが、求人倍率上昇の背景にあります。

求人数の変動を見てみると、世界経済減速や外交問題などの影響を受け、一部で採用活動を縮小する動きも見られます。そうした状況の中でも、前月より求人数が増加している職種は、「技術系(電気/機械)」と「技術系(建築/土木)」。「技術系(電気/機械)」は、自動車部品、電子部品、半導体などの分野で業績好調なメーカーが採用を活発に行っており、中にはリストラや早期退職などで流出した優秀な技術者を確保しようとする企業も見られます。「技術系(建築/土木)」は、震災後の復興需要や耐震工事・メンテナンスの需要増加により、多くの住宅メーカーで設計職や施工管理職を数十名単位で採用する動きが見られます。

一方、転職希望者が減少した背景には、三つの要因が考えられます。一点目は、大手メーカーのリストラや早期退職が相次ぐ中、求人の減少や雇用の不安定さを感じ、現職に留まろうとする動きです。二点目は、業績好調な企業ではボーナスや給料が昨年より増加し、待遇に満足して転職しないケースです。三点目は、業務量や残業が増え、転職活動に割く時間がとれないという人たちです。こうした動きは、2012年12月以降も続くことが予想されます。求人に関しては、採用に対して慎重な企業が今後も出てくると想定される一方、中長期的な事業展開を見据えて採用を継続する企業もあるでしょう。

年/月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1.29 1.21 1.30 1.29 1.29 1.18 1.20 1.23 1.12 1.15 1.11 1.12
2009年 1.02 0.90 0.73 0.68 0.69 0.70 0.68 0.74 0.73 0.74 0.77 0.86
2010年 0.80 0.84 0.83 0.92 0.96 0.98 1.01 1.02 1.08 1.12 1.13 1.28
2011年 1.20 1.28 1.30 1.20 1.12 1.12 1.11 1.18 1.25 1.24 1.29 1.36
2012年 1.28 1.23 1.23 1.31 1.29 1.32 1.34 1.39 1.39 1.35 1.46
転職求人倍率・求人数・転職希望者数【グラフ】

業種別:9業種中7業種が前月比プラス。特に、IT、サービスが大きく上昇

11月の求人倍率は、9業種中7業種が前月よりプラス。特に、「IT/通信」と「サービス」は+0.19ポイントと大きく上昇しています。

また、求人倍率が最も高い業種は、「IT/通信」の2.52倍。次いで「メディカル」(2.24倍)、「サービス」(1.65倍)と、トップ3は前月と変化がありません。

「IT/通信」は、活況が続くWebやゲーム業界に加え、ITコンサルティングやSIerなどでも、案件の増加に伴いエンジニアの採用が活発化。また、「サービス」では、建設/不動産やアウトソーシングの分野で求人が増加しています。

業種 2012年11月求人倍率 前月差
全体 1.46 0.11
IT/通信 2.52 0.19
メディア 1.06 0.06
金融 0.74 ▲ 0.01
メディカル 2.24 ▲ 0.05
メーカー 1.38 0.08
商社/流通 0.38 0.04
小売/外食 0.87 0.10
サービス 1.65 0.19
その他 0.63 0.10
業種別の転職求人倍率【グラフ】

職種別:11職種中10職種が前月比プラス。特に、技術系(建築/土木)が大きく上昇

11月の求人倍率は、11職種中10職種が前月よりプラス。特に、「技術系(建築/土木)(+0.31ポイント)」、「技術系(電気/機械)(+0.25ポイント)」が大きく上昇しています。

  求人倍率が最も高いのは、「技術系(IT・通信)」の2.67倍。次いで「技術系(電気/機械)」(2.51倍)、「技術系(建築/土木)」(2.30倍)と、技術系職種がトップ3を占めています。

  「技術系(IT・通信)」では、Web・アプリケーション系のエンジニアに加え、SIerなどではインフラエンジニアの採用も活発化しています。また、「技術系(電気/機械)」は、自動車部品、電子部品、半導体などの分野で業績好調なメーカーが採用を活発化。「技術系(建築/土木)」は、震災後の復興需要や耐震工事・メンテナンスの需要増加により、多くの住宅メーカーで設計職や施工管理職を数十名単位で採用する動きが見られます。

職種 2012年11月求人倍率 前月差
全体 1.46 0.11
営業系 1.12 0.07
企画・事務系 0.94 0.08
技術系(IT・通信) 2.67 0.04
技術系(電気/機械) 2.51 0.25
技術系(メディカル) 2.09 ▲ 0.11
技術系(化学/食品) 1.04 0.11
技術系(建築/土木) 2.30 0.31
専門職 1.63 0.22
クリエイティブ系 2.13 0.23
販売/サービス系 0.71 0.07
事務・アシスタント系 0.99 0.10
職種別の転職求人倍率【グラフ】
いま旬の求人を、転職のプロが提案します
エージェントサービスに申し込む(無料)
最新の求人情報を見てみよう
新着の求人一覧を見る
あなたにはどんな職場が合っている?自分のキャリアタイプを知ろう
キャリアタイプ診断を受ける

データを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?