スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

月次転職マーケットの”今”を知る! 2016年6月13日発表

転職求人倍率レポート(2016年5月)

このエントリーをはてなブックマークに追加

全体:求人倍率は1.04倍。ゴールデンウィーク明けから採用活動が活発化

◆概要◆

・2016年5月の求人倍率は、前月比-0.03ptの1.04倍。
・求人数は前月比100.2%、転職希望者数は前月比102.9%。
・求人数は前年同月比141.1%、転職希望者数は前年同月比164.3%。
・求人数は18カ月連続で調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新。 業種別では、「IT/通信/インターネット」「メディア」「メーカー」「商社/流通」の4業種で求人数が増加。
求人数が特に伸びたのは、「メディア」(前月比105.2%)、「商社/流通」(前月比104.8%)。
・職種別では、「営業系」「企画・事務系」「技術系(電気/機械)」「技術系(建築/土木)」「事務・アシスタント系」の5職種で求人数が増加。
求人数が特に伸びたのは、「技術系(電気/機械)」(前月比104.2%)、「企画・事務系」(前月比103.2%)。

5月の転職マーケット

求人においては、5月に募集を始めた新規求人数の増加は4月に比べて落ち着いたものの、前月から継続して募集を行う繰越求人数は引き続き多い状況です。転職希望者においても、前月から継続して転職活動を行う人の数は多い状況が続いています。求人数は18カ月連続で、転職希望者数は9カ月連続で、ともに調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新しています。ゴールデンウィーク明け以降、採用予定のポジションを早期に充足させようと、応募者1人当たりの選考期間は短縮傾向にあり、これまで以上に採用活動が活発になっている様子がうかがえます。

業種別で求人数が特に増えたのは「メディア」と「商社/流通」
「メディア」では、広告代理店で求人数が特に増加しました。デジタルマーケティング領域の事業拡大に積極的で、新しい広告メニューを拡販するために、営業職を中心に増員する傾向が見られます。「商社/流通」では、総合商社で今年度の採用が始まり、求人数が増加しました。新エネルギーやITビジネスなど、新しい事業分野の収益化に注力をしているため、特定の分野に長けた人材の募集に力を入れています。

職種別で求人数が特に増えたのは「技術系(電気/機械)」と「企画・事務系」
「技術系(電気/機械)」では、組み込み・制御設計で求人数が特に増加しました。新製品の開発や既存製品のリニューアルにあたりIoTの技術を活用するケースは増えており、製品のソフトウェア開発を担う組み込み・制御設計のエンジニアのニーズは高まる一方です。「企画・事務系」では、Webマーケティングや採用、物流企画などで求人数が増えており、業績や組織の拡大を目的に人員を強化する動きが見られます。

6月以降の転職マーケット

今年度に入り求人数の増加幅はやや鈍化傾向ですが、即戦力となりやすい中途入社者に期待をする企業は多く、6月以降も求人数は緩やかに増加する見込みです。2017年卒の新卒採用のヤマ場が過ぎ、新卒採用者が予定人数に満たない企業の中には、第二新卒の採用に力を入れる企業が見られます。中でもBtoB企業で第二新卒の採用に積極的な企業が多い傾向にあります。そうした企業の中には、ニッチな領域で高収益を上げている企業も多く、自分で探しているだけでは気づかない転職のチャンスが広がっています。
第二新卒に限らず、「良いところがあれば転職をしたい」と考える方こそ、希望の1社を見つけるためにさまざまなサービスを活用し、可能性を広げて企業探しをすることをおすすめします。

年/月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1.29 1.21 1.30 1.29 1.29 1.18 1.20 1.23 1.12 1.15 1.11 1.12
2009年 1.02 0.90 0.73 0.68 0.69 0.70 0.68 0.74 0.73 0.74 0.77 0.86
2010年 0.80 0.84 0.83 0.92 0.96 0.98 1.01 1.02 1.08 1.12 1.13 1.28
2011年 1.20 1.28 1.30 1.20 1.12 1.12 1.11 1.18 1.25 1.24 1.29 1.36
2012年 1.28 1.23 1.23 1.31 1.29 1.32 1.34 1.39 1.39 1.35 1.46 1.56
2013年 1.38 1.40 1.37 1.31 1.28 1.22 1.24 1.30 1.28 1.28 1.27 1.30
2014年 1.22 1.20 1.21 1.19 1.20 1.17 1.15 1.16 1.17 1.20 1.18 1.29
2015年 1.18 1.18 1.24 1.26 1.21 1.19 1.19 1.26 1.21 1.18 1.17 1.21
2016年 1.11 1.10 1.10 1.07 1.04
転職求人倍率・求人数・転職希望者数【グラフ】

業種別:「メディア」が前月比+0.02ptの0.86倍。広告業界の経験者はキャリアアップのチャンス

求人倍率が最も上昇したのは「メディア」と「IT/通信」でともに前月比+0.02ptでした。 「IT/通信」は求人倍率が最も高かった業種でもあり、求人倍率は2.74倍でした。求人数は前月比101.5%、転職希望者数は前月比100.8%となり、ともに調査開始以来の最高値を更新しています。

「メディア」の求人倍率は0.86倍で、求人数は前月比105.2%となり、転職希望者数は前月比102.6%でした。ともに調査開始以来の最高値を更新しています。総合広告代理店や大手のインターネット広告代理店などで採用が活発です。広告業界の経験者は特に歓迎されていますので、キャリアアップが狙える状況です。

業種 2016年5月求人倍率 前月差
全体 1.04 ▲ 0.03
IT/通信 2.74 0.02
メディア 0.86 0.02
金融 0.64 ▲ 0.03
メディカル 1.26 ▲ 0.08
メーカー 0.71 0.00
商社/流通 0.29 0.01
小売/外食 0.39 ▲ 0.02
サービス 1.20 ▲ 0.05
その他 0.53 ▲ 0.06
業種別の転職求人倍率【グラフ】

職種別:「技術系(電気/機械)」が前月比+0.03ptの2.04倍。組み込み・制御設計のニーズが高まる

求人倍率が最も上昇したのは「技術系(電気/機械)」で、前月比+0.03ptの2.04倍。求人数は前月比104.2%、転職希望者数は前月比102.7%でした。特に「技術系(電気/機械)」に含まれる組み込み・制御設計では、求人数が増加している一方、転職希望者数は横ばいの状態が続いており、求人倍率は6倍を超える水準になっています。そのため、少しでも組み込み・制御設計の経験がある方は歓迎される状況となっています。

求人倍率が最も高かったのは「技術系(IT/通信)」で、前月比-0.17ptの3.12倍。求人数は前月比95.2%、転職希望者数は前月比100.3%となりました。

職種 2016年5月求人倍率 前月差
全体 1.04 ▲ 0.03
営業系 1.05 0.01
企画・事務系 0.75 0.01
技術系(IT/通信) 3.12 ▲ 0.17
技術系(電気/機械) 2.04 0.03
技術系(メディカル) 1.25 ▲ 0.11
技術系(化学/食品) 0.35 ▲ 0.02
技術系(建築/土木) 1.69 ▲ 0.04
専門職 1.86 ▲ 0.02
クリエイティブ系 0.86 ▲ 0.03
販売/サービス系 0.46 ▲ 0.03
事務・アシスタント系 0.09 0.00
職種別の転職求人倍率【グラフ】
いま旬の求人を、転職のプロが提案します
エージェントサービスに申し込む(無料)
最新の求人情報を見てみよう
新着の求人一覧を見る
あなたにはどんな職場が合っている?自分のキャリアタイプを知ろう
キャリアタイプ診断を受ける

データを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校