スマートフォン版で表示

月次転職マーケットの”今”を知る! 2019年3月11日発表

転職求人倍率レポート(2019年2月)

「転職求人倍率」は、dodaエージェントサービスの直近のデータを用いて、いまの転職マーケットを読み解く、dodaオリジナルのコンテンツです。業種、職種別に転職の難易度がわかりますので、転職活動の計画を立てるときに役立ちます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

全体:求人倍率は2.13倍。求人数は4カ月ぶりに最高値を更新

2019年2月の転職市場の概要

・2019年2月の求人倍率は、2.13倍(前月比±0pt/前年同月比-0.40pt)。
・求人数は前月比102.4%、転職希望者数は前月比102.4%。
・求人数は前年同月比103.7%、転職希望者数は前年同月比123.1%。
・求人数は調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新。

・業種別では、8業種(「その他」を除く)のうち「金融」「サービス」「商社・流通」「IT・通信」「メーカー」「メディカル」の6業種で前月から求人数が増加。
前月比で求人の増加率が特に高かったのは、「金融」(前月比106.7%)、「サービス」(前月比104.3%)。
前年同月比で求人の増加率が特に高かったのは、「金融」(前年同月比133.0%)、「メーカー」(前年同月比111.2%)。

・職種別では、11職種のうち「技術系(化学・食品)」「営業系」「技術系(電気・機械)」「企画・管理系」「技術系(IT・通信)」「技術系(メディカル)」「クリエイティブ系」の7職種で前月から求人数が増加。
前月比で求人の増加率が特に高かったのは、「技術系(化学・食品)」(前月比106.4%)、「営業系」(前月比104.8%)。
前年同月比で求人の増加率が特に高かったのは、「事務・アシスタント系」(前年同月比141.7%)、「技術系(化学・食品)」(前年同月比117.4%)。

2019年2月の転職マーケット

転職求人倍率・求人数・転職希望者数【グラフ】

2月の求人数は、新年度に採用予定のポジションの募集を始める企業が出始めたため、前月比102.4%と増加し、2018年10月以来4カ月ぶりに最高値を更新しました。一方、転職希望者数も年度末のタイミングでの退職を考える人が多く、前月比102.4%と増加しました。求人数と転職希望者数の増加幅が同じだったため、求人倍率は前月と同じ2.13倍となりました。

前年同月比では、求人倍率は-0.40ptと下降しました。求人数は103.7%と、転職先の選択肢は前年から増加していますが、伸び幅は小さくなっています。一方で、転職希望者数は123.1%と前年から大幅に増えており、一見転職が難しくなっているように見えますが、気になる会社を数社受けていまの会社に残る判断をする人もいるため、内定に至るまで転職活動をする方にとっては、まだまだチャンスの多い市況が続いています。

業種別:最も求人の増加率が高かったのは、前月比、前年同月比ともに「金融」

業種 求人倍率 前月比 前年同月比 求人数 転職希望者数
全体 2.13   0.00   -0.40 - -
IT・通信 5.39   -0.24 -0.80 10+ 9
メディア 1.50   -0.07   -0.86 6 4
金融 1.69   0.12   0.10 10+ 6
メディカル 1.57   -0.01   -0.46 7 5
メーカー 1.82   -0.02   -0.18 10+ 10+
商社/流通 0.84   0.00   -0.13 4 5
小売/外食 0.73   -0.06   -0.34 8 10+
サービス 2.54   0.07   -0.48 10+ 10+
その他 0.80   -0.04   -0.48 4 4

求人倍率は、8業種(「その他」を除く)のうち「金融」「サービス」の2業種で前月から上昇しました。前年同月比では「金融」で上昇しました。

求人数は、8業種のうち前月比では増加率の高い順に「金融」「サービス」「商社・流通」「IT・通信」「メーカー」「メディカル」の6業種で求人数が増加。前年同月比では増加率の高い順に「金融」「メーカー」「サービス」「IT・通信」「商社・流通」の5業種で増加しました。

前月比で求人数が増加した「金融」(前月比106.7%)では、生命保険や保険代理店で採用が活発になっています。「金融」は、前年同月比の増加率が133.0%となっており、前年同月比で最も増加率の高い業種でした。

「サービス」(104.3%)では、人材サービスの採用が活発で、技術者派遣のエンジニアの求人数が特に伸びています。

前年同月比で求人の増加率が特に高かった「メーカー」(前年同月比111.2%)では、自動車メーカーや自動車関連部品で採用が活発です。

業種別の転職求人倍率【グラフ】

職種別:最も求人の増加率が高かったのは、前月比では「技術系(化学・食品)」、前年同月比では「事務・アシスタント系」

職種 求人倍率 前月比 前年同月比 求人数 転職希望者数
全体 2.13   0.00   -0.40 - -
営業系 1.99   0.07   -0.57 10+ 10+
企画・管理系 1.74   -0.04   0.01 10+ 10+
技術系(IT・通信) 7.22   -0.43   -0.79 10+ 6
技術系(電気・機械) 4.68   -0.03   -0.35 10+ 8
技術系(メディカル) 1.52   0.02   -0.72 4 3
技術系(化学・食品) 1.31   0.04   -0.13 4 3
技術系(建築・土木) 3.67   -0.09   -0.81 10+ 4
専門職 6.24   -0.37   -1.12 10+ 2
クリエイティブ系 1.39   -0.05   -0.79 5 4
販売・サービス系 0.96 0.01   -0.20 10+ 10+
事務・アシスタント系 0.22   -0.01   0.02 3 10+

求人倍率は、前月比では11職種のうち求人倍率の上昇幅の大きな順に、「営業系」「技術系(化学・食品)」「技術系(メディカル)」「販売・サービス系」の4職種で上昇しました。前年同月比では求人倍率の上昇幅の大きな順に、「事務・アシスタント系」「企画・管理系」の2職種で上昇しました。

求人数は、前月比では11職種のうち増加率の高い順に「技術系(化学・食品)」「営業系」「技術系(電気・機械)」「企画・管理系」「技術系(IT・通信)」「技術系(メディカル)」「クリエイティブ系」の7職種で増加しました。前年同月比では、増加率の高い順に「事務・アシスタント系」「技術系(化学・食品)」「技術系(電気・機械)」「企画・管理系」「販売・サービス系」「技術系(建築・土木)」「技術系(IT・通信)」の7職種で増加しました。

前月比で求人の増加率が特に高かった「技術系(化学・食品)」(前月比106.4%)では、自動車部品メーカーでリチウムイオン電池の開発が活発で求人数が増えています。また、人材サービス会社が受託開発事業に力を入れているため、研究開発や分析・評価の分野で化学系のエンジニアの求人増加が前月に続き顕著です。この職種の求人数は、前年同月比でも117.4%と11職種中2番目に増加率が高くなっています。

「営業系」(前月比104.8%)では、保険代理店や人材サービス、IT・通信を中心に4月以降の入社を予定した募集が始まり、求人数が増加しました。

前年同月比で求人の増加率が特に高かった「事務・アシスタント系」(前年同月比141.7%)の職種は、3カ月連続で最も求人数の増加率が高くなっており、求人倍率も前年よりも0.02pt上昇しているため、この職種に転職をしたい人にはチャンスとなっています。

職種別の転職求人倍率【グラフ】

2019年3月以降の転職マーケット

求人数は2018年10月以降横ばいの状況が続いていましたが、2月は新年度に向けた求人が出始めたことで、4カ月ぶりに最高値の更新となりました。経済状況がやや不透明になりつつあるものの、中途採用への期待が高い企業は多く、2019年度も求人数が多い状態となる見込みです。

2018年度の転職市場は、求人倍率こそ下降傾向となりましたが、転職希望者が増えた影響が強く、実態としては転職希望者にとって良い市況感が続きました。

実際の転職事例をみると、経験のない職種へ転職ができたケース、年収が上がるケース、年収は変わらないものの残業時間が減るケースなど、転職で希望をかなえられる人が前年よりも増えています。就業条件が良くなっている人の傾向として、これまでの経験を活かした転職をしていることが挙げられます。自分に何ができるのか、環境が変わっても活かせることは何か、を棚卸ししながら求人へ応募してみるとよいでしょう。

転職求人倍率の定義

「転職求人倍率」は、dodaエージェントサービスの登録者1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値です(小数第三位を四捨五入)。

【算出式】転職求人倍率=求人数(採用予定人数)÷転職希望者数

【求人数】①当月中に新たに登録された新規求人数(採用予定人数)と、②前月からの繰越求人数(採用予定人数)の合算。

【転職希望者数】 ③当月中に新たに登録した新規登録者数と、 ④前月から継続登録している繰越登録者のうち当月1件以上の求人に応募した登録者の数を合算。

※求人数、転職希望者数ともに、dodaエージェントサービスに登録された求人、登録者を算出対象としています。
※繰越登録者数は、当月からさかのぼって6カ月以内の新規登録者数です。
※転職希望者の「業種」「職種」は、希望する業種・職種ではなく、直近の仕事の業種・職種です。

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

いま応募すべき求人を、転職のプロが提案します
エージェントサービスに申し込む(無料)
最新の求人情報を見てみよう
新着の求人一覧を見る
あなたにはどんな職場が合っている?自分のキャリアタイプを知ろう
キャリアタイプ診断を受ける

データを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

あの職種ってどんな仕事?【doda職種図鑑】