スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える。DODA(デューダ)

ランキング・データ・調査

月次転職マーケットの”今”を知る! 2017年8月7日発表

転職求人倍率レポート(2017年7月)

「DODA転職求人倍率レポート」は、DODAの求人数と転職希望者数のデータを用いて、いまの転職マーケットを読み解く、DODAのオリジナルコンテンツです。求人倍率の数値は、転職希望者1人に対して何件の求人がどのくらいあるかを表しており、転職活動にあたってチャンスとなる時期や採用が活発な業種・職種が分かります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

全体:求人倍率は2.31倍。求人数は32カ月連続で最高値を更新求人数

2017年7月の転職市場の概要

・2017年7月の求人倍率は、2.31倍(前月比‐0.12pt/前年同月比-0.21pt)。
・求人数は前月比101.2%、転職希望者数は前月比106.1%。
・求人数は前年同月比121.0%、転職希望者数は前年同月比131.6%。
・求人数は32カ月連続で調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新。
・業種別では、8業種(「その他」を除く)のうち「IT・通信」「金融」「メーカー」「商社・流通」「サービス」の5業種で求人数が増加。
求人数が特に伸びたのは、「金融」(前月比103.9%)、「サービス」(前月比102.8%)。
・職種別では、11職種のうち「営業系」「技術系(IT・通信)」「技術系(電気・機械)」「技術系(メディカル)」「技術系(建築・土木)」「専門職」 「クリエイティブ系」の7職種で求人数が増加。
求人数が特に伸びたのは、「技術系(建築・土木)」(前月比105.6%)「専門職」(前月比105.0%)。

2017年7月の転職マーケット

転職求人倍率・求人数・転職希望者数【グラフ】

求人数は前月比101.2%となり、32カ月連続で調査開始以来の最高値を更新しました。新卒採用のヤマ場を越える7月からの第二四半期は、中途採用に力を入れる企業が多く、新しいポジションの追加も相次いだため、求人数は増加しました。転職希望者の数は増加が続いており、特に2カ月以上にわたって転職活動をしている人の数が増えています。今よりいい条件の会社を見つけるまで、期間を決めずに転職活動をする傾向が強まっており、転職希望者数が求人数の増加幅を上回る状況が続いています。そのため、求人倍率は前月から下降したものの、2.31倍と高い水準が続いています。

業種別:求人数が伸びたのは「金融」(前月比103.9%)、「サービス」(前月比102.8%)

業種 求人倍率 前月比 前年同月比 求人数 転職希望者数
全体 2.31  -0.12  -0.21 - -
IT・通信 5.49  -0.21  -0.68 10+ 9
メディア 2.44  -0.20  0.16 8 3
金融 1.63  -0.05   0.06 8 5
メディカル 2.49  -0.12  -0.59 9 4
メーカー 1.65  -0.09   0.02 10+ 10+
商社/流通 0.85  -0.05   0.07 4 5
小売/外食 0.87  -0.13  -0.23 8 9
サービス 2.78  -0.06  -0.19 10+ 10+
その他 1.45  -0.11  -0.16 5 3

求人倍率は、前月比ではすべての業種で下降しました。前年同月比で上昇したのは「金融」「メーカー」「商社・流通」でした。
求人数は、8業種のうち「IT・通信」「金融」「メーカー」「商社・流通」「サービス」の5業種で増加しました。求人数が特に伸びた「金融」(前月比103.9%)では、生命保険会社で営業職の採用が引き続き活発で、契約件数を伸ばしている会社では営業事務の求人も増えています。「サービス」(前月比102.8%)では、リノベーションや新築マンションの需要が伸びている不動産や、事業会社のAIやIoT活用促進を受け、コンサルティングファームで求人数が増えました。

業種別の転職求人倍率【グラフ】

職種別:求人数が伸びたのは「技術系(建築・土木)」(前月比105.6%)、「専門職」(前月比105.0%)

職種 求人倍率 前月比 前年同月比 求人数 転職希望者数
全体 2.31  -0.12  -0.21 - -
営業系 2.53  -0.17  -0.08 10+ 10+
企画・管理系 1.56  -0.10  -0.10 10+ 10
技術系(IT・通信) 6.94  -0.10  -0.30 10+ 6
技術系(電機・機械) 4.07  -0.14  -0.47 10+ 7
技術系(メディカル) 2.64  -0.09  -1.05 5 2
技術系(化学・食品) 1.01  -0.07   0.09 3 3
技術系(建築・土木) 4.18   0.04  -0.42 10+ 3
専門職 5.75   -0.15   0.78 10+ 2
クリエイティブ系 2.13  -0.05  -0.27 7 3
販売・サービス系 0.96   -0.15   -0.25 10+ 10+
事務・アシスタント系 0.22  -0.02  0.01 3 10+

求人倍率が前月比で上昇したのは「技術系(建築・土木)」となりました。求人数、転職希望者数ともに前月から増加しましたが、求人数の増加幅が転職希望者数を上回ったため、求人倍率が上がりました。前年同月比で上昇したのは「技術系(化学・食品)」「専門職」「事務・アシスタント系」でした。
求人数は、11職種のうち「営業系」「技術系(IT・通信)」「技術系(電気・機械)」「技術系(メディカル)」「技術系(建築・土木)」「専門職」 「クリエイティブ系」の7職種で求人数が増加しました。求人数が特に伸びた「技術系(建築・土木)」(前月比105.6%)では、メンテナンス・リフォームニーズの高まりを受けて、施工管理やプラントエンジニアの求人数が増加しました。「専門職」(前月比105.0%)ではデータ活用やシステム監査などのニーズが高まっているためビジネスコンサルタントで求人数が増加しました。また、コンストラクションマネジメントや用地仕入など不動産開発の求人数も増えました。

職種別の転職求人倍率【グラフ】

2017年8月以降の転職マーケット

求人数は8月以降も増加する見込みです。8月はお盆や夏期休暇などにより、転職希望者の活動は落ち着く傾向があります。そのため、求人数の増加幅が転職希望者数のそれを上回り、求人倍率は上昇する見込みです。
転職することを決めている人は、8月のうちに転職活動をすることをおすすめします。企業側は、9月までに今期の採用枠をできるだけ充足させたいと意気込んでおり、8月も活発な採用活動を続けています。一方で、転職希望者の中には夏期休暇中は活動を控える人もいるため、通常よりも面接に進める可能性が高まります。普段、平日のビジネスアワーに面接に行くことが難しい場合は、夏期休暇に入る前に複数の求人に応募しておき、夏期休暇の期間に面接に行けるように交渉することも一つの手です。
具体的に転職する時期を決めていない人は、まとまった時間の取れる夏期休暇を使って、職務経歴書を書いてみるなど、準備をしておくことをおすすめします。転職活動の準備には意外と時間がかかります。これまでの仕事の棚卸しや今後やりたい仕事の方向性を整理しておくことで、転職活動を本格的に開始したときに進めやすくなるでしょう。

転職求人倍率の定義

「転職求人倍率」は、DODAエージェントサービスの登録者1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値です(小数第三位を四捨五入)。

【算出式】転職求人倍率=求人数(採用予定人数)÷転職希望者数

【求人数】①当月中に新たに登録された新規求人数(採用予定人数)と、②前月からの繰越求人数(採用予定人数)の合算。

【転職希望者数】 ③当月中に新たに登録した新規登録者数と、 ④前月から継続登録している繰越登録者のうち当月1件以上の求人に応募した登録者の数を合算。

※求人数、転職希望者数ともに、DODAエージェントサービスに登録された求人、登録者を算出対象としています。
※繰越登録者数は、当月からさかのぼって6カ月以内の新規登録者数です。
※転職希望者の「業種」「職種」は、希望する業種・職種ではなく、直近の仕事の業種・職種です。

いま応募すべき求人を、転職のプロが提案します
エージェントサービスに申し込む(無料)
最新の求人情報を見てみよう
新着の求人一覧を見る
あなたにはどんな職場が合っている?自分のキャリアタイプを知ろう
キャリアタイプ診断を受ける

データを見る

過去の求人倍率レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加