スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える。DODA(デューダ)

ランキング・データ・調査

月次転職マーケットの”今”を知る! 2017年10月10日発表

転職求人倍率レポート(2017年9月)

「DODA転職求人倍率レポート」は、DODAの求人数と転職希望者数のデータを用いて、いまの転職マーケットを読み解く、DODAのオリジナルコンテンツです。求人倍率の数値は、転職希望者1人に対して何件の求人がどのくらいあるかを表しており、転職活動にあたってチャンスとなる時期や採用が活発な業種・職種が分かります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

全体:求人倍率は2.36倍。求人数は前月から微減するも前年同月を上回り、転職しやすい市況は続く

2017年8月の転職市場の概要

・2017年9月の求人倍率は、2.36倍(前月比-0.08pt/前年同月比-0.36pt)。
・求人数は前月比98.0%、転職希望者数は前月比101.1%。
・求人数は前年同月比115.8%、転職希望者数は前年同月比133.6%。
・業種別では、8業種(「その他」を除く)のうち「IT・通信」「メディア」「メーカー」「商社・流通」の4業種で求人数が増加。
求人数が特に伸びたのは、「メディア」(前月比103.3%)、「メーカー」(前月比101.9%)。
・職種別では、11職種のうち「企画・管理系」「技術系(IT・通信)」「技術系(化学・食品)」「クリエイティブ系」「事務・アシスタント系」の5職種で求人数が増加。
求人数が特に伸びたのは、「事務・アシスタント系」(前月比105.0%)、「クリエイティブ系」(前月比103.4%)。

2017年9月の転職マーケット

転職求人倍率・求人数・転職希望者数【グラフ】

9月の求人数は前月比98.0%と微減となりました。採用計画の見直しなどで8月から継続して募集する求人数が減ったことや、上半期の最終月で、すでに募集をしているポジションの採用を確定させる動きを優先し、新たに募集を始める求人の数が少なかったため、前月比で求人数は減少しました。8月に求人数が増加した反動と考えられ、減少は一時的なものと見られます。
一方で、転職希望者は増加しました。期の変わり目で意に反する異動があった人や、年明けに新天地へ移ることを希望した人が、転職活動を始めたことが増加したものと考えられます。
転職希望者数が増えたため、求人倍率は下降しましたが、求人数は前年同月比で115.8%と高い水準を維持しており、引き続き転職のしやすい市況となっています。

業種別:求人数が伸びたのは「メディア」(前月比103.3%)、「メーカー」(前月比101.9%)

業種 求人倍率 前月比 前年同月比 求人数 転職希望者数
全体 2.36  -0.08  -0.36 - -
IT・通信 5.98   0.12  -1.09 10+ 8
メディア 2.66   0.06  -0.22 9 3
金融 1.57  -0.04  -0.18 8 5
メディカル 2.28  -0.20  -0.96 8 3
メーカー 1.74  -0.01  -0.01 10+ 10+
商社/流通 0.88   0.01  -0.02 4 4
小売/外食 0.94   0.00  -0.29 8 9
サービス 2.73  -0.24  -0.44 10+ 10+
その他 1.37  -0.02  -0.30 4 3

求人倍率が前月から上昇したのは「IT・通信」「メディア」「商社・流通」の3業種で、いずれも2カ月連続となりました。
求人数は、8業種(「その他」を除く)のうち「IT・通信」「メディア」「メーカー」「商社・流通」の4業種で増加。求人数が特に伸びた「メディア」(前月比103.3%)では、企業がWeb関連のマーケティング投資を増やしていることから、Webマーケティングに関わる広告代理店や制作会社、コンサルティング会社で求人数が増えています。これまで求人数の多かった営業やクリエイティブ関連の職種に加えて、システムエンジニアや、企画管理部門などの採用も活発しています。「メーカー」(前月比101.9%)では、EVや自動運転の開発に力を入れている自動車関連やIoT化を進める産業機械の分野で求人数が増加しました。また、引き続き化学メーカーでも採用が活発化しています。

業種別の転職求人倍率【グラフ】

職種別:求人数が伸びたのは「事務・アシスタント系」(前月比105.0%)、「クリエイティブ系」(前月比103.4%)

職種 求人倍率 前月比 前年同月比 求人数 転職希望者数
全体 2.36  -0.08  -0.36 - -
営業系 2.47  -0.27  -0.23 10+ 10+
企画・管理系 1.64   0.02  -0.23 10+ 10
技術系(IT・通信) 7.81   0.16  -0.87 10+ 5
技術系(電機・機械) 4.38  -0.06  -0.48 10+ 6
技術系(メディカル) 2.27  -0.22  -1.16 5 2
技術系(化学・食品) 1.09   0.00   0.08 3 3
技術系(建築・土木) 4.00  -0.27  -0.60 10+ 3
専門職 5.99  -0.34   0.29 10+ 2
クリエイティブ系 2.28   0.10  -0.27 7 3
販売・サービス系 1.02   0.01   -0.32 10+ 10+
事務・アシスタント系 0.22 0.00 -0.03 3 10+

求人倍率が前月から上昇したのは「企画・管理系」「技術系(IT・通信)」「クリエイティブ系」販売・サービス系」の4職種で、いずれも2カ月連続となりました。
求人数は、11職種のうち「企画・管理系」「技術系(IT・通信)」「技術系(化学・食品)」「クリエイティブ系」「事務・アシスタント系」の5職種で増加。 求人数が特に伸びた「事務・アシスタント系」(前月比105.0%)では、人員不足を補おうとアシスタントの求人が増えているほか、契約社員の求人では半期の節目のこの時期に新たに募集を始めるポジションが増加しました。「クリエイティブ系」(前月比103.4%)では、引き続きWebディレクターなど、インターネット関連の職種で採用が活発です。

職種別の転職求人倍率【グラフ】

2017年10月以降の転職マーケット

10月は下半期のスタートの月となり、年間採用計画の追い込みを始める企業が多くなるため、求人数は増加するでしょう。転職希望者数も、10月は例年増加しており、今年も同じ動きとなる見込みです。求人数、転職希望者数ともに微増し、求人倍率は横ばいが続くでしょう。
求人数は4月から過去最大級の水準が続いており、転職希望者にとって選択肢の多い状況は変わりません。転職をするかどうか迷っている方は、市況がよい今の時期に一度転職活動の準備を進めてみることをおすすめします。職務経歴書の作成や、面接の準備の過程で、これまでの仕事を棚卸しすることで、現在の仕事を客観的に見られるようになり、自分のこだわりたい条件や仕事内容をより明確にすることができます。その上で、それらをかなえることのできる求人がないかどうか、幅広い選択肢の中から探してみることをおすすめします。

転職求人倍率の定義

「転職求人倍率」は、DODAエージェントサービスの登録者1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値です(小数第三位を四捨五入)。

【算出式】転職求人倍率=求人数(採用予定人数)÷転職希望者数

【求人数】①当月中に新たに登録された新規求人数(採用予定人数)と、②前月からの繰越求人数(採用予定人数)の合算。

【転職希望者数】 ③当月中に新たに登録した新規登録者数と、 ④前月から継続登録している繰越登録者のうち当月1件以上の求人に応募した登録者の数を合算。

※求人数、転職希望者数ともに、DODAエージェントサービスに登録された求人、登録者を算出対象としています。
※繰越登録者数は、当月からさかのぼって6カ月以内の新規登録者数です。
※転職希望者の「業種」「職種」は、希望する業種・職種ではなく、直近の仕事の業種・職種です。

いま応募すべき求人を、転職のプロが提案します
エージェントサービスに申し込む(無料)
最新の求人情報を見てみよう
新着の求人一覧を見る
あなたにはどんな職場が合っている?自分のキャリアタイプを知ろう
キャリアタイプ診断を受ける

データを見る

過去の求人倍率レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加