スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A(内定・退職・入社)

Q. 転職先での配属部署や業務内容はいつごろ分かりますか?

入社に備えて準備をしておきたいのですが、転職先での配属部署や業務内容はいつごろ分かるものなのでしょうか?また、詳細を聞くのは内定をもらってからのほうがよいでしょうか?内定をもらっていないのに聞くのは気が早すぎますか?(28歳/女性)

A.応募時点でも、ある程度は分かっているケースが多いです。もちろん面接中や内定後でも疑問点は質問していただいて大丈夫です。

配属部署や業務内容については、求人票などに記載されるかたちで、応募時点である程度明確になっているのが一般的です。それ以上の詳細について知りたいときは、面接の中で質問しましょう。1次面接や2次面接など、直属の上司となる可能性が高い面接官と話す機会があれば、「具体的に私に期待されている役割や業務内容を教えてください」と質問をしておくことが大切です。曖昧な回答であれば、まだなにも決まっていないのかなと推察できます。

なかには入社しても担当業務が明確には決まっていなかったというケースもあります。その場合でも、知りたい「事実情報」をできるだけ取得するようにしておきましょう。例えば、「配属部署、部署の人数構成など」は面接時でも内定時でも事実情報として分かるはずなので、会社の状況を確認する要素としては有効な質問です。「マーケティングの中でも顧客分析を中心に業務してもらうことになると思います」といったような、面接相手が「推測」で語った情報と「事実情報」は分けて整理しておくことをお勧めします。

ただし、企画職のような仕事の場合、具体的な予定が決まっていない場合もあるので、情報がないからといってネガティブに捉える必要はないでしょう。逆に、定型業務的な要素が強い仕事で、不確定要素が多いと、そのまま入社を決めてよいかどうか、慎重に見極めるべきかもしれません。入社に向けての不安材料を払拭できるよう、分からないことは積極的に質問してみましょう。

(キャリアアドバイザー 加賀美 文久)

内定後の迷いや円満退職もキャリアアドバイザーにご相談を
エージェントサービスに申し込む(無料)
あなたに合った年収はいくら?転職活動前に知っておこう
年収査定

合わせて読みたい

関連コンテンツ

関連Q&A

このエントリーをはてなブックマークに追加

\ dodaは求人数10万件以上! /

エージェントによる履歴書作成や
面接対策のサポートも充実!

会員登録する(無料)

ログインはこちら

適職探しのヒントが見つかる!転職タイプ診断

  • いつでも気軽に、1回10分!転職セミナー動画