スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A(内定・退職・入社)

Q. 内々定と内定の違いは?返事はいつまで待ってもらえる?

内々定と内定の違いはなんですか? こちらの返事はいつまで待ってもらえるのでしょうか?(25歳/男性)

A.いつでも取り消しできるのが内々定。まずは内定確保を目指してください。

「社内の稟議が通っていないので最終確定ではないけれど、採りたいと思っています」という意思表示のことを内々定とよぶようなケースが多いです。内々定というのは契約書面になってはいないので、正式な内定ではありません。そのため、取り消しになる可能性もあります。内定を取り消す場合は解雇することと近いため、特別な事情がない限り企業側としても原則できません。一方で内々定は正式なものではないので取り消すことができます。

内々定から内定までに時間がかかる場合、その理由は「社内の稟議に時間がかかる」ケースが多いです。また、正式内定に至るまでの承認プロセスが長いところは、内々定を出して候補者をひとまずキープしておき、さらに良い人材が採れないか採用活動を続けていることもあります。それが会社側にとっての内々定の意味です。

内々定に対する返事を待ってもらえる期間は通常1週間くらいが目安です。最終確定ではないものに返事を求められるというのもおかしな話であり、本来的には「内定通知書をお待ちしています」と答えるのが応募者側にとっての妥当な回答になります。しかし、実際は内々定のタイミングで「入社しますか、どうされますか?」と入社可否を迫られる場面がよくあります。お伝えしている通り、内々定は正式内定ではないため、この段階で退職準備、あるいは退職してしまうのは絶対に避けてください。仮に「内定通知書は出せないけれど、入社日はもう決まっているので退職交渉を進めてください」と言われても、応じる必要はありません。

内々定を告知されたときの注意点
・社印付きの内定通知書を交付してもらうようにお願いすること
・「正式内定をもらえないと退職準備ができないので入社日が遅れる」などと伝えることで内定通知書の交付を促すこと
・内々定の後、なかなか内定が出ない場合は、「正式な内定をいただいたら退職交渉をしたいと思うので、いつごろ正式なご連絡をいただけますでしょうか?」と問い合わせる

(キャリアアドバイザー 加賀美 文久)

内定後の迷いや円満退職もキャリアアドバイザーにご相談を
エージェントサービスに申し込む(無料)
あなたに合った年収はいくら?転職活動前に知っておこう
年収査定

合わせて読みたい

関連コンテンツ

関連Q&A

このエントリーをはてなブックマークに追加

\ dodaは求人数10万件以上! /

エージェントによる履歴書作成や
面接対策のサポートも充実!

会員登録する(無料)

ログインはこちら

適職探しのヒントが見つかる!転職タイプ診断

  • 転職フェアオンライン