スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

パラレルキャリアとは? 新しい働き方を選び取るメリットや注意点

副業を解禁する企業もここ最近では増え、新たなキャリア形成の手法として「パラレルキャリア」という働き方が注目されています。

「パラレルキャリアって言葉は聞いたことがあるけど、実際はどんなもの?」「興味はあるけど、何から始めたらいいのか分からない」という人も多いでしょう。そこで、パラレルキャリアに興味をもった人たちが具体的な一歩を踏み出せるよう、実際にどのような働き方があるのか、メリットや注意したい点、始め方などについて、副業マッチングサービス「lotsful」を推進するパーソルイノベーション株式会社の田中みどりさん監修のもとご紹介していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

パラレルキャリアとは?

パラレルキャリアとは、経営学者として有名なピーター・ドラッカーが提唱した働き方です。本業以外で収入を得ることが目的の副業とは違い、非営利目的のボランティアや趣味の活動などを含め、本業以外でも仕事をすることで、第二、第三のキャリアを築くことを指します。

本業を決めずに複数の仕事に軸足を置いて活動する人や、企業での本業のほかにスキルアップを目的とした副業をもっている人、フリーランスとして複数の仕事を掛け持ちして活動する人など、キャリアのかたちはさまざまに進化しています。

パラレルキャリアの実践によって得られた経験やスキルを本業にも活かせるなどのメリットがあり、仕事それぞれに相乗効果を生み出します。また、収入の柱を本業だけではなく、いくつかもてるといった点も注目されています。

パラレルキャリアはなぜ今注目される?

人生100年時代を迎え、個人の価値観や人生観が変化しています。職業観も「1つの会社で長く働く」だけが正解ではなく、状況に応じて柔軟なキャリアを築きたいと考える人も増えつつあり、国も能動的なキャリア形成を推奨するようになりました。これまでの終身雇用という考え方は主流ではなくなり、転職も一般的になった今、本業を続けながら個人のやりたいことをかなえつつ、場合によっては生涯年収のアップも見込めるパラレルキャリアが注目されるようになったのです。

かつては副業を禁止する企業が多くありましたが、2018年に政府は働き方改革の一環として、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を発表し、副業を推進する動きが高まり始めました。そして、新型コロナウイルスによってテレワークが一気に進んだことで、企業側の副業を容認する動きも加速。個人でも多様な働き方や副業への関心や意欲が高まったと言えます。

本業を続けつつ自身のスキルを高められる、本業以外の人脈を作れる、自分らしい楽しみを感じられるといった、収入目的だけではない仕事を選択できるパラレルキャリアは、仕事にやりがいを求める人が増えた現代にフィットする働き方なのです。

パーソル総合研究所が2020年11月に約15,000人を対象に行ったインターネット調査(※1)によると、コロナの影響によって「副業・兼業を行いたい」という思いが強まった人は、全体の28.3%。テレワークの頻度が高くなるほど、副業・兼業への意向も高くなる傾向もみられています。出社時間の減少で余剰時間が生まれたこと、不安定な社会情勢を受けて収入を1カ所に依存するリスクが顕在化したことで、副業やパラレルキャリアを意識する人が増えたのです。

コロナ禍によるキャリア・就業意識の変化

コロナ禍によるキャリア・就業意識の変化

(※1)「第四回・新型コロナウイルス対策によるテレワークへの影響に関する緊急調査」
https://rc.persol-group.co.jp/research/activity/data/telework-survey4.html

パラレルキャリアってどんな働き方のこと?

パラレルキャリアといっても活動の仕方はさまざまです。具体的にどのような働き方の人がいるのかを見てみましょう。

【パラレルキャリアの働き方の例】

  • 人材業界の法人営業担当が、他社ベンチャー企業の採用業務を支援する
  • 企業に所属するWebエンジニアが、プライベートで作ったシステムを個人向けに販売
  • アパレルの販売員が、パーソナルスタイリストとして個人のコーディネートをサポート
  • 事務職の人がスクールに通ってWebデザインを学び、個人でサイト制作を受託
  • 会社員をやりながら、週末はボランティアでフリースクールのNPO活動へ参加
  • 将来の起業・独立を目指して、他企業の新規企業立ち上げプロジェクトを手伝う

これらの働き方は、次の3つのタイプに分けることができます。

分類 どんな人に向いているか 概要
ベーススキルアップ型 今のスキルを活用して、さらに業種・職種の幅を広げたい人 本業と近い業界・職種で、自分ができることをさらに拡大する
新たなキャリア開発型 今のスキルを活用しつつ、新しいことにもチャレンジしたい人 現在の仕事だとできないことに、副業としてチャレンジする
自己実現追求型 自分のやりたいことが明確な人 本業とはまったく別の働き方をする。ボランティアや趣味などの活動も含む

実際は、3タイプのいずれかに必ず分けられるということではなく、それぞれが重なり合う複合型が多くなります。これからパラレルキャリアへの挑戦を考えている人は、自分はどの方向性で本業以外のキャリアを作っていくか、考えてみるのもいいでしょう。

dodaエージェントサービスの詳しいサービス内容を確認する
今すぐ転職を考えていなくてもOK。このままでいいのかな、と悩んでいる方のキャリアプランのご相談をお受けしています

パラレルキャリアのメリットと注意点

自由度が高いパラレルキャリアには、自分のやりたいことにチャレンジして経験を多く積めるといったメリットがあります。一方、同時並行で異なる仕事に取り組むため、目標を立てて取り組まないとすべてが中途半端に終わってしまって、結果が出づらいなどの注意点も。パラレルキャリアをよりよいかたちで実現していくためには、注意点もきちんと把握したうえで、自分の理想とするキャリアはどのように働けばかなうのか、考えてみましょう。

パラレルキャリアのメリット

パラレルキャリアを始めることで得られる代表的な5つのメリットを紹介します。

① 自分のやりたいことを見つけやすい
自分に合う仕事が分からない場合や、やりたい仕事が分からない場合、本業と同時にさまざまな業務を体験することで、いきなり転職をするよりも低リスクで希望の仕事を探せる。

② 本業では積めないスキルや経験を早く積める
1つの会社で働くよりも、経験の幅が広がる。本業では役割分担上、担当できない領域や、関わるまで時間のかかる仕事にも挑戦できる可能性がある。自身のスキルをどう他社で活かせるのか試すことができ、柔軟性や吸収力が身につく。

③ 視野を広げることで、多様性が身につく
今の会社以外の企業や人と関わることで、多角的な視点が身につく。また、社外の人からの観点やフィードバックを通して、これまでの価値観を広げられる。

④ プロ視点が身につき、自分への自信につながる
会社の肩書に頼らず、個人での仕事はすべて自分の評価につながるため、プロとして結果を出さなければならない、という当事者意識を強くもてる。結果を出すことができれば、自分自身への自信や満足感につながる。

⑤ 今後のキャリアを考えるきっかけになる
本業があれば経済面の心配をしなくてよい分、自己実現をするための一歩が踏み出しやすいため、将来的なキャリアチェンジの足掛かりになる。また、収入源を分けることによるリスクヘッジができる。

このように転職と比較して低リスクで、本業以外の場で多くの経験値を積むことができるのが、パラレルキャリアのメリットです。本業との相乗効果が生まれるようになると、加速度的にスキルを磨くことができるようになるため、将来的なキャリアへとつなげることもできます。

パラレルキャリアの注意点

魅力的なメリットの多いパラレルキャリアですが、以下のような注意点にも気を付けておくとよいでしょう。

① 所属企業が副業禁止ではないか確認する
副業を禁止している企業も多いため、始める前に必ず就業規則を確認する必要がある。副業をOKとしている企業の場合でも、セキュリティや情報漏洩の観点で同業他社の場合は禁止としているケースもあるため、迷うときには上司や人事などに相談すること。

② 時間や収入などの管理を自分で行う必要がある
タイムマネジメントや収支管理のスキルが必要となり、キャパオーバーになってしまうことがあるので、ペースをつかむまで大変なことも。まずは短時間から始めてみる。このスキルが身につけばさまざまな業務に活かせるはず。また、収入がある場合は確定申告を自分で行わないといけない。

③ 信頼獲得のためにスキルを磨く努力をする
会社の肩書に頼れない分、確かなスキルがなければ相手からの信頼が得られないことも。即戦力としてのスキルをシビアに見られるため、現状に甘んじずにスキルを磨いていく、継続的な努力も必要になる。

④ パラレルキャリアの目的を明確にする
やりたいことベースで挑戦するのはよいが、自分なりの目的を立てて取り組まないと、結果につながらず、中途半端に終わってしまう可能性がある。

dodaエージェントサービスの詳しいサービス内容を確認する
結論が転職でなくてもOK。このままでいいのかな、と悩んでいる方のキャリアプランのご相談をお受けしています

パラレルキャリアを始めるための第一歩とは

パラレルキャリアを始めるには、まずは何からスタートすればよいのでしょうか。パラレルキャリアというと、何か新しい働きかけが必要なのかと身構えてしまうかもしれません。しかし転職であっても、パラレルキャリアであっても、軸になるのは「自分のキャリアプランをどうしていきたいか」ということです。

自分の強みや、伸ばしたいスキルを知る

まずは、現状を知ることが大切です。キャリアの棚卸しをして、自分の強みやこれから伸ばしたいスキルは何かを考えてみましょう。自分自身では気づいていなくても、当たり前にこなしていることが実は強みだということもあります。

キャリアや働き方の選択肢が増えた今、よりよい人生を送るためにも、将来的なキャリア像を見据えて、「今後どのスキルを伸ばすべきか」を知ることはとても重要です。こうしたキャリアの棚卸しは、一人でやると難しいことも多いので、エージェントサービスを利用してみるのも一つの方法です。

エージェントサービスを利用するには?サービス利用の流れを解説
転職エージェントのdodaがあなたをしっかりサポートします

あなたに適した働き方や強み・弱みを質問に答えて診断

自分なりの目標を立てて少しずつ始める

現在の強みや伸ばしていきたいスキルが何か分かったら、その先のゴールではどうなっていたいのか、自分なりの目標を立ててみましょう。そして、そのゴールから逆算して、今何をすべきかを設定します。

一段ずつ階段を上るようなイメージでキャリアを積み重ねていけば、ゴールに近づくことができます。一気に高みを目指すのではなく、少しずつ守備範囲を広げて成功体験を積んでいけばよいのです。

例えば、副業や業務委託案件を扱うプラットフォームの求人に応募してみたり、一般公募のセミナーや勉強会などに参加して学びを深めるなど、新たなキャリアにつなげるきっかけはさまざまです。学びたいと思っていることや興味があることに対して、日ごろから積極的に情報収集をするとよいでしょう。

副業人材マッチングサービス「lotsful(ロッツフル)」の詳細を確認する
キャリアアップしたいあなたと、ベンチャーをはじめとする企業を専任のタレントプランナーがおつなぎします

パラレルキャリアの選択ができる環境を目指す

もし自分が目指すパラレルキャリアが、今の会社では実現できないという場合には、パラレルキャリアの選択ができる環境を目指すのも一つの方法です。今はパラレルキャリアという働き方を積極的に推奨する企業も増えています。

転職サイトでもパラレルキャリアや副業に理解がある会社を検索できますし、希望する働き方やキャリアプランを転職エージェントに伝えれば、それに合った転職先などを提案してくれます。自分の経験だけでは考えられなかった広い視野で、新しい環境を見つけられるかもしれません。その際にも自分の強みや今後伸ばしたいスキル、具体的な目標などが定まっていると、転職エージェントに相談しやすくなります。

dodaエージェントサービスの詳しいサービス内容を確認する
今の仕事でいいのかな、と悩んでいる方へ。キャリアプランの立て方について、年間数百名のキャリア相談を行っているキャリアアドバイザーがご相談をお受けします

まずは副業ができる会社の求人をチェックしてみよう
副業OKの求人を見る
どんな働き方をしたいか、キャリアアドバイザーと対話しながら考えませんか?
エージェントサービスに申し込む(無料)

新しいことに挑戦したいと思った場合、すぐに転職を考えるのではなく、パラレルキャリアのように小さく始めて、少しずつ実績を積み上げていく方法もあります。パラレルキャリアは経済面でのリスクが少ない分、気軽に始めやすいのですが、目的を設定して進めないと、ただ業務量が増え忙殺されてしまった、ということも。

事前準備としてキャリアの棚卸しをして、自身のスキルや強み、仕事へのやりがいを知ることからスタートしましょう。将来的なキャリアパスをしっかり描けるようになると、どのようなスキルを身につけるべきかが明確になるので、仕事へのモチベーションアップにもつながります。

自分のスキルや経験でどんなキャリアを目指せばいいか、一緒に考えます
エージェントサービスに申し込む(無料)
あなたは仕事で何を大切にしているのか質問に答えて“適職探し”のヒントが見つかる
転職タイプ診断をする(無料)
どんな仕事があるかを見ながら自分のキャリアを考えてみよう
求人情報を検索する

あわせて読みたい記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校