スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A(転職検討・活動の準備)

Q.離職してブランク期間がある場合の注意点は?

前職を辞めてからしばらくブランク期間があったため、そもそも自分を受け入れてくれる会社があるのか不安です。もしあったとしても条件が悪いのではないかと思ってしまいます。離職後、ブランクがある場合の注意点などがあれば、教えてください。(36歳/男性)

A.ブランク期間で得た気づきをポジティブに伝えましょう。

ブランク期間があると確かに不利に働くことが多いですが、伝え方とブランク期間中の気づきがポイントになります。休養期間であっても、転職活動期間であっても、ブランク期間を作ってしまったというマイナスポイントを認めつつ、その中で気づいたことなどを伝え前向きな姿勢を示しましょう。

ブランク期間に限らず、ネガティブな要素を抱えているときの伝え方のコツは、ネガティブな内容は隠さず話すものの、全体的な話の流れを前向きな内容にすることです。「休養期間中、確かにスキルアップはできませんでしたが、自分自身に向き合うことで整理ができ、本当にしたいことに気づけました」など、ブランク期間によるマイナス点を一旦受け入れてください。その上で、休養期間があったから気づけたことや感じたことをアピールすると、採用担当者にプラスの印象を与えられるでしょう。

実際にブランクの期間が長くなればなるほど、受け入れてくれる企業が少なくなってしまうことは事実で、受け入れてもらえても望んでいる条件をすべて満たす企業ではないかもしれません。しかし、まずは入社して再出発することが重要だといえます。職場の条件より経験を積めることを優先して考えるべきです。とにかく仕事がしたいという意欲を採用担当者にもしっかり伝えましょう。

(キャリアアドバイザー 加賀美 文久)

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

合わせて読みたい

関連コンテンツ

関連Q&A

転職活動を長引かせないためにもさっそく求人を探してみよう
希望の条件から求人を探す
これからの転職活動の進め方を転職のプロに相談してみよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

転職タイプ診断