スマートフォン版で表示

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A(内定・退職・入社)

Q. 退職届が受理されなくても退職は可能でしょうか?

転職先が決まり、退職の意思を伝えるとともに退職届を提出しようと思います。しかし、今の職場はとても多忙で人手が足りないからか、退職届を受理してもらえるか不安です。受理されなくても退職はできますか?(31歳/女性)

A.原則として労働者には退職の自由が認められており、会社側の都合で退職届の受理を拒むことはできません。

まず退職届と退職願の違いを説明しておきましょう。通常、上司に提出するのは退職願であり「退職の意思表示」といえます。口頭で伝えるケースも多いですが、言った言わないなど後々問題になる場合があるため書面で伝える(退職願を提出する)ことが一般的です。

そして退職の意思表示(退職願)の後に、正式な手続きとして提出するのが退職届です。退職届が受理されない(拒否されている)場合でも退職は可能ですが、退職の手続き(※)が進まないため、書面で提出したことを証明する必要があります。提出したことの証明としては、配達記録付き内容証明郵便を用いるなどの方法があります。

法律上は前述の通りですが、退職届の運用については多くの会社が就業規則で定めているので、まずそこを確認してみましょう。社内ルールにのっとって手続きを進めることが円満退社につながります。

どうしても退職が認められない際の対応手段例
・退職に関する決裁者に対して、退職届を提出したことを証明する(配達記録付き内容証明郵便)
・労働基準監督署や労働相談センターへ相談する旨を人事に伝える

※転職先で提出を求められる離職票、雇用保険被保険者証(会社が保有している場合)、年金手帳(会社が保有している場合)、源泉徴収票などの必要書類が取得できないため、不都合が生じます。

(キャリアアドバイザー 加賀美 文久)

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

これから次の仕事を探す人は希望の条件から求人を探してみましょう
求人情報を検索する
これから転職活動を始める方は転職のプロに相談してみましょう
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

転職フェア(名古屋)