スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A(内定・退職・入社)

Q.内定辞退の取り消し・再応募はできますか?

第1希望の企業から内定をもらいましたが、退職面談で上司に引き留められ、辞退してしまいました。結局今の会社に留まることにしたのですが、一度辞めると言ったため、後ろめたくて居心地がよくありません。辞退した内定先に、もう一度入社交渉はできないでしょうか?(32歳/男性)

A.交渉は不可能ではありません。ただし、一次選考から受け直していただくケースや、すでにポジションが採用終了しているケースもあります。

交渉することはもちろん可能ですが、すんなりと「はい、入社してください」となるケースはほとんどないと考えてください。よほど評価が高かった場合は別ですが、多くのケースでは「受け入れられません」「もう一度最初から選考を受けてください」となることが一般的です。評価が高かった場合でも、「最終面接をもう一度受けてください」ということになりがちです。前回応募から再応募までの期間を定めている企業もあり、その期間(1年間ほど)が経過していない場合、応募を受け付けてもらえないケースもあります。

一度、内定を辞退したことで内定先が心証を害するのはやむをえないことです。それゆえ、再交渉となると再度選考を受けるなど、スムーズに入社とはいかないケースが多いでしょう。ただ、内定を辞退して再度応募というのは、転職市場では実際にあるケースなので、それほど後ろ向きになる必要はなく、どうしても入社をしたい気持ちがあればトライをしてみたほうがよいと考えます。

(キャリアアドバイザー 加賀美 文久)

【要注意】労働契約上の「内定」とは?

本記事内では「企業から採用条件通知書が発行されたタイミング」を内定と呼んでいます。 しかし、労働契約上は採用条件通知書が発行されただけでは「内定」とはなりません。

企業から「採用条件通知書」が送付され、求職者が求人企業に対し、入社日・年収等重要な条件を踏まえ、就業することの意思表示をした状態が労働契約上の内定となります。
ですから、退職交渉の開始や他社選考の辞退は、労働契約が成立してから 行ってください。
dodaエージェントサービスを利用している場合は、キャリアアドバイザーに相談しながら、慎重に進めてください。また、ご自身で企業と直接やり取りしている場合は、エビデンスが残る形で進めていただくのが安全です。

エージェントサービスって何?どんなメリットがある?

dodaエージェントサービスの仕組み、ご利用のメリット、登録から転職成功までの流れ、キャリアアドバイザーに関するよくある疑問が分かります。

エージェントサービスの説明を見る
内定後の迷いや円満退職もキャリアアドバイザーにご相談を
エージェントサービスに申し込む(無料)
あなたに合った年収はいくら?転職活動前に知っておこう
年収査定

合わせて読みたい

関連コンテンツ

関連Q&A

このエントリーをはてなブックマークに追加

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?
ハイクラス転職サービスdodaX

  • doda転職オンライン予備校