スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A ~プロが答えるQ&A(応募)~

Q. 転職活動中の適性検査の対策方法は? 選考への影響度は?

採用試験で適性検査があります。どのような対策をしたらよいのでしょうか? また、検査の結果が採用判断にどのくらい影響するのでしょうか?(28歳/男性)

A.能力試験ならばSPI対策、性格適性ならば素直に受験を。

適性検査が採用の判断基準にどれほど影響するかは企業によって異なります。また、企業が実施する検査が能力検査なのか性格検査なのかも分からない場合は、能力検査に備えてSPI総合検査の中途採用の問題集で対策しておくことがおすすめです。性格検査に関しては対策できないため、できる限り素直に答えるのがベスト。

適性検査を書類や面接と同じ重みで考えている企業もあれば、面接の参考程度に考えている企業もあります。SPI総合検査といった能力検査の場合は、能力を見るために設けられているため、選考の中でも重要な要素である場合が多いでしょう。能力検査の場合はある程度対策をしておくと安心です。一方で性格検査はストレス耐性を見られていることがあります。無理に良い結果になるように答えるよりも、正直に答えて性格による適性のミスマッチを防ぎましょう。

注意点として、テストセンターで受験する適性検査の案内が届いたらすぐに予約をとるようにしましょう。予約が埋まって都合の良い日程の枠がなくなる、といったことも少なくありません。また、受験期限の有無に限らず2週間以内には受験できるようにしておくのが無難です。特に期限がなく、テストセンターに行かなくていい適性検査に関しても、対策に時間をかけすぎてしまうと、先に受験した応募者から選考が進んでしまい後れをとるといったリスクも考えられます。対策は1週間程度で終わらせて早めに受けるのが理想的でしょう。

効率良く転職活動を行うために、どうしても適性検査の内容が気になる場合は、ダメもとで人事担当者に聞いてみましょう。ほかにも、転職エージェントに聞いてみることもひとつです。転職の選考内容は企業によってさまざまなため、ほどほどに対策しつつ、肩の力を抜いて臨みましょう。

(キャリアアドバイザー 住永 正)

求人応募やスケジュールの調整の仕方など転職活動の進め方をプロがアドバイス!
エージェントサービスに申し込む(無料)
求人に応募するまえに適職探しのヒントをみつけよう
転職タイプ診断
疑問が解決したら、希望の職種や年収などこだわり条件で求人を探そう!
求人情報を検索する

合わせて読みたい

関連コンテンツ

関連Q&A

このエントリーをはてなブックマークに追加

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?